人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:杉原浩司 ( 10 ) タグの人気記事

[転送・転載歓迎/重複失礼]

来週後半に京都と神戸で武器輸出問題(イスラエルとの軍用ドローン共同
研究を中心に)について講演します。最新情報に基づいて、現状と課題を
しっかりとお伝えしたいと思います。関西方面の方はぜひご参加ください。
お知り合いにもご紹介ください。

また、12月1日に関西ローカルの読売テレビの夕方のニュースで、武器輸
出と軍学共同についての特集が放映されました。私も短くコメントしてい
ます。約10分とコンパクトながら、問題のありかをよく伝えています。
動画が番組ホームページで公開されていますので、ぜひご覧ください。

◆かんさい情報ネットTen.
 12月1日(木)放送(約10分)

「裾野広がる防衛産業 期待と困惑」

おととし、武器の輸出が一部で認められ、裾野を広げている防衛産業。
しかし、現場からは困惑の声も聞こえてきます。一筋縄ではいかない、
安全保障の複雑な実態をモクゲキしました。

http://www.ytv.co.jp/ten/sp/?dateList=201612

※12月1日分の画像部分をクリックすると動画が見られます。

-------------------------------

【京都】

講演会
「イスラエルとの軍用ドローン共同研究問題を考える」

私たちの「知」は、「学問」は、「研究」は、
破壊と殺戮、人間の悲劇の生産に
資するものであってよいのか?

日時:2016年12月9日(金) 18時30分~21時
会場:京都大学吉田南キャンパス 吉田南総合館 南棟地下共南01教室
   →JR・近鉄 京都駅 市バス京都駅前バス乗り場
    206系統「東山通・北大路バスターミナル」行「京大正門前」下車
アクセス https://www.h.kyoto-u.ac.jp/access/#02
※グランドの下(南側)にある西門を入って、グランドを左手に見ながら
直進すると、正面に、総合館の西棟玄関の階段があります。この玄関を入
って右手に、地下に下りる階段があります。これを下りて、南棟にまわっ
てください。南棟の最初の教室が会場です。

講演:杉原浩司さん(武器輸出反対ネットワーク[NAJAT]代表)
発言:「ドローン監視下のガザで パレスチナ人の立場から」
    ガザ出身の日本在住パレスチナ人の方から

参加費:無料

主催:京都大学大学院人間・環境学研究科 岡真理研究室
協力:市民社会フォーラム
問合せ: PJ21kyoto@gmail.com

-------------------------------

【神戸】

<市民社会フォーラム 第191回学習会>
朗読劇「ガザ 希望のメッセージ」プレ企画(1)

イスラエルとの軍用ドローン共同研究に異議あり!
~武器輸出大国ニッポンでいいのか~
http://shiminshakai.net/post/1951

日時:2016年12月10日(土) 13:30~16:30
会場:新長田勤労市民センター別館 会議室A(JR・市営地下鉄新長田駅南側)
http://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/pfle/index.html

講師:武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)
   杉原浩司さん
進行:岡真理さん(京都大学教授)

共催:つばめクラブ
参加費:1,000円
※お申込みなしでどなたでもご参加できますが、人数把握のためご連絡
くださればありがたいです。
メール: civilesocietyforum@gmail.com まで。

 「日本がイスラエルと軍用ドローン(無人偵察機)を共同研究する準備
を進めている」。6月30日、衝撃的なスクープを共同通信が配信しました。

 10月15日まで東京で開かれた「国際航空宇宙展」には、共同研究を打診
されているとされるイスラエルの軍需企業「エルビット・システムズ」も
出展しました。イスラエルは、パレスチナを占領し、ガザ地区の封鎖を続
け、ヨルダン川西岸地区では「入植地」という名の植民地を拡大していま
す。ガザへの空爆や地上戦を繰り返し、多くの市民を殺傷してきました。
 戦争犯罪を続ける国と武器を共同研究するという信じられない話が、今
なぜ浮上しているのでしょうか。

 2014年4月1日の安倍政権による武器輸出禁止三原則の撤廃以降、日本は
急速に「死の商人国家」「戦争を欲する国」へと変わりつつあります。
 武器輸出を止め、日本版「軍産複合体」を作らせないために市民にでき
ることは何か。東京で武器輸出反対に取り組む杉原浩司さんとともに考え
たいと思います。

