人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:広島3区 ( 46 ) タグの人気記事

次期衆院選(総選挙・補欠選挙)を前にさとうしゅういちは提言します①ーーケアラー支援推進基本法を制定し、ケアする人も自分の人生をエンジョイして良いメッセージを

2019年は、広島3区内でも介護殺人事件が発生してしまいました。安倍総理は2015年、「介護離職ゼロ」を掲げました。しかし、現実には、生活が苦しく、年金も削減される中で、働きながら介護をせざるをえず、その結果、最悪の共倒れのリスクが広がっています。

他方で、成人した子どものケアで追い詰められる親も増えています。元高級官僚が精神疾患のある息子を惨殺する事件は大きな衝撃を与えました。また、ネット上では「世間に迷惑をかけないために自分で息子を殺した熊沢被疑者はえらい」という趣旨のコメントが溢れました。

さとうしゅういちは、老人ホームの介護現場での勤務経験から、家族間ではケアする家族ほうもされる家族も、おたがい一定の距離をとったほうが、精神的な余裕もでて、却って関係がよくなることを実感しています。

ケアをする家族も、仕事、趣味など、自分自身の人生をエンジョイして良い、もっと様々なサービスを利用して良い、というメッセージを国としてだすとともに、国としての支援策を打ち出します。


次期衆院選(総選挙・補欠選挙)を前にさとうしゅういちは提言します②ーーー教育・保育や医療・介護現場ではたらく人の処遇改善と人員体制確保
・非正規の教員や学童保育(広島では放課後児童クラブ)の指導員などの正規化を進め、人員体制を確保する。
・千葉県松戸市など先進的な自治体の事例も参考に保育士や介護職員が改善を実感できる制度設計にする。
・医師の宿直制を夜勤制に変え、男女ともに医師がはたらきやすい環境を整備する。

次期衆院選(総選挙・補欠選挙)を前にさとうしゅういちは提言します③ーー超高齢社会・気候変動に対応する人と環境に優しい交通システムを
・移動することを権利と位置付けます。
・免許返納の高齢者には思いきった公共交通利用補助を行います。
・マイカーからより環境にも人にも優しい交通へのもーを地域の実情に応じて進めます。
・公共交通が乏しい地域の高齢者には、安心して移動できるクルマを供給します。
・上記財源はガソリン税に代わる炭素税で賄います。
※関連して1990年代以降の過剰なマイカー依存を進めた郊外開発を見直します。

飯塚幸三被疑者送検、高齢者バッシングではなく人にも環境にも優しい交通システムへ議論深めよう


次期衆院選(補欠選挙・衆院選)を前にさとうしゅういちは提言します④ーー「黒い雨」の認定地域を拡大し、現代の被曝リスク過小評価の是正につなげます。

広島3区は、大半が爆心地の北西方向に位置しており、黒い雨が強く降りました。しかし、被害が過小評価されている場所があります。
現行の国際基準では放射線被曝の過小評価がされています。その一因が「黒い雨」の過小評価です。基準を作成する際に参考にするために、直接被爆した広島県民とそれ以外の県民の疾病状況を比較した際、黒い雨が過小評価されていたために、結果として被爆のリスクも過小評価されています。認定地域を拡大すると共に、核実験や原発事故による放射線リスクの過小評価是正に繋げます。

by hiroseto2004 | 2019-12-31 21:49 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
広島3区からガツンと「いのち・くらし・平和」を守る政治を!
「現政権のおしもの世話を」し、「庶民に優しい政治」にバーンと切り替える
「さとうしゅういち」に皆様のお力をお貸しください。
e0094315_21091524.jpg
e0094315_21094610.jpg
e0094315_21101524.jpg
e0094315_21104710.jpg





続く
by hiroseto2004 | 2019-12-31 20:05 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback
衆院広島3区で補欠選挙になった場合の対応について

