人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:枝野幸男幹事長 ( 6 ) タグの人気記事

参院選はご承知のとおり、民主党は44議席しか獲得できず、大敗しました。

比例区では第一党を維持しました。しかし、致命傷となったのは、一人区です。8勝21敗という大惨敗に終わりました。

2007年の参院選では23勝6敗。

その分がほぼ議席の減少につながっています。

もちろん、選挙制度も問題はある。衆院選だったら一票の格差が小さいから、民主党が勝つだろう、というシミュレーションも出ています。小選挙区制は問題はあると思うのですが、それはそれとして、現行制度を前提として総括したい。

やはり、菅総理や枝野幸男幹事長は、都会派リベラルであって、地方に疎い。その弱点がモロに出たな、と感じました。

菅総理も枝野幹事長も貧困問題には関心はある。しかし、都会の貧困には関心はあるが、それが、地方の疲弊とつながっている辺りを捉えていないのではないか?

乱暴にいえば、地方で食えなくなった人が都会で派遣切りに今回あっている構図もあるわけです。

その辺を読めなかったことは、痛かったのではないか?と推測しています。

あと、社民党の連立離脱も痛い。2007年参院選、2009年衆院選では、地方では社民党員が民主党候補の選挙の中核を担っているケースも多かった。地方では、民主党より社民党のほうが、地方議員や活動家がおおい場所はごまんとあります。そうした中で、小沢さんを媒介して社民党と民主党が協力。圧勝した。

しかし、今回は、社民党との関係は悪化。社民党員がさほど民主党に御協力いただけなかった。仕方がないことです。

この点は、鳩山前総理のミスです。

一方で、小沢さんにも申し上げたいことがある。やはり、地方出身の新人議員にも、ベテラン議員よりも地方の実情に通じ、専門分野では優れている人は多い。そういう人を、もっと、鳩山政権時代に活用しておきたかった。

とにかく、代表選挙へ向け、皆で議論し、皆の能力を生かす民主党へ進化しなければなりません。

自民党政権は、一部のえらい人だけで物事を決めてきた。それを壊すのは大歓迎です。しかし、民主党の一部の幹部だけで、日本を動かすのは無理です。そこはしっかり認識し、新人議員も、一般党員も活躍できる「全員野球」の民主党にしましょう。

【追記あり】

【総括・参院選】総理がぶち上げるべきは消費税発言ではなく、政府紙幣発行だった

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




【総括・参院選】やはり地方一人区でつまづいた都会派リベラル執行部_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
【総括・参院選】やはり地方一人区でつまづいた都会派リベラル執行部_e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
【総括・参院選】やはり地方一人区でつまづいた都会派リベラル執行部_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2010-07-13 07:33 | 経済・財政・金融 | Trackback(1)
以下の声明が、このたび、枝野幹事長に提出されました。わたくし・さとうしゅういちも賛同しています。

共同声明「国会議員の定数削減に抗議する」
2010年7月1日現在の賛同者・団体(順不同、計298)

「平和への結集」をめざす市民の風では、共同声明「国会議員の定数削減に抗議する」を作成し、広く個人と団体に賛同を呼びかけることにしました。

期間が短くて済みませんが、賛同署名を8月11日まで1次集約し、総選挙の公示前に各党・メディアに届けたいと思いますので、よろしくお願いします。賛同署名はその後も9月30日(第2次集約)まで受け付けます。署名期間を当面延長しますので、引き続きよろしくお願いします。

賛同いただける場合は、下記事項をjoin@kaze.fmまでお知らせください。FAXの場合は、020-4666-8281まで。

共同声明「国会議員の定数削減に抗議する」に賛同します。

個人名(ハンドル名OK)または団体名:
肩書き:
お名前公表:可・不可

•これまでの賛同者・団体
•印刷用ファイル
 http://kaze.fm/documents/teisusakugen_seimei.pdf
[転送・転載歓迎]

共同声明「国会議員の定数削減に抗議する」
                                    

2009年8月4日
 民主党は、7月27日に発表した衆選マニフェスト(政権公約)のなかで、「ムダづかい」削減のために衆議院比例区議員の定数80削減を提案した。
 自民党でも、定数削減を政権公約にしている。