<平和をめざす朗読集団 国境なき朗読者たちが贈る朗読劇> 
 【 The Message from Gaza ガザ 希望のメッセージ 】
日時 (1)2月18日(土)18:30開演(17:30受付開始 18:00開場 20:30終演)
   (2)2月19日(日)14:00開演(13:00受付開始 13:30開場 15:45終演)
会場 神戸市勤労会館2階多目的ホール
詳細 http://shiminshakai.net/post/1905
by hiroseto2004 | 2016-12-05 09:08 | 反核・平和 | Trackback
広島ブログ

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

来週後半、4月21日に京都で、翌日22日に神戸で、武器輸出に関してお話
する機会を得ました。お近くの方はぜひご参加ください。

以下、2つの企画の案内を転送します。

----------------------------------



More
by hiroseto2004 | 2016-04-17 08:10 | 反核・平和 | Trackback
広島ブログ
【今夜】FFTV番組・防衛装備庁さっそく「死の商人」シンポジウム



More
by hiroseto2004 | 2015-11-10 20:39 | 反核・平和 | Trackback
広島ブログ
[転送・転載歓迎/重複失礼]

戦争法の「成立」後、調査したり集会などで学ぶ中で考えてきたことをま
とまって話す機会を得ました。なるべく実践的な問題提起ができればと思
っています。参加者の皆さんとの討論時間もしっかり取ります。ぜひご参
加ください。

<参考情報>
【メモ】戦争法の廃止に向けて求められること(杉原浩司) 
http://kosugihara.exblog.jp/21808019/

日米中枢で安保新機関 平時から自衛隊・米軍一体化(11月4日、東京)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015110490070049.html

日米「同盟調整メカニズム」設置 
自衛隊と米軍の連携強化へ 北ミサイルや大規模災害にも活用可能
(11月4日、産経)
http://www.sankei.com/politics/news/151103/plt1511030026-n1.html

安保法:成立1カ月 防衛省、拡大任務に慎重 参院選意識、新訓練先送り
(10月20日、毎日)
http://mainichi.jp/shimen/news/20151020ddm005010052000c.html

------------------------------------

<国連・憲法問題研究会講演会>

戦争法廃止への第2ラウンド
~立憲主義と民主主義の逆襲~
http://www.winterpalace.net/kkmk/

講師:杉原浩司さん(集団的自衛権問題研究会)

日時:11月14日(土) 午後6時半~9時

会場:文京シビックセンター5階会議室A
   (後楽園駅・春日駅)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html

参加費:800円(会員500円)

主催:国連・憲法問題研究会
連絡先 東京都千代田区内神田1-17-12勝文社第二ビル101研究所テオリア
TEL・FAX 03-6273-7233
http://www.winterpalace.net/kkmk/index.htm
email@theoria.info

 9月19日未明、戦争法=安保関連法の「成立」が参院本会議で強行され
ました。戦争法は昨年閣議決定された集団的自衛権「合憲」の解釈改憲を
法制化し、日本を「戦争する国」にするものです。
 戦争法は戦後歴代政権が踏襲してきた憲法解釈を根底から否定するもの
で、元最高裁長官・元法制局長官、多数の憲法学者などから「違憲立法だ」
という声が上がりました。
 どの世論調査でも約6割が戦争法に反対。国会審議で法案の問題点が明
らかになるにつれ、反対の声が強まり、新しい運動が次々と立ち上げられ、
国会前には連日数万人の人々が詰めかけました。
 しかし、安倍政権は「(憲法解釈の)最高責任者は私だ」、「国民には
いずれ理解される」と強行採決を行い、立憲主義・民主主義に真っ向から
挑戦しました。
 「法案成立」で戦争法の問題は終わりではありません。安倍政権は、来
春には戦争法を施行し、その発動を狙っています。
 集団的自衛権問題研究会ニュースレビューの編集長として、戦争法案の
国会審議をモニターしてきた杉原浩司さんに、国会審議から明らかになっ
た戦争法の問題点、廃止運動に問われることについて話してもらいます。

