エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:安倍晋三 ( 540 ) タグの人気記事












関連リンク

アキエリークスーー安倍昭恵さんに関する資料


森友学園問題(アッキード事件)の構図

e0094315_20130768.jpg




「ポスト安倍ジャパン」を考える
野党は政権交代後は「民間議員」廃止を
共犯関係の安倍官邸と財務省、対立構図はごまかしだ
「反新自由主義」の旗を安倍総理から取り返せ


安倍無理筋擁護はもう通用しない!

安倍政権に無罪推定の適用はない
自民党議員は官僚だけ悪者にするつもりだが
主犯は晋三社長&昭恵専務、官僚は粉飾決算に走り回った社員のようなもの

外交でも敗北続きの安倍ジャパン
やってしまいましたね!安倍ジャパン 海洋プラスチック憲章署名せず
緊張緩和の中で、旧敵国なのに突出して軍拡していたらヤバイ
もちろん、拉致問題は日本が朝鮮と交渉して解決しかない



政治主導の「ゴロツキ」政治にバックラッシュした安倍ジャパン
今度は経産省が教育内容に介入!高校でのエネルギー問題講演に修正求める

財務省、決裁文書書き換え認める方針【森友学園問題】

安倍ジャパンの場合、過去の内閣より任命責任は重い


労働者・国民を奴隷未満に!安倍ジャパン
高プロ賛成なし、川越での公聴会

森友・加計疑惑を風化させない
加計学園の学内処分で済ませていいはずがない

【森友疑惑】醍醐聰先生から会計検査院へ意見を送ってください とのお願い


世界の笑いもの・安倍ジャパン

石炭火力と心中する安倍ジャパン―国際協力銀行、COP23会期中の融資決定の暴挙に国際的非難(外部)https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20171117-00078257/

拉致被害者を犠牲にしてでも朝鮮を攻撃しろとは?!

30年遅れの米国版「ゴルバチョフ」としてのトランプ、そしてアジア版「ソ連・東欧衛星国」としての日本」【備忘録】

米、核掌握には地上侵攻必要 対北朝鮮で見解

トランプが、日本以外の首脳(中国+東南アジア)に、「共謀して日本を振り回してカネを引き出す」相談をしもおかしくない

日本、迎撃すべきだった 北朝鮮ミサイルで、トランプ



More
by hiroseto2004 | 2018-07-22 00:00 | 安倍ジャパン | Trackback(1)
日本のアンドレオッティ・安倍晋三はただちに議員辞職を!

「安倍総理は、若手議員時代、ヤクザに選挙妨害を頼み、報酬をけちってヤクザに火炎ビンを投げ込まれた」
と山本太郎議員に暴露された。
総理は開き直って
「自分は恐喝の被害者だ」と総理はおっしゃた。
だがそもそも、選挙妨害をヤクザに頼んだのが問題だ。
暴力団を利用しない。これが暴力団対策の一丁目一番地だ。

イタリアで昔、アンドレオッティ首相が実はヤクザ(マフィア)だったという事件があった。

それに匹敵する恥ずかしい事件だ。
否。アンドレオッティはまだヤクザから尊敬されていたが安倍晋三は、報酬をけちる、「けつのあながこまい」男だ。ヤクザより程度が悪い。
森友とか加計とは違う意味でやばすぎる事件だ。

by hiroseto2004 | 2018-07-18 19:45 | 安倍ジャパン | Trackback
関連記事
大災害最中にどんちゃん騒ぎ&死刑執行の安倍ジャパン

意見が割れている法案は先送りし、水害対策優先を

国会は意見が割れている法案(カジノや水道民営化)は先送りすべきだ。

それよりも与野党で災害対策に集中すべきだ。
安倍総理(自民党総裁)が本当に国民の安全を考えているならそういう方向性でリードするだろう。
いや、今回の瀬戸内大水害では山口県でも甚大な被害が出ている。国民はおろか、地元の苦境さえも見捨てるなら安倍晋三とは東京以外全く眼中にない男だ、ということだ。
by hiroseto2004 | 2018-07-07 20:20 | Trackback
松本から安倍へ  ますます暴走する「洒落にならないもの」を担ぐインテリたち

三十年前、中沢新一という学者がオウムを持ち上げ、テレビも結構、松本を持ち上げていた。

マスコミや文化人というインテリが「洒落にならないもの」への批判精神を失い始めた時代だったのかもしれぬ。

そして今。多くのマスコミ幹部や官僚も、「洒落になっていない」安倍総理を持ち上げ、立憲主義を踏みにじる蛮行を容認している。不味いとわかっていても「安倍総理しかない」で思考停止しているのだ。

by hiroseto2004 | 2018-07-07 07:02 | 事故・災害・事件 | Trackback
【備忘録】二階、安倍、小泉

二階幹事長をリベラルだと持ち上げていた人(森田実さんら)もいたが、二階幹事長は、大型事業さえばら撒けば日本はよくなる(それでよくならないやつは自己責任)というお考えである。
ちなみに安倍総理は武器や原発や石炭火力を売りまくればいいというお考えである。
小泉純一郎さんの場合は、市場原理を導入しさえすればいい、というお考えだった。
土建政治家の二階、重商主義者の安倍、リバタリアンに近い小泉というところか。
ちなみに、森田実さんは2008岩国市長選では、井原勝介さんの応援に来ていたが、2018新潟県知事選挙では花角候補を応援。残念だ。
ただし、「反小泉」原理主義という面では筋が通っているが。
(小泉さんの応援を得たことで森田実さん的な生活重視リベラルが少なからず親二階に回り、結果的に自民党を支えている面は否定できないと思う。)