 しかし、国会議員の定数削減は、議会制民主主義のもとにおける有権者の多様な意思の表明を困難にし、民主主義の精神を踏みにじるものであり、我々はこの提案に強く抗議する。

1. 議会制民主主義のもとでは、広範な市民の多様な意思をできるだけ的確に議会に反映させること、従ってまたこのための仕組みが極めて重要である。

2. このためには、然るべき人数の議員が必要である。
 現在の衆議院の定数、480人は決して多すぎるものではない。
 現在の選挙制度が発足した時には500人であったが、その後削減されている。

3. ヨーロッパの主要国(独、英、仏、伊)では、人口は日本の2分の1から3分の2であるが、下院議員の定数は600人前後である。
 人口10万人当たりの定数は、独で0.74人、その他では1.0人前後である。
 これに対し、日本では0.38人と極めて少ない。

4. 米国の連邦下院議員定数は、435人と少ないが、独特の大統領制である、州の権限が強い連邦国家であるなど、政治制度が日本と著しく異なっており、比較の対象にするのは適切ではない。
 それでも、米国の議会予算は日本より大幅に多い。

5. 定数削減の目的は、これまで、民間のリストラ、国の行政改革に対応して、国会も人員、予算の節約を図る必要があるため、といわれてきたが、今回「ムダづかい」削減による財源確保が目的、とされている。
 しかし、国権の最高機関である国会の議員の在り方を、民間や一般公務員と同じように論ずることは基本的に間違っており、特に議員定数の一部を「ムダ」とみなしてその削減を財源確保の手段としていることは、到底容認できない。
 定数削減の結果、国会がまともに機能しなくなったら、民主主義が衰退してしまうことを無視している。

6. このような危険を冒してまで議員定数を削減しても、それによる予算節約はそれほど大きいものではない。
 国会の予算は、国会図書館を除くと約1,100億円である。(この他、政党助成費が321億円ある。)
 これは、一般会計予算の0.12%であり、この一部を削減しても予算の1万分の1から2程度である。       
 因みに、米軍へのいわゆる「思いやり予算」は2千数百億円に上る。また、F-15戦闘機は一機100億円、F-2は120億円である。
 もちろん予算節約の努力は必要であるが、他方、国会の基本的な任務遂行に必要な予算は、民主主義のコストとして負担すべきである。

7. 定数削減は、比例区の定数削減として提案されているが、この提案には、民意をより正確に反映する比例区の定数を削減し、最終的にはこれを無くして、完全な小選挙区制に変えてしまおうという意図が窺われる。マニフェストには「政権交代が実現しやすい選挙制度とする」と記されているからである。
 ただし、専門家によると、小選挙区制では政権交代が起きる可能性が高い、ということは明瞭とはいえない。

8.小選挙区制には問題があることは広く知られているにも拘わらず、選挙制度の在り方について公に議論しないまま、定数削減によって完全な小選挙区制へと実体を変えようということは、極めて不公正、不当な政策であるといわざるをえない。

9. 小選挙区、2大政党制は、統治する立場からは好都合といわれているが、市民の立場からは、多様な民意を的確に反映させることにはならず、不公正である。
 有権者の意思を的確に反映させるためには、少数政党への投票をも尊重する比例代表制を基礎とした制度が絶対に必要である。

10. このように大きな問題があるにも拘わらず、定数削減という方針が尤もらしく聞こえ、一定の支持を得ているのは、ろくに仕事をしない議員が多すぎる、世襲議員が余りにも多い、などのためであろう。
 この状況を改めるのは、定数削減ではなく、望ましくない議員を落選させ、真っ当な人物を選ぶことである。

11. 参議院議員の定数については、今回は触れない。参議院の在り方を議論する過程で慎重に検討すべきである。
 衆参合わせて何割削減などという粗雑な議論は、問題外である。

 以上の理由により、我々は国会議員の定数削減という政策の撤回を強く求める。

「平和への結集」をめざす市民の風
http://kaze.fm/
join@kaze.fm

以下の「きまぐれな日々」の
菅直人と小沢一郎の共通点は「小選挙区制・二大政党論者」
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-1088.html
という記事から引用します。