※杉原浩司(すぎはらこうじ) 
1965年生まれ。80年代半ばより市民運動に参加。PKO法反対、故・小田
実さんら阪神・淡路大震災被災者による住宅再建への公的支援を求める
「市民=議員立法」、ミサイル防衛反対運動などに関わる。この間、原発、
秘密保護法、集団的自衛権、武器輸出などへの反対運動を展開。集団的自
衛権問題研究会ニュースレビューの編集長として、戦争法案国会審議ダイ
ジェストをほぼ毎回発信。緑の党グリーンズジャパンの脱原発・社会運動
担当も務める。『宇宙開発戦争――〈ミサイル防衛〉と〈宇宙ビジネス〉
の最前線』(ヘレン・カルディコット他著、作品社、2009年)に「日本語
版解説」を執筆。

------------------------------------

◆こちらもぜひ事前登録のうえでご参加ください。

<「武器と市民社会」研究会 第41回会合>
「徹底討論 佐藤丙午vs.杉原浩司:日本の武器輸出と防衛装備庁の設置」
http://aacs.blog44.fc2.com/blog-entry-145.html

11月24日(火) 19時~21時(18時45分開場)
拓殖大学文京キャンパス F館301教室(丸の内線茗荷谷駅徒歩5分)
報告①:佐藤丙午(拓殖大学教授)
「防衛装備庁設立までの背景・経緯、同庁が目指す方向と諸課題」
報告②:杉原浩司(集団的自衛権問題研究会)
「防衛装備庁は「武器輸出庁」~その問題点は何か」
参加費:無料
【事前登録制】登録フォーム https://goo.gl/PuQFtZ (先着70人)
主催:「武器と市民社会」研究会

-----------------------------------

◆お時間ある時に視聴を!

10月27日に開催した「「2015年安保」の意味と課題~戦争法廃止に向けて」
の動画アーカイブ(佐藤秀明さん撮影)です。
<前半>
・白川真澄さんの問題提起(2.50~50.25)
・杉原のコメント(50.40~1.07.40)
http://ja.twitcasting.tv/midorino_to/movie/211794802
<後半>、
質疑・討論(計1時間)です。
http://ja.twitcasting.tv/midorino_to/movie/211811582
http://ja.twitcasting.tv/midorino_to/movie/211819723


More
by hiroseto2004 | 2015-11-06 07:44 | 安保法案 | Trackback
広島ブログ
[転送・転載歓迎/重複失礼]

武器輸出や「防衛装備庁」について全く逆の立場にある二人が討論する珍
しいイベントのご案内です。佐藤丙午(へいご)さんは、後ろの参考資料に
ある報告書を出した「防衛装備・技術移転に係る諸課題に関する検討会」
のメンバーの一人でもあります。
http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/meeting/sobi-gijutsuiten/gaiyo.html




More
by hiroseto2004 | 2015-10-30 02:38 | イベント情報 | Trackback
広島ブログ
[転送・転載歓迎/重複失礼]

なお、維新の党は明日29日(月)に「独自案」の協議を与野党に呼びかけ
るとのこと。30日(火)の執行役員会での正式決定の前日に、何を急ぐ必
要があるのでしょうか。

27日に渋谷ハチ公前で行われた「SEALDs」呼びかけの戦争法案反対街宣に
は、維新から初鹿明博議員が参加し発言しました。ご存知の通り、維新は
一枚岩ではありません。市民の声を届け続けることが必要です。

与党に協議呼び掛けへ=安保対案、29日に骨格説明-維新
(6月26日、時事)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015062600900

【参考】
戦争法案反対を訴える若者が渋谷をジャック!
「SEALDs主催 戦争法案に反対するハチ公前アピール街宣」(IWJ)
https://www.youtube.com/watch?v=hAJA9l8H0Uc&feature=youtu.be

-----------------------------------

みなさま
秘密保護法を考える市民の会の満田です。
自民党による違憲を訴える学者無視、メディアへの威嚇、沖縄への信じら
れないような侮蔑といったありえない状況が続いています。
だまってはいられません。
私たちの声を可視化していくことがますます重要になってきています。

5回目になりましたが、渋谷ハチ公前で街宣をやります。
目的は、行きかう人たち、とくに若い世代の人たちに、「安保法制、たい
へんなことらしい。自分たちにふりかかってくることらしい。そういえば、
報道でもやっていたな」と思ってもらうことです。
リレースピーチ、国会中継、展示、チラシ配りなどをやります。
毎回、関心がたかまっている手ごたえを感じています。
(先週は、足をとめた人の中にも、スピーチをしてくれた人がいました。)

その場にいてくださるだけでも力になります。ぜひご参加ください!

