エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:安佐南区 ( 73 ) タグの人気記事

広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は、7月12日も広島市安佐北区口田地区でボランティアに従事させていただきました。

現場の惨状を説明するとともに、
「短パン、半そで、運動靴などの軽装備では危ないので、長そで、長ズボン、長靴で。熱中症に注意し無理のないように」
などとお願いしました。
また
「それぞれの場所でお仕事を頑張られるのも復旧への貢献。ボランティアだけが貢献ではない。また労働現場で負担が強まっていると思うので、過労にならない程度に頑張ってください。」
と呼びかけました、
さらに、
「カジノや改憲などの議論はこの災害の現実の前ではお遊びだ。総理も国交大臣も災害対策に集中を。ただし、東京にいると、現場感覚がなくて大雨が降りだしても酒盛りをやってしまうのが現実。現場の邪魔にならなうようにしながら、バックアップをしっかりやってほしい」
などと訴えました。





関連記事

≪西日本大水害≫12日安佐北区口田地区の状況
by hiroseto2004 | 2018-07-13 06:10 | 西日本大水害 | Trackback
e0094315_13594589.jpg
e0094315_14050230.jpg
e0094315_14051183.jpg





本社社主・さとうしゅういちは、2月19日、広島市安佐南区古市橋駅前と祇園出張所前で街頭演説を実施しました。
前日の平昌五輪・スピードスケート女子500mの金メダル・小平奈緒選手と李相花選手が健闘をたたえ合ったことに言及。
また、国連事務総長も「平和的解決のチャンスを逃すな」と発言したことを受け、改めて、朝鮮戦争の終結と北東アジアの非核地帯構築こそ大事だ、と力を込めました。さらに、安倍総理や河野外相に対しては「朝鮮の脅威をあまり関係の無い国に吹聴する暇があるなら
日本も拉致解決へ向けて朝鮮と対話をしたらどうか」と提案しました。
また、直前におきた、ロシア・ダゲスタン共和国のキリスト教会での銃乱射でISが犯行声明を出したことをうけ、
犠牲者にお悔やみ申し上げると共に「テロは許せない。」「しかし、その背景も考えないといけない」
と訴えました。「米英仏露はイスラムの人たちを空爆で殺したり、植民地支配をしてきた。そういうことも背景にある。
安倍総理は、改憲して米英仏露と同じような戦争のリングに上がりたいと思っている。しかし、それは、テロを増やすことにもなる。
米英仏露と同じリングに日本は上がるべきではない、と思う。日本には日本のやり方で貢献する道がある。」
と力を込めました。
まず、16日に始まった確定申告を受け「佐川氏が国税庁長官・そして安倍総理が総理の国に税金を納めたくない」と強調
しました。
安倍・佐川体制のもとで、取りやすい庶民やサラリーマンからは取る一方、大金持ちや大手企業には甘い状態には
手を付けない、原発・武器企業や学校法人、派遣会社などの総理のお友達には甘いが、庶民の暮らしには厳しい財政運営が
続いていることに改めて怒りを表明し、そうした状況を改めるためにも佐川氏には真相を話して頂き、安倍総理にはご退場頂くしか無い、と強調しました。

さらに、質問が違うアンケートを根拠に、
「裁量労働制の方が一般労働者より労働時間が短い」
とした答弁を総理が行い、これを撤回した問題に関連し、
「そもそも、政府は、裁量労働制を契約社員や最賃社員にも適用可能としている。こんな法案は撤回すべきだ。」
「さもなくば、カープの試合を家や球場で見られるどころか、スポーツニュースの時間でも帰ることが出来ず、さらには
給料も前よりも減るという最悪なことになる。」
などと力を込めました。

後半では、地方自治について取り上げました。
広島市安芸区選出の熊本憲三議員が辞職した問題をまず取り上げました。
「熊本前議員は、自分は無罪だと言うが、ではなぜ、お金を返したのか?
また、議員を辞めたのか?整合性が付かない。」
「熊本前議員は、妻を後継者として擁立し、『自分は議員を降りて裁判闘争に専念し、妻を後ろから支える』
とおっしゃったそうだが、それは一族による私物化では無いのか?」
と批判。
その上で
「安芸区は、市議4人が長年、自民党系の独占だった。毎回圧勝しまくりで、おごりもあったのではないか?」
「山陽線の高架化や、東広島バイパスなど、安芸区の懸案事項がなかなか前進しないのも、
自民系4人が安泰で、尻に火が付いていないという問題もあると思われる」
と指摘。
その上で、3月9日告示、18日執行の安芸区補欠選挙にチャレンジする日本共産党公認の「中石ひとし」さんを応援すると
表明しました。
日本共産党市議団は、全国でも理不尽な広島市議会の費用弁償制度に反対し、率先してお金を返してきたことも紹介。
「クリーンで緊張感があり、市民の暮らしと福祉を守る市政に変えていこう」
と呼びかけました。
さらに、保育や介護の現場の人員不足について取り上げました。
「老人ホームでも、職員が1人、体調不良で休んだだけでも、現場はわやくちゃになる。
保育園でも同様の状況があると伺っている。」
「松井さん(市長)も手をこまねいているわけでは無い。ただし中身が問題だ。
年間12000円、市と施設の折半でお金を出して、保育や介護で働く人に買い物券をくれるという内容だが、そんなことでは
実効性は無い。介護報酬を下げられて、大変な事業所も多いのだから、制度が浸透しないのは当たり前だ。」
と指摘。
千葉県松戸市では保育士に47000円から72000円を支給する松戸手当を支給していることを紹介し
「実効性のある保育・介護などの労働条件引き上げを」
と力を込め
2019年の統一地方選挙(市議、市長、県議選)では、そうした方向の市長や議員を選ぼう、と訴えました。