支持できるところのほとんどない自民党に、私がかすかな望みをかけているのはそこにあって、つまり、民主党の「衆院比例定数80削減」を阻止するために、地方の一人区で自民党が勝つことを私は容認しているのである。民主党に単独過半数を獲得させてしまったら、「衆院比例定数80削減」は実現してしまう。だから、3人区以上の選挙区や比例区で少数政党(たちあがれ日本、日本創新党や改革新党は除く)に頑張ってもらうとして、一人区での自民党復活さえ容認せざるを得ない気分になっているのだ。

あんな自民党なんかの一人区勝利を容認せざるを得ないような参議院選挙なんて、くそ面白くもない。こんなつまらない気持ちで国政選挙を迎えるのは、小泉自民党圧勝の予想で気分が真っ暗になっていた「郵政総選挙」の前以来のことである。


参考までに申し上げればわたしはどちらかといえば、「議員は増やして給料を減らす」論です。いろんな人に議員になってもらい、多様な意見を国会に上げていく。そのかわり、給料は今より少なくていい。

また、衆参両院の事務局は強化し、そのかわり行政部局は人員を減らす。それが「政治主導」の体制を整えることになる。

「政治主導」といいながら、議員を減らしたら、官僚をチェックするのが難しくなると思うのです。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




共同声明「国会議員の定数削減に抗議する」を枝野幹事長に提出_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
共同声明「国会議員の定数削減に抗議する」を枝野幹事長に提出_e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

by hiroseto2004 | 2010-07-02 22:01 | 選挙制度・政治改革 | Trackback
民主党単独で、こんな大事なことを決めていいのでしょうか?

ちょっと目を疑いました。

http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2010/news2/20100625-OYT1T00921.htm
枝野氏「過半数なら民主だけで衆院定数削減」

6月25日21時15分配信 読売新聞
 民主党の枝野幹事長は25日、参院選公約で掲げた衆院比例定数の80削減について、「参院でも過半数を頂ければ、民主党だけで議員定数を削減できる。臨時国会に法案を提出したい」と述べ、参院選の結果、民主党が参院の単独過半数を確保すれば民主党だけでも法改正に踏み切る考えを示した。

 福井県越前市内で記者団の質問に答えた。

 小選挙区についても、今年10月の国勢調査を受け、区割り見直しや定数問題が浮上する可能性があるが、枝野氏は選挙区については、「半年や1年という短期間で出来る可能性がない」と述べるにとどめた。


枝野幹事長に申し上げたい。あなたは、選挙制度の問題では15年前に一世を風靡した政治家から、進歩がないのではないか?(もちろん、企業団体献金を受け取らない、という姿勢は評価します。)

朝日新聞の参院選予測でも民主54程度、自民党は41程度。合計で95議席。
2007年参院選では二大政党は合計97議席、2004年は合計99議席でした。
二大政党に「小選挙区制で収斂させる」ことには無理がある。多様な民意をむりやり二つに収斂させることには無理がある。国民はある程度の政党多様化を求めている。「みんなの党」が主張の是非はともかく「ウケている」のもそういうことでしょう。

 今の民主党執行部の対応は、民意が多様化してきて、大政党の議席占有率が下がる危険があるので、比例区を削減することで「多様な民意を見えないようにしてしまう」ように見えかねません。

また、高裁レベルで違憲判決が出ているのは小選挙区の格差です。むしろ小選挙区を廃止し、全部比例区にしてしまうか、あるいは、昔のような中選挙区制に戻しつつ、定数是正は行う、と言う方向が良いのではないでしょうか?中選挙区の場合は、連記制が良いと思います。これはわたしだけのアイデアではなく、保守系の市議も提案しています。



農業新聞が面白い!
宮崎の口蹄疫のことについて

なかなか情報が入らないので

少し前から、農業新聞をとることにしました


これが、面白いです

ほんとに!