【安保法案国会審議中~渋谷街宣(5回目)】
◆日時:6月29日(月)19時00分~20時30分
◆場所:渋谷ハチ公前
◆雨天中止
◆リレースピーチ:
杉原浩司さん、青木一政さん、武井由起子さん(調整中)など

◆主催:秘密保護法を考える市民の会
◆問合せ 090-8116-7155 阪上まで

※以下、杉原浩司さんからの呼びかけです。重要です。ぜひアクションを!
維新の党議員に「対案でなく廃案を!」の声を届けよう!
(維新の国会議員のファックスリスト付)
http://kosugihara.exblog.jp/21351280/

※維新の党は30日(火)の執行役員会で「独自案」の正式決定を目指して
います。維新は世論の動向を見ています。市民の意思を可視化させましょ
う。ぜひとも週末の宿題に。

維新 安保法案の独自案判明(6月18日、テレビ東京)
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/mplus/news/post_92073

自民・維新に問う~維新の安保法制対案(6月24日、プライムニュース)
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html?d150624_0
※維新「独自案」策定の責任者である小野次郎議員が出演



More
by hiroseto2004 | 2015-06-29 00:54 | イベント情報 | Trackback
広島ブログ


東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党・脱原発担当)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

昨日8月26日、溜池山王の貸会議室で開催された「核燃料施設等の新規制
基準に関する検討チーム」会合を傍聴しました。パブリックコメントの結
果・回答の報告と議論が行われました。

パブコメで提出された意見は、①使用済燃料再処理施設・核燃料加工施設
・試験研究用等原子炉施設の新規制基準骨子案及び核燃料物質の使用施設
の新規制基準のの考え方(案)についてが546通。②使用済燃料貯蔵施設・
第二種廃棄物埋設施設・廃棄物管理施設の新規制基準骨子案についてが
152通。あわせて、パブコメの意見総数は698通だったそうです。配布資料
3セットを重ねると厚みは2.5cmにもなりました。

残念ながら、傍聴者のほとんどは記者や電力関係者。市民の傍聴が極めて
少なく、緊張感の乏しい中、「意見に対する回答になっていない部分がい
くつかある」「木で鼻をくくったような回答は改めてほしい」等の内輪の
議論的なやり取りが何度かありました。内容に関するやり取りもありまし
たが、何しろ当日になって分厚い資料が配られているため、検討チームの
「有識者」もなかなか意見が出しづらい様子でした。座長の更田豊志委員
が「次の会議(9月2日午前予定)で一気に意見を出されても、事務局がパ
ニックになるので、次回会合でというより、それまでに追って意見を出
してください」と発言し、傍聴者から、「会議の中できちんと出して議論し
てください」とたしなめられる始末。

私もまだきちんと回答を見切れていません。とりわけパブコメを出された
方は、ご自分の意見に規制委がどのように答えているか、しっかりとご確
認ください。なお、パブコメ手続きや六ヶ所再処理工場などに対する本質
的・根本的な批判については、資料1-11「その他のご意見及び回答」の部
分に多くまとめられているようです。

回答が不十分な場合(ほとんどそうだと思いますが)には、断固として抗
議と改善を求める声を届けていきましょう(電話やファックス、メール等で)。
この骨子案の段階で、少しでも必要な修正をさせておくことが重要です。
特に、危険な六ヶ所再処理工場の稼働を許すわけにはいきません。監視を
強めていきましょう。

なお、次回の会合は9月2日(月)の午前に行われ、引き続きパブコメへの
対応が議題となります。この日で骨子が確定されることが濃厚です。再稼
働に向けた適合性審査会合(火、水、木)をはじめ、規制委は連日の会議
三昧。市民がついてゆくのは本当に大変ですが、要所できちんと意思表示
していくことが大切だと思います。本来、再稼働審査や規制基準作りを中
止させ、汚染水対策など事故収束に専念させるべき段階です。可能な方は
傍聴や働きかけをお願いします。簡単ながらご報告まで。

【抗議・要請先】
原⼦⼒規制庁 技術基盤課 制度担当
(TEL) 03-5114-2109
(FAX) 03-5114-2177
(E-mail) seido_kaigi@nsr.go.jp

