人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

タグ:東京都知事選挙 ( 79 ) タグの人気記事

山本太郎が立候補表明。でも#宇都宮けんじを支持します
宇都宮けんじのコアなファンは、2014年には細川さんを支援する反原発重視の年配極左の方々らから
おりろといわれ、2016年には野党共闘推進派からおりろといわれた経験があり、山本太郎に意外と
寛容なようです。
このまま出るなら、山本太郎には過激に?五輪の中止を軸に小池現知事を批判する役回りを演じてくれればいい。
とはいえ、やはり、最終的な支持は宇都宮けんじに集中させましょう。
告示ぎりぎりで、たとえば、宇都宮けんじマニフェストにしっかり五輪の中止を明記することで山本
が宇都宮けんじを推すという展開への希望も捨てないでおきたい。
フランスみたいに決選投票制度があれば面白いのですが、そうではない以上、都政に集中して
とりくんできた宇都宮に票を。
とはいえ、新自由主義派も小池現知事、維新推薦の熊本県の元副知事、ホリエモンと、
票が3分裂しそうだ。宇都宮に勝機がないわけではないとおもう。
また、他候補がパフォーマー系?なので、地味なイメージの宇都宮がかえって浮かび上がる
展開もあるでしょう。

宇都宮けんじの決意表明は以下

決意表明:東京都知事選出馬にあたって

2020年5月27日 宇都宮けんじ

  • 今回の都知事選で問われているもの

都民の生存権がかかった選挙である~都民一人ひとりの雇用を守る、営業を守る、住まいを守る、生活を守る、命をまもる~。

  • 緊急の3課題

1.新型コロナウイルス感染症から都民の命を守る医療体制の充実と自粛・休業要請等に対する補償の徹底
(1)PCR検査態勢充実
(2)病院や保健所、医療従事者に対する財政支援の強化
(3)病床、人工呼吸器・ECMO(人工肺装置)・マスク・防護服などの医療器具の充実
(4)自粛・休業などにより収入が減少した中小事業者に対する補償、仕事を失ったり収入が減少した非正規労働者、フリーランス、学生などに対する生活補償を徹底して行う。
2.都立・公社病院の独立行政法人化を中止するとともに、これまで以上に充実強化を図る。
3.カジノ誘致計画は中止する。

  • 重視する8課題

1.学校給食の完全無償化~子どもの貧困をなくす。
2.東京都立大学の授業料を当面半額化し無償化をめざす~誰もが学べる東京を実現する。
3.都営住宅の新規建設、家賃補助制度・公的保証人制度の導入、原発事故避難者に対する住宅支援~住まいの貧困をなくす。
4.公契約条例の制定、非正規労働者を減らし正規労働者を増やす~働く者の貧困をなくす。
5.災害対策(防災、減災、避難者対策など)を強化する~自然災害から都民の命と財産を守る。
6.道路政策(外環道、特定整備路線、優先整備路線)を見直す~地域住民の意見に耳を傾ける。
7.羽田空港新ルート低空飛行の実施に反対する~都民の命と暮らしを守る。
8.温暖化対策(CO₂の排出削減、自然再生エネルギーの充実など)を抜本的に強化するとともに緑と都市農業を守る~地域環境、自然環境を守る。

山本太郎の政策は以下

【東京都8つの緊急政策】

① 東京オリンピック・パラリンピック中止
世界各国のコロナウィルスの感染状況を鑑みれば、来年の五輪開催は不可能。五輪開催にしがみつけば、第2波、3波への正常な判断が行えず、コストも余分にかかる。開催都市として、ハッキリと五輪中止をIOCに宣言。