同一選挙区で農政関係候補を

民主、自民と両党を推薦したり

その状況の説明など

本当によくわかります


こういう記事を読むと

やはり国民が主張できることが大切だと思います、

やはり中選挙区では連記制が本当だと

思いますよ。


(次の選挙制度論議は、

ほとんど行われていないのではないですか

90年代の論議のままですよ)


それにしても、農業新聞はよくできてます


また、「政治主導」というからには、官僚をコントロールするだけの議員の数がいります。削減して本当に大丈夫なのか?と思います。

給料は削減して人数は削減しない、というか、むしろ給料を半分にして人数を倍にするとか(参議院は、それでいいのでは?その道で有能な専門家が意見を言う場にする。)、考え方はいろいろあります。

「あるべき議会像」を議論しないまま、「一般受け」しそうな「議員削減」を叫ぶのは無責任でしょう。「ウケている」つもりが、意外と「無責任じゃないの?」と思われていたりする可能性もありますよ。

最後に付け加えれば「小選挙区制+二大政党制」の元祖のイギリスでは、二大政党制が5月の総選挙で崩壊。保守党と自民党の連立政権になっています。選挙制度も改革される方向です。

枝野幹事長も含め、民主党執行部は、世界情勢に対応し、頭を柔らかくしていただきたいものです。そして、「民主党単独で」「こんな大事なこと」を決めるなどと言うことはしないでいただきたい。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




枝野幹事長、驕れるものは久しからずですよ【衆院定数削減問題】_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
枝野幹事長、驕れるものは久しからずですよ【衆院定数削減問題】_e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
枝野幹事長、驕れるものは久しからずですよ【衆院定数削減問題】_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2010-06-26 09:35 | 選挙制度・政治改革 | Trackback
地方の一民主党員は菅政権をこう見る
2010年 6月 11日<オピニオン> <国会> <政治・政党> <経済> <選挙>
さとうしゅういち
http://www.janjanblog.com/archives/5061


■「旧民主党色が濃い内閣」
■【労組】【小沢】合流で「とりあえず自民打倒」
■旧民社・大手労組も20年古い
■新執行部も世界から見れば10年遅れ?
■貧困拡大・地方の疲弊に耳を澄ませて!


新内閣と生活保護裁判。の巻
http://www.magazine9.jp/karin/100609/

菅新総理・代表を先頭に「全員野球」の民主党、そして日本を
http://www.janjanblog.com/archives/4735

 民主党幹部は「自己保身」ではなく捨て身の「貧困撲滅」を!
http://www.janjanblog.com/archives/4597

反貧困「生存ユニオン広島」結成、民主党にメーデー参加者の声届ける
http://www.janjanblog.com/archives/1771


以下の「きまぐれな日々」のご意見にほぼ賛成です。

http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-1082.html
そもそも、小泉純一郎だけではなく、1982年の中曽根康弘首相就任以来ずっと続いた新自由主義政策のせいで痛んだ国民の懐を暖めることが喫緊の課題である。だから、増税以前にまずなすべきことは、景気・雇用対策であり、直接税の見直しがその次にくる。消費税増税を議論するのは、そのさらに次の段階であるべきだ。

日本人がなぜ増税を嫌がるかというと、税金が正しく使われていないからである。また、法人税を減税してもらわないとやっていけないような産業には縮小してもらうことも必要であって、今さら中国やインドに張り合って低賃金と低税率を求める重厚長大産業ばかりいつまでも優遇していたのでは、新しい産業が伸びる芽を摘んでしまい、それこそ国が傾いてしまう。
菅政権の経済政策は今後迷走するだろうし、亀井静香大臣の辞任は痛いが、それでも、「まず消費税増税と小さな政府ありき」の自民党政権よりはましなのだから、草の根からの意見発信も、あきらめずに続けていきたいと思う。


そうなんです。法人税を減税してもらい、さらに労働者をこき使い、さらに地方自治体から補助金を出してもらい・・しないとやっていけないような企業。実は、お荷物になりつつあるのではないか?