第17回核燃料施設等の新規制基準に関する検討チーム・配布資料
http://bit.ly/12Eb48b

「使用済み燃料再処理施設」の新規制基準骨子案への意見と回答
<設計基準>
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/kaku_shinkisei/data/0017_02.pdf
<重大事故対策>
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/kaku_shinkisei/data/0017_03.pdf

その他のご意見及び回答(使用済燃料再処理施設など)
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/kaku_shinkisei/data/0017_11.pdf

検討チーム会合の動画アーカイブ(規制委ホームページ)
http://bit.ly/1djrppG

つづきはこちら
by hiroseto2004 | 2013-08-27 06:51 | エネルギー政策 | Trackback
東京都議会議員選挙、民主失神KO負け【随時更新】

東京都議選は6月23日、執行されました。

自民党 59
公明党 23

共産党 17
民主党 15
みんなの党 7
生活者ネット 3
維新の会 2
無所属1

自民、公明は圧勝。立候補者全員が当選しました。
自民党は港区では二議席を独占しました。中央区や千代田区など前回議席を失った選挙区でも回復。

民主党は改選前の48議席から三分の一未満に激減する「失神KO負け」です。
文京区、港区、新宿区、品川区、杉並区など多くの選挙区で議席を失いました。

共産党は8議席から倍増し、2005年、2009年の水準も上回りました。
文京区などで議席を奪還。豊島区でも25歳の女性候補が定数3の選挙区で滑り込みました。

みんなの党は躍進したが、維新の会は現有議席も下回る大惨敗でした。

生活者ネットは事実上の現状維持でした。

緑の党・グリーンズジャパンは中野区で杉原こうじさんを擁立しました。
一方で都議選で生活者ネットを推薦し、生活者ネットにはすぐろ奈緒・田口まゆ両候補を推薦してもらう協定を結んでいます。

杉原さんは、告示1週間足らず前の立候補決定で時間はありませんでした。得票率は2.9%。
供託物没収点は上回りました。しかし、当選には及びませんでした。杉原さん、皆様お疲れ様でした。

一方で、緑の党グリーンズジャパンとともに即時原発ゼロを明確に訴えている共産党は躍進しています。

このあたりも含め、緊急に総括をして参院選に活かしてまいります!
by hiroseto2004 | 2013-06-24 06:47 | 選挙 | Trackback
広島ブログ

[転送・転載歓迎/重複失礼]

5日(火)午前に行われた「名雪事件」の緊急署名提出と交渉についての
阪上武さん(フクロウの会)による報告と呼びかけメールを併せてご紹介
します。提出と交渉には私(杉原さん)も参加しましたが、出てきた規制庁官僚の態度
は横柄そのもの。重大スキャンダルを引き起こしたことへの反省のかけら
もありませんでした。自浄能力まったくなし。第三者機関による調査とそ
れが終わるまでの新安全基準骨子策定の中止を、がんがん要求していきま
しょう。

【IWJによるUstream中継アーカイブ】 この態度!ぜひご覧ください。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/56394
★なお、8日(金)13:30~16:30には原子力規制委員会の新安全基準検
討チームの「有識者ヒアリング」が行われます。本来なら基準骨子案のと
りまとめの前に開くべきものでした。国会・政府事故調、航空機安全、福
島、の各専門家から意見を聞くとのこと。こちらもぜひ傍聴しましょう。
(事前申し込みは前日7日(木)の正午までとなっています)
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/shin_anzenkijyun/data/0014_00.pdf

---------------------以下、転送-------------------------

みなさまへ

本日、名雪事件で署名提出と交渉を行いましたが、規制庁は一個人の軽率な行動
で済ませ、真相解明すら行う姿勢はありません。基準策定も立ち止まるつもりは
なく、暴走状態が続きます。明日(6日)の原子力規制委員会で、地震・津波の
新安全設計基準、シビアアクシデント基準を含む新安全基準について、骨子案
を確定し、パブコメを始めようとしています。

◆原子力規制委員会の傍聴に行きましょう!
 明日(6日)の原子力規制委員会は10時半~12時です。登録の受付は今日12時で
終わっていますが、当日行って身分証を提示すれば入れます。傍聴に行ってプレ
ッシャーをかけましょう。