② 総額15兆円で、あなたのコロナ損失を徹底的に底上げ
■まずは全都民に10万円を給付。
■授業料1年間免除。(高校・大学・大学院・専門学校等)
■中小企業・個人事業主の前年度事業収入と今年度事業収入のマイナス分を補償。
■病院を潰さないため、減収に対し、災害時と同様に前年度診療報酬支払額を補償。
■第2波、3波を考えれば再び「補償なき自粛」が行われる恐れがある。その際には、全都民に10万円給付。全事業者へ簡単なWEB申請で受け取れる「まずはサッサと100万円」を支給。中小企業・個人事業主に対し無利子・無担保・繰延可能の融資。全世帯の水光熱費を1年間免除。医療従事者やエッセンシャルワーカーへ日額2万4千円の危険手当を支給。「スピード感」ではなく、「スピード」を重視。

③ 都の職員3000人増員 ロスジェネ・コロナ失業者に職を
誤った政治の犠牲となったロストジェネレーション世代を中心に、コロナ不況で職を失った人々に安定した職を。何度でも人生をやり直せる東京を。

④ 低廉な家賃で利用できる住宅を確保 「住まいは権利!」を東京から
都営住宅の空き部屋4万戸に加え、都内の活用可能な空き家69万戸、共用住宅空き部屋41万室の中から都が必要な分を借り上げ、低廉な家賃で提供。

⑤ PCR検査・隔離・入院体制を拡充 都立病院の独立行政法人化は中止
都立病院の独立行政法人化は中止。保健所の予算と人員増、PCR検査・隔離・入院体制を拡充。医療者はもちろんのこと、バス・タクシードライバー、駅員、保育・介護職等のエッセンシャルワーカー、濃厚接触者、コロナウィルス感染の疑いのある者が、優先的に検査できる体制の構築。

⑥ 首都圏直下地震・大水害から都民を守る
東京防災庁の設置。(防災に関する専門機関) 全国の防災・災害支援の専門家の積極登用を行い、現実的な各地域の地区防災計画を作成、実行する。地域の命を助け合う仕組みをつくる「地域防災アドバイザー」を1000人単位で任用。

⑦ 障がい者のことは障がい者で決める東京
都の障がい者政策部局の責任者に障がい当事者を立て、審議会等の政策決定の場には必ず障がい当事者を半数以上とし、個々のニーズや障がいにあった十分な介護を保障する東京に。フルインクルーシブ教育の実現。

⑧ 保育所・特養の増設 介護・保育職の処遇大幅改善
待機児童・待機高齢者をなくすため、施設建設と人員を増やすことが必要。全産業平均並みの給与を介護・保育職に保障。

山本太郎 東京特設サイトより↓
https://taro-yamamoto.tokyo/policy/


by hiroseto2004 | 2020-06-15 19:22 | 東京都政 | Trackback
都知事選挙に仏大統領選を当てはめると・・宇都宮けんじさんが強行立候補したら、今頃「増田知事」だったろう

小池=マリーヌ・ルペン
櫻井誠=父ルペン
増田=フィヨン
鳥越=マクロン(=ヒラリー)
宇都宮=メランション(=サンダース)

という感じでしょう。
(アメリカのトランプは、二大政党の下で、ルペン的なコアな支持者と、共和党だからということで嫌々投票したフィヨン的な親グローバリズムの保守票を固めた、と言えるでしょう)。

仏大統領選挙一回目の投票ででルペンが一位になれなかったのはメランションが反新自由主義グローバリズム票をかっさらい、ルペンへの刺客となってしまったから。

このことを都知事選挙に当てはめるとどうなるか?
結果論だが、宇都宮けんじさんが強行立候補したら、「増田知事」だったと思う。

もし、宇都宮立候補なら、最初の世論調査結果は以下になる。

鳥越リード、小池・増田追う
(史実は小池・鳥越先行、増田追う)

史実では小早川秀秋のように日和見していた自民党の地方議員や支持者が、小池にこっそり票を回し「自民党都政」護持に回った。しかし、鳥越リードで小池、増田が追う展開なら、日和見議員たちは増田に肩入れする。

その結果、中盤では以下になるだろう。

鳥越、増田が接戦、小池が追う。
(史実は小池先行、鳥越、増田が追う)

そして、文春による鳥越スキャンダルと、もう一人劣勢の小池スキャンダルも暴露されたかもしれない。

ここまでくると「連合」も、東電つながりで、増田にこっそり票を回すのではないか?