ちなみに小泉政権は「駄目な企業が潰れれば、強い企業だけが残り日本は良くなる」などと言う趣旨のことを叫んだ。「痛みに耐えてよくがんばった!感動した!」と貴乃花に優勝カップを手渡すときに叫んだ。

今より高い所得が得られる産業・企業に人々が移る。これがあるべき改革でしょう。ところが、小泉政権は、「対米輸出依存」の「重厚長大産業」ばかりを優遇しました。そのためにアメリカ国債も買いあさった。
労働条件も切り下げた。

なんということはない。一部重厚長大産業をひたすら温存するのが小泉政権だった。改革どころか「反動」だったのです。

その反動路線を引き継いでいるのが、朝日新聞などでしょう。

ちなみに菅総理は、所信表明演説でも「消費税」には一言も言及していません。

第174回国会における菅内閣総理大臣所信表明演説
平成22年6月11日(金)
http://www.kantei.go.jp/jp/kan/statement/201006/11syosin.html


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




地方の一民主党員は菅政権をこう見る_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
地方の一民主党員は菅政権をこう見る_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
地方の一民主党員は菅政権をこう見る_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2010-06-11 23:18 | 新しい政治をめざして | Trackback
雨宮処凛さんが、下記記事で、菅内閣について評論しています。

新内閣と生活保護裁判。の巻
http://www.magazine9.jp/karin/100609/


(ちなみに与謝野馨さんの「なにもわかってない」ぶりはひどいことがわかりました。)

政権の要の官房長官の仙谷さん、幹事長の枝野さんについては、反貧困運動には理解が深そう、ということです。

雨宮さんによると仙谷さんは、以前にも反貧困のイベントにもこられています。
また、わたしから補足させていただければ、枝野さんは、2007年には、御手洗経団連会長の参考人招致を主張していました。

少なくとも、大手企業年配男性正社員中心の労組出身の平野官房長官が仕切っているよりはマシだとわたしも思います。

菅さん、枝野さんや仙谷さんの共通点は「1996年の民主党結成時の同志」であることです。

まだ、連合は、民社党系は新進党を、自治労や日教組などは社民党や新社会党を推薦していた時代です。

あのときの民主党は大都市近郊リベラル中間層を基盤としていました。

東京でいえば生活者ネットワークが近い。山手の中流以上のサラリーマンやインテリの主婦などが支持者として思い浮かぶ。
菅・枝野的、生活者ネットワーク的なものが、自民党や大手企業労組が取り上げなかった環境とか情報公開などに切り込んだ功績は大きい。国政レベルでは、民主党の若い男性議員、地方では主に生活者ネットワークや市民派女性議員と、役割分担はありましたが。


さて彼ら(菅さん、枝野さんなど、1996年結党時からのメンバー)に対して、新自由主義のレッテルを貼るのは簡単です。

だが、それは、2003年以前の小沢さんや、2001年頃、(小泉さんと)「改革を競い合う」と叫んでしまった鳩山さんにも言えること。

もちろん、菅さんらが前回、一世風靡した時と比べると、地方の疲弊や貧困の拡大は凄まじい。これらついてはどう対応するか?

中間層以上が支持基盤だけに、そのあたりに失礼ながら不安はわたしは、持っていました。

2000年に東京から広島県に移ったわたしには、その後の十年間の地方の疲弊を菅さんや枝野さんら(都会出身)がわかっていただけるか、と不安なときもありました。

ただ、雨宮さんの記事を拝見する限り、それなりに貧困問題については、現場に来られて勉強されているようです。

あとは、その成果を具体的な政策に生かせ、という声をきちんと政府・与党執行部に伝え続けることが大事なのです。

というか「世襲じゃない」とか「とてつもない金持ちでない」というだけで否応なく期待値が高まってしまうってこと自体、いかにこれまでが特殊だったかってことの証明ではないだろうか。


以上の雨宮さんの感想にわたしも同感です。

関連記事

「命を救う政治を」 中川圭予定候補、事務所開き・・参院選・広島選挙区
http://www.janjanblog.com/archives/4897


枝野幹事長「今日から企業献金受け取らぬ」
http://hiroseto.exblog.jp/12767411/


 民主党幹部は「自己保身」ではなく捨て身の「貧困撲滅」を!
http://www.janjanblog.com/archives/4597

反貧困「生存ユニオン広島」結成、民主党にメーデー参加者の声届ける
http://www.janjanblog.com/archives/1771


中川圭さんを励まし続けます(2)

