人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:安芸区矢野 ( 5 ) タグの人気記事


e0094315_09011378.jpg

e0094315_15472908.jpg
広島瀬戸内新聞は9月26日、広島市安芸区に災害ボランティアで入りました。
まだ、土砂が民家を直撃して全壊した場所も残っています。皆さんが災害発生直後にテレビでご覧になった光景が残っていました。
危険な箇所はプロに任せるしかないので、我々ボランティアは、そんな場所を横目に土砂除去作業をさせていただきました。

青森県から社協の方が応援に来られていました。ありがとうございます。青森県の方は広島支援が終わったら北海道大震災の被災地へ、ということです。青森県では修学旅行は北海道が多いので、中止になってしまった学校もあるそうです。
西日本大水害から3ヶ月近く。
特にプロの手が必要な被災箇所が手付かずです。
安倍瓶三こと安倍晋三さん。
外交もいいけど、災害対応、しっかりしてください!
次の災害が起きたら日本はお手上げですよ!







by hiroseto2004 | 2018-09-26 11:37 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback
広島瀬戸内新聞は9月3日、広島市安芸区矢野地区入りし、災害ボランティアに従事させていただきました。
e0094315_12064166.jpg

 
e0094315_12062730.jpg
安芸区災害ボランティアセンター矢野サテライトは9月5日で閉鎖。
6日以降、安芸区福祉センターの安芸区災害ボランティアセンター本部からボランティアを送り出します。
ただし、まだまだ個人宅の床下などで土砂が堆積しています。復旧はまだまだ。
サテライト閉鎖の背景には、地域で活動を担っておられるみなさんの疲弊があります。
ボランティアは頑張っているし、自治体もこれまでの行政に問題はあるにせよ、災害発生以降はいっぱいいっぱい頑張っておられる。
やはり、中央政府のやる気のなさが問題です。
安倍晋三さん、酒瓶をスコップに持ちかえませんか?
本当のしんどさ、体験しませんか?


by hiroseto2004 | 2018-09-03 12:17 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback
広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は、8月21日、広島市安芸区矢野地区で災害ボランティアに従事しました。
その前後に、安佐南区古市橋駅前、祇園出張所前、中筋駅前で街宣を行い、状況報告。
安佐南区に大きな被害を出した広島土砂災害2014と今回の西日本豪雨災害双方の犠牲者の皆様に哀悼の意。
そして、
「広島市は、民家の土砂も市で除去することにしている。だが、現実には、安芸区では、市立幼稚園に
まだ土砂が堆積し、大雨になれば、隣接する民家に流入しかねない有様だ。」
「市は、夏休み明けまでには除去するというが、台風も接近中だ。急ぐべきだ。わたし自身も、地元市議や知り合いの市職員にもこの点は指摘した。」
と報告。
その上で、
「隣接する坂町も含めて、復旧が遅れているのは、(ボランティアが足りないというより)プロが
足りないからだ。総理は補正予算を組み、自治体が安心して復旧に当たれるようにするとともに、沖縄県民を踏みにじってまでの辺野古新基地工事や、猛暑で開催が危ぶまれる五輪の関連工事は中断し、被災地復旧に業者の力を集中させるべきだ。」
などと力をこめました。
そして、閣議を二度も中止して小泉純一郎さんらとゴルフをしたり、地方の自民党員に接待攻勢している安倍総理・自民党総裁に対しては「災害対策をおろそかにしてまで何を総裁選にそこまで躍起になっているのか?非常時の現職は、知事でも市長でも、普通にやっていればまず勝てる。安倍総裁も、普通に総理として補正予算を組み、被災地に資源を集中していればそれでいいのに。何をやっているのか?」
「安倍総理はスコップを持て、とはいわないから、総裁選より公務をきちんとやれ。」
と訴えました。
さらに、被災者の
「行政も抜けとった」
という声を紹介。
「1945年の枕崎台風の教訓もよそに、県や市が危険な山すその開発を強引に許可していたことや、
砂防ダムが土砂で機能していないので掃除するように住民が何度も県に要望してもけんもほろろだったことが悔やまれる」
と訴え、
「行政のトップの総理、県知事、市長はこれを反省できなければその資格はない。早く避難をと、知事や市長もおっしゃるが、行政の責任も重大(で逃れてはいけない)。」
と強調しました。
また、朝の古市橋駅前での演説では、東京五輪に関連して
「インドネシアでのアジア大会ではボランティアに給料を出している。そもそも、ボランティアとは
自発的という意味で、『ただ働き』という意味ではない。」
と指摘。
「災害対策も五輪もただ働き頼みの日本は、もはや第二次世界大戦末期状態だ」と

by hiroseto2004 | 2018-08-21 20:24 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback
e0094315_08353994.jpg
広島瀬戸内新聞は、8月21日朝、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説後、安芸区矢野地区に災害ボランティアで向かいました。
古市橋駅前では、
「安倍総理は、現職なのだから、地方党員接待やゴルフより、公務として災害対策を。ゴルフクラブをスコップに持ち替えろ、という冗談はさておき、広島市も県も補正予算を決めているのだから、迅速に国の補正予算を決めるのが総理の仕事。」
「ボランティア頼みは限界。辺野古新基地や五輪工事を止めてでも被災地復旧に全力を。」
などと訴えました。
また、「災害対応専門の部隊をつくろう。海外にも対応すれば、安倍ジャパンのばらまき、原発や武器輸出より、喜ばれるのでは?」
などと訴えました。
さらに東京五輪に関連して
「インドネシアアジア大会ではボランティアにお給料をだした。そもそもボランティアとは自発的という意味で【タダ働き】という意味ではない。」
と指摘し、
「日本人の誤解に漬け込んでタダ働きさせる」
安倍ジャパン&小池TOKYOを批判しました。



by hiroseto2004 | 2018-08-21 08:47 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback
広島瀬戸内新聞は8月12日、広島市安芸区矢野地区入り。
災害ボランティアに従事させていただきました。
安芸区でのボランティアは、13日から15日までお盆でお休みです。
現場では住民のから感謝の言葉とともに
「自衛隊は二人で来てあっという間に片付けていった。」
声。
「お隣は床上浸水。生活再建は大丈夫か?三百万円(法律上の支援金上限)で間に合うのか」
「修理を依頼した地元の企業も手一杯でいつ修理できるかわからない。」
といった声もありました。
ボランティアで、地域内部、あるいは遠方の地域との草の根の繋がりが活性化しているのはうれしい。
しかし、やはり
「仕事はプロが早い」
のです。
「プロ」に「予算の裏付け」を与え、ガンガン動いてもらわないと「ことにならん」状況です。その仕事こそが総理や国交相の仕事です。補正予算を組む、五輪や辺野古新基地に従事の土建屋さんに被災地に来てもらう。自衛隊ももっと動員する。
中央政府の怠慢の穴をボランティアで、埋めている状況は終わりにしましょうよ!

e0094315_12352375.jpg
e0094315_14445654.jpg
e0094315_14452284.jpg




by hiroseto2004 | 2018-08-12 12:35 | 西日本大水害(2018西日本豪雨) | Trackback