最終的には
1位 増田 2位鳥越 3位小池 4位宇都宮 となる。宇都宮もそこそこ(前回の田母神閣下並み)善戦する。供託金は帰ってきそうな気がする。ただし、市民運動に分裂は残る。

増田知事は、自公の圧倒的な議席を背景に安定政権。石原慎太郎のような問題発言はないだろうから、鈴木俊一みたいな感じの都政の展開が予想される。

小池知事みたいに野党支持層を切り崩す能はないので、民進党が今頃窮地に追い込まれることはないのではないか?

by hiroseto2004 | 2017-04-25 12:44 | 東京都政 | Trackback
1991年都知事選挙

1 ■鈴木俊一 無所属 現 2,292,846 49.94%
2 ■いそむら尚徳 無所属 新 1,437,233 31.31% 自民・公明・民社・連合東京
3 ■畑田重夫 無所属 新 421,775 9.19% 共産系
4 ■大原みつのり 無所属 新 290,435 6.33% 社会党系

2016年都知事選挙
1 ■ 小池百合子 無所属 新 2,912,628 44.49%
2 ■ 増田寛也    無所属 新 1,793,453 27.40%
3 ■ 鳥越俊太郎 無所属 新 1,346,103 20.56% 

1991年の都知事選挙は、現職の鈴木を当時自民党幹事長だった小沢さんや公明党本部が束になって磯村を擁立して引きずりおろそうとするも、鈴木に同情票が集まり、鈴木圧勝。

2016年の都知事選挙は先行して立候補表明の小池を自民党都連がいじめるイメージになってしまい、小池が圧勝。ただし、鈴木が現職だったが小池は新人だった分、得票率は低下。

革新系は、1991年の畑田+大原合計よりは2016年の鳥越の方が得票率を伸ばす。
1991年はやはり冷戦崩壊直後で、最も社民主義的なものに対する逆風がひどかった時代、ということが言える。




by hiroseto2004 | 2016-09-23 18:53 | 東京都政 | Trackback

東京都知事選挙、首長経験者は7連敗

東京都知事選挙は首長経験者はダメと言うジンクスが維持された。

阪本勝(兵庫県知事)、岩国哲人(出雲市長)、浅野史郎(宮城県知事)、吉田万三(足立区長)、東国原英夫(宮崎県知事)、松沢成文(神奈川県知事)、細川護煕(熊本県知事)、増田寛也(岩手県知事)、中川暢三(ちょうぞう)(大阪市区長、加西市長経験者)の各氏は全部落選だった。

今回の増田寛也については、わたしは、支持はしないけど、ゴール直前の直線であるいは、差しきるかと思ったが。

東京都と言うのも、寛容に見えて意外と異物を排除したがる「システム」なのかもしれない。

(敬称略)
ご指摘により、一部修正しました。


by hiroseto2004 | 2016-08-09 07:01 | 東京都政 | Trackback

7月の主なニュース

7月31日(日)
東京都知事選挙、「平成の四王天延孝」・小池百合子さんが新都知事に。

7月29日(金)
シリアで産婦人科病院誤爆

7月27日(水) 
トルコ・エルドアン大統領、報道機関に閉鎖命令

7月26日(火) 
相模原大虐殺。障害者施設で元施設職員・植松聖被疑者が衆院議長に予告の上、45人を襲撃し、19人死亡、26人負傷。

7月23日(土)
黒田博樹投手、日米通算二〇〇勝達成。

7月15日(金) 
トルコでクーデター未遂事件発生。

7月14日(木) 
東京都知事選挙告示。
フランスのニースでテロ事件(フランス版秋葉原事件)。イスラム過激派に傾倒した若者がトラックで暴走。

7月13日(水) 
英国でメイ首相就任。マーガレット・サッチャー以来二人目の女性首相。
広島地裁で四国電力伊方原発3号機の運転差止仮処分命令申立事件の第3回審尋

7月11日(月)
「日琉戦争(琉日戦争)」(第二次)が開戦。全国からの機動隊が高江への「侵攻」開始。

7月10日(日)
現行憲法での「対テロ戦争」戦時下初の国政選挙・第24回参院選執行。自民党は単独過半数に届かず。島尻沖縄担当大臣、岩城法相落選。

7月5日(火)

韓国ヒヤリM4.9地震,原発の対韓輸出も止めよ!