『がんは政治、救える命を救いたい』中川圭予定候補街頭演説 参院選広島選挙区
http://www.janjanblog.com/archives/3930


【参院選・広島選挙区】民主新人・中川圭さんを励まし続けます
http://hiroseto.exblog.jp/12656647/


【参院選広島選挙区】 民主党新人・中川圭さんに期待します
http://hiroseto.exblog.jp/12637960/


参院選・広島選挙区民主党二人目は乳がん患者友の会「きらら」の中川圭さん
http://hiroseto.exblog.jp/12633634/


民主党、広島県連初の女性国会議員なるか?
2010年 5月 13日 《広島》 【取材ニュース】 <医療・福祉> <政治・政党> <選挙>
さとうしゅういち
http://www.janjanblog.com/archives/2233

2010参院選(広島選挙区)への対応について
http://hiroseto.exblog.jp/12499020/

ヒラだからこそ、不器用だからこそできることがある【参院選広島選挙区・民主二人目】
http://hiroseto.exblog.jp/12586359/

2010年参院選(広島選挙区)及び2011年広島県議選への対応について
http://hiroseto.exblog.jp/12614653/

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




雨宮処凛さん、菅直人内閣を語る_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
雨宮処凛さん、菅直人内閣を語る_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
雨宮処凛さん、菅直人内閣を語る_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2010-06-11 07:27 | 新しい政治をめざして | Trackback
菅首相は「金持ち増税」を打ち出し、嘘つきマスコミと戦え(きまぐれな日々)に賛成です。

マスコミは、自民党など旧与党や財界、財務官僚らとともに、「法人税減税・消費税増税」に無理やり世論を誘導しようとしています。

マスコミは確信犯で、庶民からさらにむしりとる税制「改革」を、菅総理の発言をねじ曲げてまで進めています。

政府税調専門家委員会の神野座長らは、「まず、課税ベースが縮小し、お金持ちに甘くなっている所得課税を見直す。法人税も課税ベースを拡大する。」方向です。

しかるのち、「小さな政府(アメリカ型)なら、直接税中心」「大きな政府(北欧型)なら間接税中心」を検討する、という案配です。
そもそもの間違いは、「痛みに耐えていれば、ダメな企業は退場し、強い企業だけ残り、日本は良くなる。」「痛みに耐えてよく頑張った!感動した!」などと叫びまくった小泉純一郎さん、竹中平蔵さんら(さらにさかのぼれば、橋本政権、中曽根政権)にある。

そして、内需縮小を強行した。地方交付税をバッサリカットし、地方を疲弊させた。

結果として、人々は、ブラックな企業でも我慢して働かないといけなくなった。
このあたりが根本的な誤りです。

まず、雇用、景気に全力をあげることです。

経済環境が悪ければ、いくら法人税を下げても意味がない。とくに不況のせいで、赤字になった企業には恩恵なんかない。

その上で、お金持ちには、課税ベース拡大などで、もう少し負担いただく。

せめてアメリカ並みには政府規模を大きくする。

そこから先は、さらに大きな政府をめざすかどうかで消費税率引き上げの是非を問えばいい。

菅政権には以上の方向に確信を持って進んでいただきたい。

マスコミに負けず、どんどん情報発信してほしい。

また、繰り返しますが、枝野幹事長が企業献金を受け取らないと宣言したのはいいことです。

自民党が、企業献金を大手企業から受けて、一部大手企業に都合のいい政治ばかりしてきたつけが、今噴出している。

そうした中で「企業献金を受け取らない」という枝野幹事長の宣言は、もっと大きく取り上げたい。

民主党支持者でも、だれそれは反小沢だ、親小沢だ、などの議論が盛んです。

しかし、わたしは敢えて申し上げたい。
「黒い猫でも白い猫でもネズミを取る猫が良い猫」である、と。
政治家の飼い主は主権者たる国民である。

小沢さんが、自民党政治をとりあえず終わらせるのに力になったことは評価しますし、一方、枝野幹事長が、企業献金を受け取らない、と宣言したことも評価します。

とにかく、いい方向に政治を進めてもらえればいいんです。

誰であろうが、いいことをしたら誉めるし、まずいときは、まずいと直言する。
それが支持者というものでしょう。

http://www.dpj.or.jp/news/?num=18318

2010/06/07
新しい内閣を政権与党として全力を挙げて支えていく 枝野新幹事長が就任会見で

枝野幸男新幹事長は7日夕、党本部で、両院議員総会での幹事長承認後の初の会見に臨み、「幹事長という重責を大変重く受け止めている。お引き受けした以上はしっかりと責任を果たして参りたい」と強い決意を表明した。

 その責任の第一に関して枝野幹事長はまず、「昨年の8月に国民の皆さんから『この国の政治を変えてほしい』と大きなご期待をいただき、鳩山総理は一生懸命努力をされ、私もこの8カ月間、努力してきたが、残念ながらその期待に十分に応えていないという思いを多くの皆さんがお持ちになられる状況になってしまった」と分析。「そのことを改めて国民の皆さんにお詫び申し上げるとともに、8月にいただいたご期待にしっかりと応えていく。そのため、明日、発足する新しい内閣を全力を挙げて支えていく。そのことが私の何よりもの責任だと思っている」と語った。

 それを実現に向けて枝野幹事長は「政府と与党の一体化、政策決定の一元化、政治主導、官邸主導、こうした政治をしっかりと実現し、実行していくための内閣と党との関係をしっかりと整理したい」として、「総理や官房長官と密接に連携・連絡をとり、党・国会の声をしっかりと受け止め、その連携を図ることで、それぞれの地域でたくさんの票をいただいて国会に送っていただいた議員、それを支えていただいた多くの国民の皆さんの声が、官邸主導、政策決定の一元化というなかで実を結んでいくと思っている」と述べた。

 同時に、「そうしたプロセスのなかで政策調査会を復活させ、すべての議員の力が政策実現に結びついていく体制をしっかりと確立したい」と強調した。

 第ニ点目として枝野幹事長は「そうした政策を、国民の皆さんの期待を実現していくためには、国民の皆さんの政治に対する信頼、政権や民主党へ信頼を回復していかなければいけない」との見解を示し、「そのために、党運営の徹底した透明化を進めていく」と宣言。事業仕分けを通じて、内閣のなかで行政の透明化という仕事の先頭に立ってきたが、「透明な行政を支える政権与党は、その党運営も透明でなければならない」として、そうした観点から意思決定のプロセスや党運営に関する様々な情報の公開を進めて行くとした。

 また、政治に対する信頼という意味で、政治とカネの問題が問われていると指摘。企業団体献金の廃止をマニフェストでも約束している政権与党の先頭に立つ幹事長として、「今日を機に、いわゆる企業団体献金については個人としては一切受け取らないことで進めていきたい」とも表明した。

 そのうえで枝野幹事長は「いずれにしても国民の皆さんから与えられた期待に応えていくためには、まずは参議院選挙をしっかりと乗り越えていかなければならない。この間、国民の皆さんの期待に十分に応えてこられなかった、そのことを踏まえると残された時間でこれを取り戻すことは大きな困難があるが、困難が多いからといってあきらめてはこの国の政治を変えることはできない」と表明。「希望をもって、勇気をもって、そして自信をもって、民主党の新しい出発、民主党政権の新しい出発を訴えていき、この参議院選挙を何とか乗り越えて、秋以降、鳩山総理の残された思いを政策実現という形で実現していきたいと思っている」と力説した。

 なお、司会は細野豪志幹事長代理がつとめた。


「菅新総理・代表を先頭に『全員野球』の民主党、そして日本を」
http://www.janjanblog.com/archives/4735


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




不毛なレッテル貼りより「国民の生活が第一」_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
不毛なレッテル貼りより「国民の生活が第一」_e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
不毛なレッテル貼りより「国民の生活が第一」_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

by hiroseto2004 | 2010-06-08 12:37 | 経済・財政・金融 | Trackback