by hiroseto2004 | 2018-02-20 14:06 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
安佐南区農業祭が安佐南区の広島瀬戸内新聞事務所近くの安佐南区民文化センターで行われています。
安佐南区は驚くべきほど、幅広い作物が獲れます。
安佐南区内でもお茶もできるのですよ。
e0094315_13243835.jpg
e0094315_13272894.jpg
e0094315_13274381.jpg
安佐南区内の大学生による「小松菜のパンケーキ」。100円。おいしかったです。




by hiroseto2004 | 2017-11-05 13:29 | イベント情報 | Trackback
e0094315_16373499.jpg

広島瀬戸内新聞社主のさとうしゅういちは、2017年2月3日、安佐南区祇園出張所前で街頭演説を行いました。
要点は以下。
・安倍総理のあべこべなお金の使い方を改め、庶民の生活不安を取り除くことを第一にしなければならない。
・貧困率が下がっていると言うが、中間層の所得が下がったためで、貧困はむしろ広がっている。
・雇用が増えたと言うが、実際には高齢者が年金が足りないため、老後が不安なため等の理由から、無理に働き続けている面もあるのではないか?働きたい人が働けるのは良いが、無理に働かざるを得ない人が出る状況はいかがなものか?
・安倍総理はアメリカの大統領ではない。アメリカの雇用創出のためにお金を貸すと言うが、それなら、まず国内の庶民の生活不安解消に使うべきだ。
・そもそも、移民・難民入国拒否などで批判が強まっているトランプさんべったりの姿勢を今見せることはまずい。冷静に距離を置くべきだ。
・安倍総理は、原発輸出のためにお金をばらまいているが、ヒロシマ、ナガサキ、フクシマを経験した国のやること思えない。しかも、米国原発事業で東芝が7000億円、日立が700億円損失を出した。原発輸出に何兆円もばらまく一方で、国民の命を守る国保支援のための300億円をけちるなどあべこべはやめてほしい。
・2017年度予算案は、過去最大規模だが、国民の生活を守るという意味ではしょぼすぎる。たとえば、介護現場の処遇改善などは、(介護士ひとり当たり月1万円の処遇改善という総理の案では)あまりにも現状を立て直すには少なすぎる。
・共謀罪は、現代版の治安維持法だ。治安維持法の時も、今で言うテロリストを取り締まるだけだという話だったが、しまいには、政府への不満を漏らした一般国民もしょっ引かれた。自民党の元祖・吉田茂も逮捕された。そもそも、現代のテロは、多くが、希望を失った人間が過激な思想に傾倒、単独で行っている場合が多い。ニースのテロしかり、植松被疑者の事件しかり、宇都宮の元自衛官による自爆テロしかりだ。こうしたテロは基本的には防ぐのは難しいが、根本的には不安にかられたり、希望を失って過激に走る人が出ないような社会にするしかない。
さとうしゅういちは、この後、広島市中区本通で行われた「広島県九条ネット」による「アベ政治を許さない」スタンディングにも参加。

「原発輸出やトランプさんの機嫌取りのためには金には糸目を付けない一方、介護や医療の改悪に突き進むアベコベなお金の使い方を許してはならない」と訴えました。そして、「こうしたあべこべな政治をしているからこそ、政府に不満を持つ人を押さえつけるために、共謀罪が出てくる。」と指摘。「吉田茂もしょっぴかれた治安維持法に相当する共謀罪を廃案に追い込もう」と檄を飛ばしました。
e0094315_16382409.jpg
どちらの演説でも「吉田茂も治安維持法で逮捕された」と叫ぶと、多くの方が驚いてこちらを注目されるのが手に取るように分かりました。

安佐南区での演説の途中、年配の女性二人組の方が
「医療費が高くなっているので、病院にもかかりづらい。」
と訴えられました。
そのうちお一人が
「この間転倒して、大きなこぶが出来ている」とおっしゃいました。
拝見すると、かなり大きなこぶが後頭部に出来ているので、
「頭を打っているので、念のため病院を受診してください。」
とお願いしました。
この女性は、もう一人の女性が付き添って、そのまま、出張所直ぐ近くの病院へ向かわれました。
しかし、負担増や年金所得の減少が過剰な受診抑制につながり、大事になりかねない危険があることを実感させられ、ヒヤリとしました。

by hiroseto2004 | 2017-02-03 16:40 | 活動報告 | Trackback
本社社主・さとうしゅういちは、9月のスタート及び防災の日に当たり、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説を実施しました。
e0094315_16274804.jpg
e0094315_16291285.jpg