7月1日(金)
ダッカで日本人ら多数の外国人、ISに襲撃・殺害される。初の「戦地でない都市」で「日本人民間人」が「イスラム過激派に狙い撃ち」された「戦闘」。


by hiroseto2004 | 2016-08-08 19:54 | ニュース・雑感 | Trackback(1)
テレビ局は石田純一の言論の自由を守れへのご賛同のコメントありがとうございます!(5)

https://www.change.org/p/日本テレビ-石田純一の言論の自由を守れ
←引き続き、署名よろしくお願いします!

報道機関が言論を封殺してどうするか。
いみじくもジャーナリストとしての自覚があるのなら、言論の自由を護るよう求めます。


石田さんの発言の自由が奪われることを残念に思い、またそのような社会の空気感に危機感を覚えます。政治的な行動、発言をタブー視することを止め、表現の自由が守られることを望みます。


有名人はイメージがあるから、と言う人がいますが、その前に一人の意志と権利を持った人間です。
石田さんは悪いことをしていない。

石田さんが企業のイメージを下げたのではなく、マスコミが、石田さんすなわち企業のイメージを下げたのではありませんか?
石田さんは被害者。
賠償金求めるなんてとんでもない事です。


言論の自由は憲法で保証された権利です。職業によって発言が制限されるようなことはあってはならないと思います。


いつまでつまらない番組を作り続ければ気が済むのでしょうか。あなた方が相手にしているのはスポンサーですか政権ですか。このところのフジテレビの都議選お笑い番組はうんざりです。


ほんとTV離れ


表現を職業にしている人に対して「表現の自由」を保証する事は、此れから質の高い芸術、芸能作品を創って征く上で大変重要な事❗️


石田純一氏をみんなの想いで護らなきゃ!


貴方の勇気と憲法違反の安倍晋三のことは、決して忘れてません!


自己責任で、個人の行動を、TVが
とやかく制限できる権利はない! 個人情報の範囲。仕事を完遂すれば、誰に迷惑かけましたか? フジテレビは、安倍政権のそっくり省で、コピー人間ばかりですか? 十人十色、自由に発言できるのが、今の憲法ですよ。 右翼発言がOKであれば、正当なデモ行動で、市民発言もOKですよ。


芸能人でも、現政権寄りの発言をする場合には言論封じされることがない一方で、現政権寄りでない発言の場合だけこうも簡単に封じ込められるということは、言論の自由のみならず個人の尊厳すら守られていない証拠である。他人事ではない。


有名人が政治的発言を禁止されるなどということは、「言論の自由」を定めた憲法違反です。
言論弾圧と言われても仕方ありません。
実際政権に賛同する有名人はいくら声高に主張してもおとがめなしなのに、反体制を表明した者ばかりが制裁を受けているという非対称性にも、メディアの畏縮と忖度を感じます。
このようなことは健全な民主主義国家で起こってよいはずがありません。
メディアの皆さんは何のために放送があるのか、その意味を今一度よく考えてください。


ファシズムを防ぐために!


タレント・芸能人だからといって、社会的・政治的発言が出来ないというのは、思想信条の自由の侵害。
絶対に許されない。


国やマスコミに個人の意見を抑え込む権利はありません!


言論の自由が脅かされている。これはあかん。何の信条も持たずにどっち付かずの生き方をしろと?