◆パブコメワークショップに参加を!
 明日(6日)の夜18時~20時、参議院議員会館でパブコメワークショップを開催し
ます。パブコメなんかやってる場合じゃないだろう!というものも含めて、バンバン
意見、疑問を出しましょう。よろしくお願いします!
http://kiseikanshishimin.jimdo.com/%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/#002

----------------------------------------------

みなさまへ

本日10時より、名雪審議官が日本原電に敦賀原発活断層調査をめぐる公表前の文
書を渡していた問題について、緊急署名提出と政府交渉がありました。

福島みずほ議員(社民党)、平山誠議員(みどりの風)が参加されました。市民
側は、美浜の会、グリーン・アクション、原子力規制を監視する市民の会のメン
バーが参加。政府側は、原子力規制庁総務課課長補佐(総括担当)の金指壽氏が
対応しました。

署名は36時間の超緊急署名でしたが、3602筆が集まり、冒頭提出しました。その
後、名雪事件について、やりとりがありました。

◆原電は、名雪審議官と8回会ったということが新聞でも報じられています、そ
の内容について質しました。規制庁は、8回会っていたということを含めて把握
いていないし、把握するつもりもない。内規ではもっとも重い訓告の処分をくだ
しているのでその必要はないと回答しました。

◆問題の資料は原電が要求したのか、それとも名雪氏が渡したのかについては、
渡した事実を確認すれば十分だ、アポをとって審議官室で会った、資料は審議官
室にあったとの回答、もし原電側が要求し、それに対する見返りがあれば大問題
なので調べる必要があると、再三詰め寄ったのですが、回答は変わらず、再発防
止対策の検討を行っていると繰り返していました。

◆儀礼的挨拶の実態について調査したのかについては、過去について把握するす
べがないと。しかし、来客リストなど記録があるはずで、これについては資料開
示を行うことにしました。

◆名雪氏が原電と会った翌日に、不自然にも告白をしている件については、翌日
になって、儀礼的挨拶の範囲を超えたため記録が必要だと思い、記録をつくって
いるうちに資料を渡したことが問題だと認識し、告白したとの説明でした。なぜ
渡した時にそう思わなかったのでしょうか。

◆また、原電に会ったのが1月22日、23日に告白していたのに公表が2月1日と遅く
なった件については、調査と処分の決定に時間がかかった、規制委員長には適宜
報告しているとの回答、しかし一人の聞き取りに1週間もかかるはずはなく、再稼
働の新安全基準の骨子案の目処が立つのを待った疑いが残ります。

◆最後に、大飯原発の破砕帯で、規制委員会の検討が行われる直前に、地域安全
統括管理官と大飯原発規制事務所所長が関電の大飯原発所長と会っていた件につ
いて、公表されている記録では、意見交換としかなく、内容が不明である点を質
しました。これについては、検査官事務所に電話して確認することを約束しまし
た。

規制庁は、再発防止や信頼回復と繰り返し言いながら、それに不可欠なはずの今
回の名雪事件の真相解明、さらには規制庁幹部と電力幹部との秘密裏の情報交換
の実態について、解明する姿勢がまったくみられません。規制庁に対する不信を
ますます高める結果となりました。交渉後、追加の質問を出すことと、超党派の
議員で、再度の交渉を含め、継続してこの問題を取り組むことにしました。

******************

追加質問事項
・今日提出した緊急署名にある要請項目4項目について回答すること
・原電と8回会った会合について調べて公開すること
・なぜ破砕帯の未公開資料を渡したのかその理由を明らかにすること
・原電が自ら要求した語っているが真相はどうか
・儀礼的挨拶等面会の記録(来客リスト)を公開すること
・儀礼的挨拶の位置づけを明らかにすること
・大飯の意見交換について、検査官事務所に電話して確認するということだがそ
の結果について明らかにすること

**********************
規制庁の原子力ムラ体質は許せない!緊急署名

◇敦賀原発の断層調査情報提供は 原子力事業者への利益供与
◇名雪事件の真相と、規制委員会としての責任を明らかにするよう求めます
◇名雪氏が関与した再稼働のための新安全基準策定作業の中止を!
**********************

原子力規制委員会委員長 田中俊一 様

要 請 事 項

1,名雪元審議官が関与した敦賀原発の断層調査情報提供事件に関して、原子力
規制委員会として責任を明確にすること。そのために第三者機関を設置して、調査
し公表すること。