by hiroseto2004 | 2018-06-28 20:55 | 安倍ジャパン | Trackback
三國志の漢皇帝・劉備は、義弟関羽の仇討ちのため、家臣が諌めるのも聞かずに呉の孫権を攻める(夷陵の戦い)。
しかし、孫権軍の都督・陸遜に大敗した。
劉備軍の将軍の一人の黄権は進退窮まり魏に降伏した。
敵への寝返りは当時は、家族も含めて死刑になる重罪。だが、劉備は
「黄権がわしを裏切ったのではない。わしが黄権を裏切ったのだ。」
と彼と家族を赦した。
リーダーとして潔い。
他方、現代の日本のリーダーの安倍晋三総理や加計孝太郎理事長、日大の元監督らの往生際の悪さ。全部部下のせい、学生のせい。
劉備を少しは見習っていただきたいものです。


by hiroseto2004 | 2018-06-20 10:30 | 歴史 | Trackback
権力批判なき道徳・モラル嘲笑が招いた「安倍ジャパン」

道徳やモラルをやたら嘲笑する気風と言うのはバブルくらい(ポストモダン)から文化人や芸能人にはあったと思う。

失礼ながら具体的なお名前を挙げると筒井康隆さんなどだろうか。

道徳やモラルなどは時代によって変わるものだ。ほんの四十年前は「男女賃金差別」など「是正されるべきもの」とさえ司法は認識していなかった(嘘だと思ったら判例をググってください)。道徳・モラルには時には陳腐化し、打倒されるべき場合さえある。

従って、文学作品なりお笑いに既存の道徳・モラルへの反抗の一方で権力(ないし強いもの)批判もあったように思う。それが読み手、受け手の溜飲を下げさせた。

しかし、バブル(ポストモダン)くらいからの「道徳・モラル嘲笑」は、権力批判なき道徳・モラル嘲笑だった。只の享楽主義である。

それがだんだん日本から自浄能力を奪っていった。
権力の腐敗を批判することさえ、「ダサい」と見なされるようになった。
昔もリクルート事件とか金丸とかノーパンシャブシャブとか腐敗はあった。反面、それへの人々の怒りが一定の掃除をする効果があった。

道徳・モラルを嘲笑し、権力批判さえ「ダサい」と見なしだしたら腐敗は止まる訳がない。それが「安倍ジャパン」である。


by hiroseto2004 | 2018-06-10 07:50 | 思想・哲学 | Trackback
神戸製鋼所は社長辞任でも強制捜査、安倍ジャパンは不起訴でトップは責任とらず

神戸製鋼所と安倍ジャパンは、民間と公務員の違いはあるにせよやったことは同じです。

神戸製鋼所は社長は辞任。その上で強制捜査。
しかし、安倍ジャパンは、社長(総理)も副社長(麻生大臣) も辞めようとしていない。しかも不起訴処分。

神戸製鋼所はかばう気は毛頭ない。それこそ安倍晋三という廃棄物を違法に国会に投棄した容疑で捜査してほしいくらいの気持ちだ。
ちなみに安倍総理は若い頃、神戸製鋼所社員だったときに間違った長さのパイプを大量製造している。

今は総理として、欠陥だらけの法案や嘘だらけの情報という「欠陥商品」を出荷しまくっている。そんな男を「排出」したことに文句は言いたい。

ただ、とにかく、安倍ジャパンのこんなハレンチな憲法違反がが許されるのか?
そもそも、こんなことが許されるのか?!



by hiroseto2004 | 2018-06-05 16:48 | 安倍ジャパン | Trackback
橋本~小泉がデフレ下で構造改革(規制緩和)でデフレ悪化を招いた(備忘録)

構造改革(規制緩和)というのは供給側の改革で、やればやるほど物価は下がる。デフレ要素だ。

日本は1990年代後半のデフレ期に橋本龍太郎(故人)が構造改革(規制緩和)に突き進んだ。
同時に消費税増税で財政も引き締めたからデフレは悪化した。
橋本は参院選で惨敗し退陣したが、残念ながら構造改革や新自由主義の問題点はさほど省みられなかった。
その後、小渕政権は財政は拡大したが主に大金持、大手企業の優遇で派遣法緩和も行った。総体として財政拡大のデフレ打ち消し効果が減殺した。そして、小泉政権。
1990年代後半から2000年代前半にかけてすさまじいデフレが続いた。
少子化も加速した。
この時期に、保育や介護、あるいは高齢社会を見据えた交通や住宅などに投資をしていれば大分あとが楽だったろう。デフレもひどくはないし、暮らしの不安も大分軽減されていたと思う。
そもそも構造改革とは物価が暴騰するのと不景気が併存したイギリスで生れた論調で日本には当てはまらない。1990年代にはドイツがシュレーダーで政府支出を斬りまくったが、これもドイツの政府支出比率は日本よりはるかに多い状態であった。前提を無視した流行の真似も惨事の背景にあったと思う。

安倍晋三はちなみに金融緩和は悪くないが、「財政」は「お友だち(加計学園や原発武器企業)優遇」で「高プロ」など労働規制緩和路線なのが問題である。

by hiroseto2004 | 2018-06-03 06:12 | 安倍ジャパン | Trackback
関東学連による日大監督・コーチへの厳しい処分です。きちんと処分しないとさらに腐敗が進みますから当然だったと思います。

しかし、国政でも同じ悪質なことをやっている人たちがいるわけで、そういう人たちも「除名」しないといけない。
安倍晋三監督、麻生太郎コーチ、加藤勝信コーチが財務官僚や厚労官僚という選手に改ざん(悪質タックル)をさせ、今も開き直っているのだから。

by hiroseto2004 | 2018-05-30 05:23 | 安倍ジャパン | Trackback