大阪の朝日放送でレギュラー出演していた「おはよう朝日」も出演出来ない状態。社長は東京都知事選が終わるまでは見合わせると言っていますが、その後はどうなのでしょう。先進国では俳優が政治的立場を明らかにしても、何ら問題はありません。「中立」という名の「言論統制」はまっぴらです。


言論の自由を自ら放棄する自主規制。メディアの魂を捨てる行為はやめて欲しい。


現政権に対して都合のいい発言をする芸能人に対しては政治的発言を許し、そうではない芸能人の政治的発言を許さないのか?
これは、言論の自由を奪っているとしか思えず、本当に納得がいかないです。

by hiroseto2004 | 2016-08-05 20:12 | 憲法 | Trackback

■歴史は繰り返す 左翼の一部も「貢献」 小池都政誕生

・杉山元治郎
・河上丈太郎
・阪本勝

いずれも戦後の日本社会党の大物政治家で、1942年のいわゆる翼賛選挙では、翼賛政治連盟推薦で当選し、戦後に公職追放になった方々です。

杉山元治郎は戦後は衆院副議長、河上丈太郎は日本社会党委員長、阪本勝は兵庫県知事になっています。

何が申し上げたいかと言えば、戦時中という状況では、左翼の中でも、かなりの割合が国家主義に流れていくわけです。

東京都知事選挙では宇都宮健児先生の支持者の29%が小池百合子さんに流れたということです。




More
by hiroseto2004 | 2016-08-03 20:57 | 思想・哲学 | Trackback

増田・鳥越氏陣営、政党票を取り逃がす 参院選から大幅減


日本のいわゆるリベラル派の内部では大まかに言って「反戦・護憲、脱原発、反貧困」は共有されていると言って良いでしょう。

東京都においては、そうした有権者の「堅い基礎票」が200万人くらい。これは、大雪の中行われた前回の都知事選挙での宇都宮健児さんと細川護煕さんの票をたしあわせたくらいです。

それに連合東京(100万票)のうちの右派=約50万票(推定)をあわせると、おおまかな東京の野党の基礎票=約250万票になります。




More
by hiroseto2004 | 2016-08-03 16:46 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback
今回の東京都知事選挙は、はっきり申し上げて、以下のように総括できます。

・やっとのことで、民進党から共産党まで乗れる候補者を擁立するには擁立した。
・しかし、候補者の擁立だけで精一杯だった。
・政策や、候補者決定の透明性が不十分なまま公示を迎えた。
・こうしたことも背景に「右側」連合東京は鳥越候補を推薦せず、「左側」の宇都宮健児陣営も鳥越応援でまとまらず、小池候補に一部支持が流れた。
・このため、鳥越候補は前回の宇都宮健児さんの票は上回ったものの、宇都宮+細川の合計票を大きく下回った。

・小池候補は、先手必勝でかなり準備をしていたと考えられる。実質的には、小池候補が大きく先行し、そのまま逃げ切る選挙戦だった。
・清新イメージをうまく醸しだし、左翼票の一部も切り崩す形で大勝した。翼賛選挙での四王天延孝中将の全国最高点での当選を彷彿とさせた。

by hiroseto2004 | 2016-08-01 21:44 | 東京都政 | Trackback
 2015年1月に安倍総理がイスラエル国旗の前でイスラム国に事実上の宣戦布告をし、我が国が全世界において「イスラム国と戦争状態」に突入して以降では「初めて」となる東京都知事選挙は「平成の(女性版)四王天延孝」の小池百合子さんがゼロ打ちで当確となりました。

その勝因は何か?

歴史をひもとけばすぐにわかります。

1942年、第二次世界大戦中に行われた衆院選=「翼賛選挙」の東京5区で、四王天延孝中将は、翼賛政治連盟の推薦で全国最高点で当選しました。四王天延孝中将はユダヤ人陰謀論で有名です。いま、日本ではびこっている陰謀論もほとんど四王天延孝中将の著書が元ネタです。
https://ja.wikipedia.org/…/%E5%9B%9B%E7%8E%8B%E5%A4%A9%E5%B…









 

 


More
by hiroseto2004 | 2016-07-31 20:31 | 東京都政 | Trackback