人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:広島土砂災害 ( 43 ) タグの人気記事

広島土砂災害からまもなく3年
2014年8月20日未明に発生した広島土砂災害。
あれからまもなく3年です。
犠牲になられた皆様に心から哀悼の誠を捧げます。

e0094315_23030639.jpg
広島市東区の本社近くの県道でも本年4月に土砂崩れがあり、一時通行止めになりました。

e0094315_23005953.jpg

安佐南区・安佐北区だけでなく、どこの区でも土砂災害はいつ起きてもおかしくないことを思い知らされました。
広島は「土砂災害超大国」です。大雨だけでなく地震でも土砂災害が発生する危険があります。
以下には、土砂災害危険箇所と警戒区域・特別警戒区域の情報提供が行われています。
行政による対策は言うまでも無く、重要です。広島土砂災害はもちろん、これまでの災害で明らかになった教訓も活かしながら、被災者の生活再建策など、充実させていくのは、行政の責務です。
しかし、いざというときに最終的に身を守るのは自分自身でもあります。
参考にしながら、減災を図っていきたいものです。


by hiroseto2004 | 2017-08-19 23:05 | 広島土砂災害(広島豪雨災害)2014 | Trackback
TVで東京都政の話はおなかいっぱいです

TVで東京都政の話ばかりはおなかいっぱいです。

所詮は、東京都といえども一地方自治体の話です。東京都民以外にとっては、自分の住んでいる自治体のことの方が大事でしょうし、国政のことの方が大事でしょう。

広島県で言えば、4月には広島瀬戸内新聞本社近くの県道で崖崩れで通行止めという事件も起きました。

3年前の広島土砂災害、当該の被災地では警報装置や砂防ダムなどの整備も進んだが、同じ災害は広島県内どこでも起きえます。たまたま、あのときは強烈な雨雲の位置が安佐南区山本付近~安佐北区可部付近が中心だったのです。

気象が温暖化と言うより過激化する中で、4月に崖崩れするほどの大雨という有り様。梅雨時期が思いやられます。

学校耐震化率も広島県は全国最低です。

このように、いくらでも課題はあるのですが、TVは東京都の話ばかりが流れるわけです。おなかいっぱい感がありますね。

by hiroseto2004 | 2017-05-14 10:37 | 東京都政 | Trackback
被災者生活再建支援法に基づく広島土砂災害の被災者への支援金の申請期限は今日まででしたが広島市は1年延長することにしました。
砂防ダムの整備状況なども見極めながら住宅の再建の判断をしたい人も多いためです。
復興には時間が掛かる。災害は現在進行形である。そのことを改めてかみしめなければ成りません。

by hiroseto2004 | 2016-09-19 18:51 | 広島土砂災害(広島豪雨災害)2014 | Trackback
e0094315_01491620.jpg

【土砂災害の被災地安佐南区八木にて「激甚災害即時指定」「海外派兵より被災者支援」】
本社社主・さとうしゅういちは、2016年4月22日、2014年の土砂災害の被災地・広島市安佐南区八木にて街頭演説を実施しました。
熊本・大分大震災にお見舞い申し上げ、
「熊本・大分大震災の激甚災害即時指定」
を要求しました。
阪神大震災では発生8日目、東日本大震災では3日目に激甚災害に指定されたことや、今回の震災よりはるかに被害が少なかった三陸はるか沖地震でも激甚災害に指定されたことを紹介し、
「総理が、断固たる姿勢で九州の中小企業を守る姿勢を示すことが重要だ。」
としました。
その上で、
「この安佐南区でも、いまだに2014年8月20日の豪雨災害からの復旧が完了せず、斜面にブルーシートが残っている。広島の復旧が完了しないうちに熊本で震災が起きるのが災害列島日本だ。」
と指摘。
「海外派兵などしている場合ではない。被災者支援を最優先にすべきだ。」
と訴えました。






More
by hiroseto2004 | 2016-04-23 01:52 | 熊本・大分大震災 | Trackback
【災害は忘れぬ頃にやってくる!】
本日は防災の日です。
昔は「災害は忘れた頃にやってくる」と言われたものでした。
しかし、いまや「災害は忘れぬ頃にやってくる」という表現が適切でしょう。
正確には「まだ、前の災害の記憶は生々しいから、まさか災害は起きないだろう」と油断しているところに災害は起きるということでしょう。
日本で、自然災害による犠牲者が一番少なくなったのは、1992年でした。
この頃、バブル崩壊はあったにせよ、日本は一番おごりたかぶっていた時代でした。
しかし、翌年1993年には、7月12日の奥尻大震災(北海道南西沖地震)や、台風・豪雨・大冷害に見舞われます。さらに1995年には、阪神淡路大震災が発生。太平洋ベルト地帯が戦後初めて、大地震に見舞われました。以来、日本周辺の地震や火山活動は活発化の時代に入ったとされています。2011年の東日本大震災を筆頭に、2004新潟中越大震災、2007新潟中越沖地震、2014御嶽山噴火など枚挙に暇がありません。また、気象災害も「過激」になる一方です。広島県内も、1999年の6・29と2014年の8・20土砂災害と大惨事に見舞われました。まさに「災害は忘れぬ頃にやってくる」なのです。
by hiroseto2004 | 2015-09-01 21:19 | 事故・災害・事件 | Trackback
広島ブログ
8月も終わりです。
役人からヘルパーへ。145日+15日目の出勤です。

また、今日は大雨でした。


さて、1年前の今日は、安佐南区八木地区に味噌汁の炊き出しボランティアに駆けつけたのを覚えています。

そのときの様子がテレビでも流れたそうです。

いま、政府は広島でも福島でも被災者を置き去りにしつつ、海外派兵に血道を上げています。

戦争は被災者を置き去りにします。

被災者が置き去りにされない日本を!


More
by hiroseto2004 | 2015-08-31 11:50 | 役人からヘルパーへ | Trackback
広島ブログ
役人からヘルパーへ。145日+12日目の出勤です。
また、今日はあの広島土砂災害の現地調査に始めて入ってから1年です。
梅林、八木、山本、可部東を忘れない。そして、フクシマを忘れない。




More
by hiroseto2004 | 2015-08-26 12:24 | 役人からヘルパーへ | Trackback
広島ブログ
役人からヘルパーへ、145日+11日目。そして、8/20土砂災害を受けて安佐南区入りしてから1年です。




More
by hiroseto2004 | 2015-08-24 15:01 | 役人からヘルパーへ | Trackback
by hiroseto2004 | 2015-08-23 11:00 | 役人からヘルパーへ | Trackback
広島ブログ

いまから10年前の2005年8月末、ハリケーン・カトリーナがアメリカ南東部を襲いました。
1836名が死亡、705名が行方不明となりました。



More
by hiroseto2004 | 2015-08-20 23:25 | 新しい政治をめざして | Trackback