2,規制委員会・規制庁と原子力事業者との「あいさつ」「面談」について
・これまでの「あいさつ」「面談」の詳細資料を公開すること。
・「あいさつ」も含めて、原子力事業者との面談については詳細な議事録や録
音・録画を公開し可視化すること。

3.名雪元審議官が関与した、「地震・津波の新安全設計基準」、「再稼働の新
安全基準」骨子の策定作業を全て中止すること。 新安全基準策定等の各種検討チー
ムの委員について、利益相反が明確な委員を解任すること。批判的専門家等を採
用して議論をやり直すこと。電中研の職員・OB等の意見を参考意見として採用
することをやめること。

原子力規制を監視する市民の会
グリーン・アクション
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)

[署名の趣旨]
今回発覚した、名雪元審議官による日本原電への敦賀原発断層調査の情報提供は、
原子力事業者への利益供与に他なりません。中立性と独立性を謳う原子力規制委
員会の事務局でこのような事件が発覚したことは、いまだ、原子力ムラの体質が
なんら変わっていないことを端的に示すものです。

2月1日の原子力規制庁の森本次長の緊急記者会見では、今回の事件の真相は全
く明らかになっていません。規制庁は、名雪元審議官がなぜこのようなことを行
ったのかも調べず、日本原電への調査さえ行わず、名雪氏個人の「内規違反」に
とどめようとしています。他方、日本原電は同日の記者会見で、昨年12月から
名雪氏と5回「面会」したと発表していますが、その内容も闇の中です。
 このような中で、原子力事業者への利益供与は本当に今回だけだったのかとの
不審が大きくなっています。事件の真相を明らかにし、規制委員会としての責任
を明確にすべきです。今回の事件を含め、原子力事業者への利益供与等の実態を
解明するために、第三者機関を設置し、調査内容・結果を公表すべきです。

今回の事件は「儀礼的あいさつ」という名目で、しかし実態は電力会社に未公表
の資料を提供するという密室から始まりました。まず、これまでの「あいさつ」
「面談」の詳細な資料を公開するべきです。さらに、今後このような不正をなく
すためには、少なくとも、「あいさつ」も含めた原子力事業者との面談について
は詳細な議事録や録音・録画の公開等で可視化し、社会的監視が実行できるよう
にするべきです。
規制委員会ホームページに掲載されている「面談」資料では、内容が全く分かり
ません。例えば、1月16日14時から行われた大飯原発断層調査の第3回評価
会合直前の、13時20分から、大飯原発内で大飯発電所長との面談を行い、
「各電所で行われている破砕帯等調査について意見交換を行った」とだけ記載さ
れています(※1)。これでは面談の内容が確認できません。

さらに、名雪氏は、大飯・敦賀・東通の活断層調査、地震・津波の新安全基準策
定に直接関与し、審議官という重責にありました。1月22日に情報提供を行い、
そのことを翌日23日には規制庁が把握していながら、事件の公表は10日後の
2月1日です。これは、再稼働のための新安全基準骨子案の議論を済ませてしま
うまで、意図的に事件の公表を遅らせたとしか考えられません。名雪氏が基準骨
子案の策定に関与し、規制庁としてそのことを隠蔽してきたことからして、新安
全基準の策定作業は全て中止すべきです。6日の原子力規制委員会本会議で、
「地震・津波の新安全設計基準」と「再稼働の新安全基準」の骨子案を確定し、
わずか2週間のパブコメを実施しようとしています。骨子の策定作業を全て中止
すべきです。

また、新安全基準策定等の各種検討チーム等の委員について、利益相反が明確な
委員を解任し、批判的専門家等を採用して議論をやり直すべきです。電中研(電
力中央研究所)の職員・OB等の意見を参考意見として採用することもやめるべ
きです。

(※1)
http://www.nsr.go.jp/disclosure/meeting_operator/data/20130116_01giji.pdf



「市民ひとりひとりがつくる政治」をめざす「さとうしゅういち」。そのさとうしゅういちの活動を市民の皆様おひとりおひとりのお志でお支えください!

郵便振替口座
01330-0-49219
さとうしゅういちネット

広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一


投票率70%で福山を変える会
原子力規制庁の八百長を許さない!交渉報告_e0094315_1311217.gif

福山市長選挙は8月5日投票。市長候補を全国公募!
市民の知恵が生きる福山市政。未来に希望が持てる福山市政を!