今年2019年1月下旬以降、今までも公言してきたことの延長ですが、改めて宣言します。
わたくし、さとうしゅういちは、衆院広島3区で補欠選挙となれば、当然、野党統一候補に手を上げます。
(志をともにする市民の皆さま、そして立民、国民、共産、社民、れいわ、新社会各党に公認または推薦、政策協定などをお願いする形になります。)
さとうしゅういちが、幹事・事務局をさせていただいている広島3区市民連合の5項目の政策要求
①立憲主義回復、戦争する国づくりストップ、安倍政権下での改憲反対。
②核兵器廃絶をめざし、核兵器禁止条約の批准を実現する。原発から自然エネルギーへの転換を進める。
③国民の暮らしを大切にする政治をめざし、社会保障の充実を求める。
④働き方の改善をめざし、勤労者の生活を豊かにする。
⑤自営業者・農林漁業者の営業を守り、地域の継続・発展を保障する政治を求める。
に加え、
・増税の大義を失い、複数税率やポイント制など、システムとしても分かりにくくなった「現行の消費税」は廃止へ。当面は5%への引き下げを志をともにする超党派の市民や議員とともに検討し実現。
・世界最初の戦争被爆地であり、未曾有の災害に昨年あった広島から、海外派兵中止、災害救助隊創設、被災者支援の充実、環境に優しく災害にも強いエネルギーシステム推進を推進する。
・ケアラー支援推進基本法を制定し、ご家族をケアする人も十分に人生をエンジョイしていい社会にする。
・高齢者でも就職氷河期世代など現役世代でも住まいの貧困が深刻な中、住まいも福祉と捉える居住福祉を進める。
・自治体合併や「地方分権」と称した国や都道府県の責任放棄の結果、地方自治体で医者など病院や教育、福祉現場などの公務員が不足するなか、都道府県や国が責任をもって質・人数ともに充足し、医療や教育、福祉を守る。
・大学が多い広島3区から真の学費負担軽減・教育機会の平等を実現する。
など、広島3区の実態や皆さまの思いを踏まえ、また、わたくし自身の広島県北東部など山間部での福祉行政の経験、さらに民間での介護現場での経験もフルに活かした政策を掲げ、進めて参ります。

また、お願いすることなどは、個別にご連絡させていただきます。
今後ともよろしくご指導・ご鞭撻のほどお願いいたします。

2019年11月1日 さとうしゅういち拝

by hiroseto2004 | 2019-11-01 17:32 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は2019年10月21日、
広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説。
e0094315_21290168.jpg


まず、台風19号による東日本大水害2019の犠牲になられたみなさまにおくやみ申し上げるとともに、
被災されたみなさまにお見舞い申し上げました。
その上で
「浸水面積は広島でも大きな被害を出した西日本大水害2018を上回り、災害ゴミは
処理に2年以上かかるという。まずは、被災者支援、復旧に全力をあげなければならない。」
「西日本大水害、そして今回の教訓もいかし、地域ごとにケースバイケースで見直すべきは
見直していかなければならない」
と訴えました。
また、
「被災地では、昨年の西日本でも、今回の東日本でも、現場公務員が不足して復旧が遅れている。
『公務員を叩きさえすれば日本はよくなる、大阪はよくなる』といわんばかりの過激な政治家が
ウケた時代があった。市町村合併で公務員がさらに減らされた。」
と指摘。
その上で、
「医療、福祉、教育、防災など現場公務員の不足を解消しなければならない。
非正規公務員も含む就職氷河期世代を「即戦力」として採用していくのも手だ」
と提案しました。

第二に、安倍政権が「有志連合とは独自にホルムズ海峡は避けて調査研究を名分に」中東派兵を検討していることについて、
「アメリカ・トランプ大統領にせっつかれ、イランとの板挟みで苦肉の策だろう。とはいえ、なしくずし的に
戦闘参加になりかねないし、国会を通さないのも、禁じ手だろう。トランプ大統領に対しては、せめて『日本は
災害のコンボで大変ですからご勘弁を』くらい、言うべきだ」
と訴えました。さらに、
「そもそも、現在の中東の緊張の原因は、第一に、2015年3月からずっとサウジアラビアがアメリカなどから
武器を買ってイエメンを攻撃していること。第二に、アメリカがイラン核合意から一方的に離脱したことだ。」
と指摘。
「平和憲法をもち、イランともサウジともアメリカとも仲がよい日本は、徹頭徹尾、仲介外交に徹するべきだろう。
和平の前提として、サウジアラビアには空爆をやめていただく、アメリカには、核合意に復帰していただくことが必須だ。」
と強調しました。

by hiroseto2004 | 2019-10-21 21:29 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback
広島瀬戸内新聞・さとうしゅういちは2019年9月5日(木)、広島市安佐南区中筋駅前で
街頭演説。
安倍ジャパンのもとで、
「消費税増税が社会保障に回るどころか、
総理のお友達や米露へのばらまき、武器購入や原発輸出
などにばかり回った」と指摘、
「消費税増税は大義を失った」と訴えました。
また、「足りないのは人手というより給料と労働環境だ」
「年金問題も、現役の給料が下がり続けては悪化する一方だ。」
などと訴えました。
「自分のいる介護現場でも、給料の割に仕事がきついから
人が辞め、人が辞めるから仕事がきつくなり、人間関係が悪化、
さらに人が辞める悪循環だ。同様のことは保育でも起きていると伺っている。」
と、現場の苦境を改めて力を込めて報告しました。