まず、8月30日に観測史上初めて東北太平洋側に上陸した台風10号による「北海道・三陸大水害」の犠牲者の皆様に哀悼の意を表するとともに、心からお見舞い申し上げました。
その上で
「東日本大震災が起きて復興も途上だというのに、大水害に見舞われた。日本は『災害は忘れた頃にやってくる』どころか『災害はわすれぬうちにやってくる』国だ。」
「総理は外国の首脳を地元に呼ぶことが決まったなどとはしゃいでいる場合ではない。率先して国会も前倒しで召集し、緊急に災害対策を話し合い、国民が困っているときにこそがんばる意気込みをみせるべきだ。」
と指摘。



More
by hiroseto2004 | 2016-09-01 16:29 | 活動報告 | Trackback
広島ブログ

以下、つくだ守生さんによる報道です。

 戦争法廃止の2000万署名を達成しようと2月28日、広島市安佐南区の高取団地の約600世帯の訪問行動が取り組まれました。ストップ!戦争する国づくり安佐地区市民アクション実行委員会、広島県9条の会ネットワーク、秘密法廃止!広島ネットワークの3団体が取り組んだもので、69人が2人1組で手分けし、246人分の署名を集めました。
 訪問行動の出発にあたり、ストップ!戦争法ヒロシマ実行委員会の高瀬均事務局員は「広島県の署名目標50万に対して、現在の到達は5万5506となっている。3月19日までに20万を達成させよう」と呼びかけました。




More
by hiroseto2004 | 2016-02-29 08:08 | 安保法案 | Trackback
広島ブログ

以下、つくだ守生さんによる報道です。

 戦争法廃止の2000万署名を達成しようと2月28日、広島市安佐南区の高取団地の約600世帯の訪問行動が取り組まれました。ストップ!戦争する国づくり安佐地区市民アクション実行委員会、広島県9条の会ネットワーク、秘密法廃止!広島ネットワークの3団体が取り組んだもので、69人が2人1組で手分けし、246人分の署名を集めました。
 訪問行動の出発にあたり、ストップ!戦争法ヒロシマ実行委員会の高瀬均事務局員は「広島県の署名目標50万に対して、現在の到達は5万5506となっている。3月19日までに20万を達成させよう」と呼びかけました。




More
by hiroseto2004 | 2016-02-29 08:08 | 安保法案 | Trackback
広島ブログ


片目失明者友の会代表・久山公明さん(広島市安佐南区)。

2013年9月に発足した「友の会」。2014年6月には厚労省に3万6000余りの署名を提出しました。

今年は、全国各地で当事者の交流会を実施。東京では、国会議員5名も交えた院内学習会を実施しました。

2015年10月9日、法改正へ向けた今後の活動への抱負を伺いました。





More
by hiroseto2004 | 2015-10-09 18:08 | 片目失明者友の会 | Trackback
広島ブログ
広島県議選・安佐南区選挙区で挑んだ土砂災害被災者つくだ守生。
選挙翌日はボランティア活動再開。
そして、翌々日は街宣と元気いっぱい活動です。
本紙社主・さとうしゅういちと緑の党・ひろしまも「被災地であり被爆地・平和都市である広島」を起点に「誰もが置きざりにされない社会」をつくるため、「核兵器であろうと原発であろうと通常戦争であろうと二度とヒバクシャを出さない世界」をつくるため、つくだ守生を引き続きバックアップして奮闘します!

4月12日(月)

選挙翌日のきのう、約1カ月お休みしていた介護施設での「うたの時間」を三次市内3カ所で開催しました。88歳の義母の訪問を兼ねて毎月、開催しているもの。今月の「うたのクイズ」出題曲を「春の小川」と「さくら」にしてピアノでメロディを弾き始めると、お年寄りの皆さんは、すぐに歌い始めました。

つくだ 守生's photo.

4月14日(火)
安佐南区で市議の宝の議席を奪還した藤井とし子さんとともに、選挙の報告のハンドマイク宣伝をいたしました。前半戦の躍進に続く後半戦へのご支援や、安倍政権の「戦争する国づくり」ストップなどのお訴えをいたしました。



More
by hiroseto2004 | 2015-04-15 22:00 | 新しい政治をめざして | Trackback
広島ブログ
2015年4月12日執行の広島県議会議員選挙・安佐南区で惜敗した被災者候補・つくだ守生さん(日本共産党公認、緑の党・ひろしま推薦)。今後も、事務所を災害救援センターとして継続することを表明し、「今日がスタート」と決意を示しました。


More
by hiroseto2004 | 2015-04-13 21:26 | つくだ守生(突田守生)を勝手に励ます | Trackback