緑の党・ひろしま
http://blogs.yahoo.co.jp/greenshiroshima


■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■2012年7月28日、「緑の党」が結成。2013年夏の参議院選挙に挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html

■ 振込口座

郵便振り込み(ゆうちょ銀行)口座
  【口座番号】00100-9-262967
  【口座名称】緑の党

*一般金融機関からゆうちょ口座へお振込みの場合
  【口座種別】当座預金
  【店名】〇一九(ゼロイチキュウ:店名の読み)
  【口座番号】262967

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




原子力規制庁の八百長を許さない!交渉報告_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

原子力規制庁の八百長を許さない!交渉報告_e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195




乳がん患者友の会きらら


中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
原子力規制庁の八百長を許さない!交渉報告_e0094315_14434959.jpg


京野公子がんばれ!

NPO法人 リボン運動 がんの薬を普及する会

by hiroseto2004 | 2013-02-06 04:50 | エネルギー政策 | Trackback
----------------≪転送・転載歓迎/重複深謝≫--------------

<国連・憲法問題研究会 講演会>

全ての原発の再稼働を止めるために

【講師】
杉原浩司さん(福島原発事故緊急会議、みどりの未来)

【日時】
3月15日(木) 午後6時半~

【会場】
東京・文京シビックセンター5階会議室A
(後楽園駅・春日駅・水道橋駅)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html

【参加費】 800円

■3・11大震災・原発事故の発生から1年が経ちました。チェルノブイリ原
発事故に匹敵するレベル7の巨大事故となった東電福島第一原発事故
は依然収束していません。事故によって、16万人を超える避難者=「原
発難民」が故郷からの避難を強いられ、帰還の目処が立っていません。
野田政権の「12・16収束宣言」は補償をケチるためのウソに過ぎません。

 しかも、これほどの大事故を起こした東電をはじめとする政財官学マ
スコミなどの「原子力ムラ」の面々は、誰一人引責辞任もせず、刑事責
任も追及されていません。被害者・避難者への補償も、いまだ満足に
行なわれていません。放射能=汚染物質をばら撒いた汚染発生源=
東電は責任を取るどころか、「除染」を住民・自治体に押し付けています。
 それにもかかわらず、野田政権は原子力延命のために、ヨルダン、ベ
トナムなどへの原発輸出を進め、定期検査で停止している原発の再稼
働をめざしています。

 「3・11」は日本社会が変わらなければいけないことを示しました。脱原
発社会の実現によって、地方に犠牲を押しつけ、原子力ムラが利益を
独占する経済・社会のあり方、「責任を取らない政治」が蔓延する政治
のあり方を変えなければなりません。
 既に日本の原発54基の内、稼働しているのは2基に過ぎません。5月
上旬には稼働原発がゼロになるため、野田政権は再稼働を実現しよ
うと躍起になっています。

 この間、福島原発事故緊急会議のメンバーとして、ストレステスト意見
聴取会の傍聴など再稼働反対に取り組んできた杉原浩司さん(みどりの
未来・脱原発担当)に、原発再稼働問題の現状、脱原発実現への課題
について話してもらいます。

杉原浩司(すぎはらこうじ)。福島原発事故緊急会議、みどりの未来など
で活動。著書に『核軍縮・平和2011』(共著、高文研)、『宇宙開発戦争』
(作品社)に日本語版解説を執筆。

【主催】 国連・憲法問題研究会
東京都千代田区富士見1-3-1上田ビル210 工人社気付
TEL:03-3264-4195 / FAX:03-3239-4409
http://ameblo.jp/kkmk-blog
http://www.winterpalace.net/kkmk/
peaceberryjam@gmail.com


<国連・憲法問題研究会 報告第52集>
放射能「安心」報道を読み解く
影浦 峡
◎定価1冊 500円(送料80円)
http://ameblo.jp/kkmk-blog

■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




本日18:30-<国連・憲法問題研究会 講演会>全ての原発の再稼働を止めるために_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

本日18:30-<国連・憲法問題研究会 講演会>全ての原発の再稼働を止めるために_e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



本日18:30-<国連・憲法問題研究会 講演会>全ての原発の再稼働を止めるために_e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
本日18:30-<国連・憲法問題研究会 講演会>全ての原発の再稼働を止めるために_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2012-03-15 06:51 | エネルギー政策 | Trackback