さらに、最後に、10月6日(日)13時半から佐東公民館で行われる「広島3区市民連合」総会の
ご案内をしました。
e0094315_20193290.jpg

e0094315_22132569.jpg


by hiroseto2004 | 2019-09-05 22:18 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback

広島瀬戸内新聞初秋号

by hiroseto2004 | 2019-08-13 20:30 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback

関連記事

広島3区入り


広島瀬戸内新聞(さとうしゅういち)は、2019年7月29日、広島市安佐南区古市橋駅前と
祇園出張所前で街頭演説を実施、改めて次期衆院選を前に、「広島3区から庶民の懐に優しい政治」「核兵器廃絶と
緊張緩和の先頭に立つ日本」をつくっていく決意を表明しました。
e0094315_15261174.jpg
e0094315_19013552.jpg



まず、アメリカがイランに因縁をつけ、緊張を高め、日本を含む各国にホルムズ海峡への
派兵を求めている問題に言及。
「アメリカは、民主主義を名乗りながら、1953年に、民主的に成立したイランのモサデグ政権を
潰している。イラン人がアメリカに不信を持つのは当然。アメリカが前に出ないことが中東平和の
鉄則だ。アメリカはイランことせず、核合意に復帰すべき。」
「アメリカはたくさん核兵器をもっているが、イランは今のところ一発も持っていない。
アメリカは核実験をやめ、率先して核軍縮に取り組まないと(説得力がない)」
と指摘。その上で
「日本はアメリカが言う「有志連合」に参加してはいけない。アメリカが前面に出る
話にのれば、イランに喧嘩を売るのと同じことだ。日本はむしろアメリカに「いらんことすな」、
と止めるべきだ。」
と訴えました。
また、厚労省が、副業と通算した労働時間管理を企業に免除する案をつくていることについて
「すでに、見かけ副業、実態は残業という長時間労働をさせられたドライバーが過労死するという事件
が起きている。」
と紹介。
厚労省の案がそのまま通ってしまえば、このドライバーのような事件も増えかねない、と警鐘を鳴らした上で、
「本来、8時間働けば、それなりに生活できるようにするのが筋だ。また、やむを得ず、残業が
せざるを得ない場合は、会社を分けてセコいことをしたりせずに、残業代をきちんと支払うなど
させるべきだ。」
と力を込めました。
さらに、広島3区内の社協のグループホームで、高齢者虐待事件が別々の職員により相次ぎ、
逮捕者が出たことについて、
「おとしよりをぶん殴るのは、あり得ないこと。最悪だ。しかし、問題は、複数の
職員が暴力を振るっていたことで、現場に暴力を肯定する文化が広がっていたのではないか?」
「介護現場においては、人手不足で、現場がきつくなり、それで、また、人が辞めていき
さらにきつくなるという悪循環がある。根本には、きつさや専門性の割に労働条件が悪いこと
もある。抜本的に改善しないと、利用者にも犠牲が及ぶ。」
と訴え、介護や、保育など同様の悪循環が生じている場所での労働条件改善を
急ごうと、力を込めました。
関連記事
また、参院選について「改憲勢力が3分の2を切り、広島選挙区では自民党2議席独占という安倍総理の
野望が打ち砕かれた」ことともに、新選組のお二人の議員が当選したことで、重度障がい者をめぐる
課題が可視化された、と指摘。「自立支援を国は謳いながら、働く際は介護サービスを利用できないというのは
矛盾だ。仕事中にトイレに行きたくなったらトイレ介助、調子が悪くなったら看護を受けられるようにして
安心して仕事が出来るようにした方が良いに決まっている。」
「そもそも、生産性で人の価値を測るのは間違いだ。誰にも人権はある。このことを自分自身も
忘れないようにしたいし、皆様にもそのようにお願いしたい。」
と訴えかけました。


by hiroseto2004 | 2019-07-29 15:17 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback

いま、衆院解散となった場合に備えた広島3区におけるさとうしゅういちと各政党の政策協定書(案)




More
by hiroseto2004 | 2019-07-20 20:15 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback

「参院選への対応」について県内マスコミ各社に送付しています。

2019年7月

県内ジャーナリストの皆様

広島瀬戸内新聞社主・緑の党・ひろしま元代表 さとうしゅういち
http://hiroseto.exblog.jp/
https://twitter.com/hiroseto

参院選への対応について

 皆様方の、日ごろからのご活躍に心から敬意を表します。

わたくし・さとうしゅういちは、7月21日執行の参議院議員通常選挙において
広島県選挙区 森本しんじ 候補(立憲民主党、国民民主党、社民党、新社会党推薦)
比例区 日本共産党

を応援するとともに、山本太郎 候補たちの政党要件確保に心から期待します。

 具体的には、選挙区・森本しんじ候補および比例区・日本共産党の選挙はがきを、これまでの政治活動等でお世話になった皆様にお送りすることや電話でのお願い、また、両陣営の演説会への参加や情報のネット配信など総力を挙げております。

 広島県選挙区においては自民党の2議席独占を断固阻止します。全国的にも、立憲主義や庶民の暮らしを破壊している自公およびその補完勢力の議席を最小化する方向で行動します。それとともに、庶民の暮らしを重視する方向での野党各党の活性化を期待します。詳しくはブログ等をご参照ください。

 また、今後とも、衆院広島3区において、わたくし・さとうしゅういち自身も選択肢とした衆院選の立憲野党統一候補の擁立と勝利に向けて全力を尽くします。 

志のある県内外の市民の皆様、県内の立憲野党の皆様方、幹事をさせていただいている「広島3区市民連合」の皆様方とも協力しながら、広島から庶民の暮らしにやさしい政治、そして世界最初の戦争被爆国であり平和憲法を持つ国にふさわしい、核兵器廃絶と平和外交の先頭に立つ日本を発信してまいります。

今後ともご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。最後になりますが、皆様方のますますのご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。


by hiroseto2004 | 2019-07-17 19:40 | 参院選2019 | Trackback
広島瀬戸内新聞(さつしゅういち)は、6月13日は安佐南区古市橋駅前、14日は広島市役所前で街頭演説。
14日は、安倍総理のイラン訪問について、
「『ハメネイ師は、核兵器を製造しない、持たない、使用しないと言明した』というが、そもそもイランは核兵器禁止条約に賛成した国であり、核兵器禁止条約を拒否する安倍晋三さんが、イランに説教なんておこがましいのではないか?」
と指摘。
「話し合いにイランが応じるには、まず、アメリカがイランに突きつけている
ナイフを外すことだ。そして率先して核軍縮を進めることだろう。」
と強調しました。
続いて、麻生財務大臣が、金融庁の報告書を受理しなかったことに言及。
「こんなことをされたら、部下の公務員もやってられないだろう。これまでも、
文書の改ざんや破棄をさせられてきたし、公務員にとっても大臣の保身のために
振り回される受難の時代だろう。」
と帰宅の途につく市役所職員らに語りかけました。
その上で
「報告書の『老後の生活が実は年金だけではきつい』というのは皆さん
実感だろう。問題は、政府が責任を放棄して「2000万円貯めろ」という
話にしていることだ。」
「政府の責任は、庶民が老後も含めて生活不安がないようにすることだ。
低所得者だけで無く、中間層でも、例えば、お子さんが仕事が不安定で
奨学金返済が滞り、立て替える羽目になり、老後貧困、ということは
結構起きている。」
「低所得者層だけで無く、中間層も含めて学費負担軽減、奨学金返済
減免などをやっていくこと、保育や介護、医療などの現場で働く人の
給料や労働条件を確保し、人員体制を確保し、安心してサービスが受けられるように
することなども含めて、生活不安の解消を急ぐべきだ。」
と力を込めました。
その上で
「子育てや福祉、防災関連などで足りない公務員は増やしていくことも
必要だ。政治家が公務員を叩いて票を取る安易な手法が横行する時代は
終わりにすべきだ。」
と強調。
「参院選では広島選挙区自民党2議席独占を阻止する」
決意を表明すると共に、
「市民ひとりひとりの懐を暖めるとともに、公務員の皆様も
気持ちよく市民のために仕事ができる日本へ、
また、世界最初の戦争被爆国として核兵器禁止、核エネルギーではなく
クリーンエネルギーの先頭に立つ日本へ、広島3区から体を張っていく」
覚悟を示しました。

by hiroseto2004 | 2019-06-14 22:02 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback