人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:田母神俊雄 ( 23 ) タグの人気記事

関連記事

戦争屋に取り込まれ、朝鮮だけでなく、イラン、ロシアにも同時に喧嘩を売っているトランプ


これについては田母神閣下に賛同します。

もし、危険があるとすれば「黄色人種の国なんてどうなってもかまわない」とトランプ政権が暴走した場合でしょう。


https://twitter.com/toshio_tamoga…/status/891442058736484352

北朝鮮が明日にでも日本にミサイルを撃ち込んでくるような報道が行われている。私はそれはないと思う。北朝鮮はアメリカなどの軍事攻撃を避けるためにミサイル開発を進めているのだ。北朝鮮だって儲けにならない軍事行動はしない。我が国にミサイル攻撃をしても北朝鮮が儲かることはない。


タグ:
by hiroseto2004 | 2017-07-30 23:48 | 国際情勢 | Trackback
田母神俊雄・元航空幕僚長が公選法違反で逮捕されました。
2014年都知事選で選挙運動をしてくれた人にお金を配ったことが被疑事実です。

被疑者・被告人は須く推定無罪です。

しかし、お金を配ったことが事実とすれば、残念です。

田母神被疑者とは違う候補(宇都宮健児さん)をわたしは都知事選では応援しました。




More
by hiroseto2004 | 2016-04-14 22:30 | 事故・災害・事件 | Trackback

田母神俊雄さんが、空自のトップだったことこそ、実は、日本の安全保障最大の危機だったのではないか?

そんなふうに思ってしまいます。


■田母神氏に謝罪求める 元女性自衛官「著書で名誉毀損」 (18日付東京新聞)
 政府の歴史認識と異なる論文を発表し、更迭された田母神俊雄前航空幕僚長が退官
後に著した「自衛隊風雲録」(飛鳥新社)でプライバシーを侵害され、名誉を毀損さ
れたとして、元航空自衛官の女性(二四)が十七日、書面による謝罪と謝罪意思の公
表を求める通告書を田母神氏側に送付した。女性は回答によっては法的手続きをとる
構えだ。

 この女性は、北海道の空自基地で勤務中、同僚の男性自衛官からわいせつ行為を受
け、相談した上司に退職を強要されたとして国に損害賠償を求め提訴。今年七月、札
幌地裁が性的暴行と退職強要を認め、国に五百八十万円の支払いを明示、判決は確定
した。

 通告書によると、田母神氏は著書で、空自勤務隊の調査結果として女性の事件を
「男女間の“いざこざ”のたぐい」「女性はやや精神的に不安定で、二回ほど入院し
た経歴」と記述。しかし、女性の代理人の佐藤博文弁護人は「札幌地裁が『女性の意
思に反した行為』と認定し、男女のいざこざでないことは明らか。入院したかのよう
な記述も事実に反している」としている。

 通告書は、記述が女性への二次被害とし、謝罪と離職後も職務上知りえた秘密を漏
らすことを禁じた自衛隊法に違反すると認めるよう求めている。

本売る道具にした
  元航空自衛官の女性の話 (田母神氏は)性暴力の深刻さを理解しないばかり
か、私の事件を本を売るための道具として使い、さらに個人が特定できる情報を公に
した。私は深く傷つけられた。謝罪を強く求めます。

コメントできない
 田母神事務所の話 田母神が地方にいて通告書を読んでおらず、コメントできませ
ん。
------------------------
現時点(18日午後5時)で、田母神の公式サイトでもツイッターでも沈黙は続いてますが、彼の事ですから素直に謝罪なんかしないでしょう。問題の著書は去年5月13日に出版されましたが、彼の様な認識の人物が自衛隊を動かしていた、いや、現在も動かしているのかと思うと、真に愕然とさせられる話であります

続きはこちらをどうぞ!
by hiroseto2004 | 2010-11-25 12:31 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback
92歳まで選挙運動に「総動員」した公明党
垣間見た窮状、今にして思えば惨敗の予兆だった
さとうしゅういち2009/09/03

http://www.news.janjan.jp/government/0909/0908319562/1.php

以下、田母神さんの呆れた発言を批判した的確な記事です。

「被爆者ほとんどいない」田母神発言とは何だったのか?
広島平和記念式典についての発言の根拠と考えを疑う(大泉千路)

http://www.news.janjan.jp/living/0909/0908229120/1.php

『生存ハンドブック』出版記念イベント
Esaman2009/09/02  
『生存ハンドブック』出版記念イベントが9月1日、東京の阿佐ヶ谷ロフトで開催されました。100人近くが集まり、最近の「ロスジェネ論壇」や「ナショナリズム問題」などについて、会場を巻き込んでのトーク(バトル?)となり、目の覚める内容となっていました。

http://www.news.janjan.jp/photo-news/0909/0909029634/1.php

愛知県下での「派遣と貧困の問題」を総括
「愛知派遣村交流集会」で派遣切りにあった人や実行委員ら語る
Esaman2009/08/31

http://www.news.janjan.jp/living/0908/0908289462/1.php

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






92歳まで選挙運動に「総動員」した公明党・田母神発言とは何だったのか?_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

92歳まで選挙運動に「総動員」した公明党・田母神発言とは何だったのか?_e0094315_1847474.jpg


広島市長・秋葉忠利

みんなであたらしい広島県をつくる会

92歳まで選挙運動に「総動員」した公明党・田母神発言とは何だったのか?_e0094315_15224055.jpg


熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団

92歳まで選挙運動に「総動員」した公明党・田母神発言とは何だったのか?_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

92歳まで選挙運動に「総動員」した公明党・田母神発言とは何だったのか?_e0094315_8182175.gif


以下の野党各党も参考に
92歳まで選挙運動に「総動員」した公明党・田母神発言とは何だったのか?_e0094315_8172468.jpg

92歳まで選挙運動に「総動員」した公明党・田母神発言とは何だったのか?_e0094315_813122.gif

92歳まで選挙運動に「総動員」した公明党・田母神発言とは何だったのか?_e0094315_815116.gif

解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2009-09-03 12:12 | 選挙 | Trackback(2)
維新政党・新風の元副代表の「せとひろゆき」さんも、元航空幕僚長・田母神俊雄さんのお二人とも、物事を調べる努力を惜しまれる方であることがはっきりしました。

田母神さんは「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」と「原水爆禁止世界大会」を混同し、選挙の応援演説の中で、「広島市民も広島県民もほとんどいない。原爆の被爆者も、被爆者の2世もほとんどいない」「並んでいるのは全国からバスで集まってきた左翼ばかり」などと述べられました。

しかし、「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」は、広島市の主催です。総理大臣、衆院議長、国連事務総長(代理)など、内外の要人が参加されます。


広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式あいさつ
http://www.kantei.go.jp/jp/asospeech/2009/08/06hiroshima_aisatsu.html


原水爆禁止世界大会については、「原水禁系」と「原水協系」に分かれており「左翼の集会」という表現は間違いとはいえないでしょう。

Gensuikin: 被爆64周年原水爆禁止世界大会の報告:原水禁系
http://www.gensuikin.org/mt/000204.html

原水爆禁止2009年世界大会 オフィシャルウェブサイト:原水協系
http://www.antiatom.org/WC/index.html

しかし、「式典」と「大会」を混同するのは、全くの不勉強といわざるを得ません。

田母神前空幕長「広島平和記念式典は左翼運動」と発言

 前航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄氏が25日、宮崎市の繁華街で、衆院選宮崎1区に立候補している無所属前議員の応援演説を行い、広島市で6日に行われた平和記念式典(原爆死没者慰霊式・平和祈念式)について「日本弱体化の左翼運動」などと発言した。

 田母神氏は広島原爆忌の6日に広島市で講演したことに触れながら、式典の参列者について「広島市民も広島県民もほとんどいない。原爆の被爆者も、被爆者の2世もほとんどいない」「並んでいるのは全国からバスで集まってきた左翼ばかり」などと述べた。

 この発言に対し、広島県原爆被害者団体協議会の坪井直(すなお)理事長は「真実とはほど遠い。相手にもしたくないが、間違ったことが風評になることは止めなければいけない」と憤る。広島市原爆被害対策部の担当者は「事実誤認であり、コメントできない」としている。

8月25日20時35分配信 読売新聞


そして、「せと弘幸」さんもまったく不勉強です。ちょっとグーグルで調べれば済む事を調べない。

以下のようにご自分のブログでおっしゃいます。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52319183.html

さて、この田母神氏の言葉は正しいことを言っています。

>「広島市民も広島県民もほとんどいない。
>原爆の被爆者も、被爆者の2世もほとんどいない」
>「並んでいるのは全国からバスで集まってきた左翼ばかり」などと述べた

 本当のことをズバリ指摘されたので左翼は反発し、左翼偏向マスコミは田母神発言を問題として叩くことでしょう。私から言わせれば本当のことを指摘された左翼がうろたえているのが余りにも滑稽で笑うしかない。

 ついでに私のほうから、もっと凄いことをお知らせしましょう。

 それは「全国からバスで集まってきた左翼」は自分のカネで旅費を払っていません。我々の税金を使って、つまり自分達はただ同然で広島まで観光旅行気分で来ているのです。

 私はかつてと言っても相当旧い話ですが、昭和61年それを調査して暴露したことがあります。それは地元・福島市においてです。当時私が地元で発行していたミニコミ紙に記載された記事を紹介しましょう。


(ここからが当時の記事)

 原水爆禁止世界大会に毎年全国各地から社会党の議員や共産党のの議員らが参加しますが、この広島や長崎の大会に参加する際に、その旅費、宿泊費は我々が納めている税金から支払われている事実は意外と市民には知らされてはいません。

 自分達の思想信条に基づいて行くのですから当然、旅費・宿泊費は自分達の負担と思いきや、どういう訳か市役所からその経費は出されていました。

 これらは慣例化しており社会・共産両党のこの乞食根性丸出しの姿に本紙は幾度なく抗議してきましたが、今年も福島市の秘書課に対して抗議を行ない、次のような回答を得ました。

 ちなみにこの経費は議会事務局などからの出費ではなく、市長の交際費から長年出されて来ました。

問い:何故特定の政治勢力である社・共両党の議員に、その旅費・宿泊費を出すのか?

回答:唯一の被爆国・日本の平和を願う国民運動として定着しており、社会・共産の政党が参加するということではなく、多くの市民も共に参加している平和運動という認識で対応してきました。

 ところで、この昭和61年という時代は実はこれまでとは違った位置づけとなっていた。だからこそ、この時に私は役所に攻勢をかけたのです。

 当初は原水爆禁止運動は分裂していた。原水禁運動が共産系、原水協が共産系に明確に分裂したのは昭和38年でした。しかし、その後、市民団体の仲立ちで一応は統一した大会になっていた。

 しかし、この昭和61年に再び「原水爆禁止広島平和記念式典」は分裂したのです。原因は主導権を巡る社会党系と共産党系の争いであり、この両派の争いに嫌気の差した市民団体も独自に開催し、3団体による開催となった年でした。


「原水爆禁止広島平和記念式典」てなんですか??そんなものありませんよ???

結局せと弘幸さんも、原水爆禁止世界大会と、平和記念式典を混同されたのでしょう。

そして、議員に旅費を払っていたのは、「大会への参加旅費」なのでしょうか?それとも「式典参加旅費」ということなのでしょうか?そこのところは、きちんと調べるべきではないでしょうか?式典参加旅費なら、広島への使節扱いでもおかしくはないでしょうから。

しかし、今となっては調べようがないかもしれませんが。

■四面楚歌の「せと弘幸さん」ら


ともかく「麻生さんも参加する集会」を「広島平和記念式典は左翼運動」と認定した田母神さんと、それを持ち上げるせとさんは、麻生さん=左翼と認定したということでよろしいのでしょう。


民主党、社民党や共産党だけでなく、自民党も敵に回す。そして、もちろん、公明党とは激しく対立していますから、せとさんたちも「四面楚歌」ではないでしょうか?

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






原爆死没者慰霊式と原水禁大会の区別もつかない「せと弘幸」さんと田母神俊雄さん_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

原爆死没者慰霊式と原水禁大会の区別もつかない「せと弘幸」さんと田母神俊雄さん_e0094315_1847474.jpg


広島市長・秋葉忠利

みんなであたらしい広島県をつくる会

原爆死没者慰霊式と原水禁大会の区別もつかない「せと弘幸」さんと田母神俊雄さん_e0094315_15224055.jpg


熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団

原爆死没者慰霊式と原水禁大会の区別もつかない「せと弘幸」さんと田母神俊雄さん_e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

原爆死没者慰霊式と原水禁大会の区別もつかない「せと弘幸」さんと田母神俊雄さん_e0094315_8182175.gif


以下の野党各党も参考に
原爆死没者慰霊式と原水禁大会の区別もつかない「せと弘幸」さんと田母神俊雄さん_e0094315_8172468.jpg

原爆死没者慰霊式と原水禁大会の区別もつかない「せと弘幸」さんと田母神俊雄さん_e0094315_813122.gif

原爆死没者慰霊式と原水禁大会の区別もつかない「せと弘幸」さんと田母神俊雄さん_e0094315_815116.gif

解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
by hiroseto2004 | 2009-08-26 22:15 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

各団体の皆様へ

 下記の「日本核武装論と侵略戦争正当化を主張する8.6田母神広島講演会主催者「日本会議広島」に抗議し中止を要求する共同声明」への賛同をよびかけます。第一次締切りを7月12日にします。
第二次締切りを7月20日にします。
よろしくお願いします。
                    2009年7月8日

==== 切り取り線 ====

団体名 :

代表者名:

連絡先 :

公表可否:   可・ 不可

一言  :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://jp-pride.com/
8.6田母神講演会チラシ

http://www.tamogami.sc/lecture/
田母神事務所公開講演会一覧

http://park6.wakwak.com/~nipponkaigi-hiro/pc-main.html
日本会議広島

http://www.nipponkaigi.org/
日本会議

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2009年7月8日

日本核武装論と侵略戦争正当化を主張する8.6田母神広島講演会
主催者「日本会議広島」に抗議し中止を要求する共同声明

                 核兵器廃絶をめざすヒロシマの会

 この8月6日午後6時より、メルパルク広島にて、日本会議広島主催で田母神俊雄前航空幕僚長の講演会が開催される。講演演題は、「ヒロシマの平和を疑う」として、田母神前航空幕僚長は「日本のために核武装するべきだと考えており、講演ではそこに触れることになると思う」と明言している。

 昨年10月の麻生政権下、田母神航空幕僚長が更迭された事件の原因になった論文「日本は侵略国家であったのか」でも明らかなように、田母神論文の目的は過去の戦争の正当化を意図し、それを梃子に再び日本を戦争のできる国づくりに導くことであった。「我が国が侵略国家だったなどというのは正に濡れ衣である」との歴史認識は、極端に偏った歴史観から導かれており、歴史的事実に反するものである。制服組トップとして、「集団的自衛権も行使出来ない、武器の使用も極めて制約が多い、また攻撃的兵器の保有も禁止されている」「このマインドコントロールから解放されない限り我が国を自らの力で守る体制がいつになっても完成しない」と述べ、歴史の見直しを通じて自衛隊を自衛軍に変えていこうとするものである。

 今回の広島講演の目的も、日本国家が引き起こした過去のアジア侵略戦争を正当化し、日本の軍国主義化を推し進めるための日本核武装論を被爆地広島で「8月6日」に主張すること、またはその布石を打つことである。
64年前の「8月6日」、アメリカ合州国政府による一発の原爆投下によって、14万人の命が奪われ、その後原爆慰霊碑にまつられた犠牲者の数は現在26万人に達する。生き残った者も、今なお放射線後障害に苦しめ
られている。そして毎年核兵器廃絶への誓いを新たにする「8月6日」は、あらためて言うまでもなく私たち広島市民にとっては、家族の命日であり特別な一日である。日本会議広島は、この特別な日をあえて選び、しかも明確な核軍縮の風がプラハ・ワシントン・モスクワから吹いているきわめて重要な情勢下、今まさに被爆地が核兵器廃絶の先頭に立つべきこのときに、被爆者や市民に真正面から挑戦しているのである。このような田母神講演会開催を私たちは決して見過ごすことはできない。

 以上の観点から私たちは、日本会議広島に抗議し、8月6日開催予定の田母神講演会を中止することを要求する。そして、市民の皆さんに共に抗議する声をあげることを呼びかけるものである。

                              以上。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)
Hiroshima Alliance for Nuclear Weapons Abolition
【共同代表】 
岡本三夫 河合護郎 森瀧春子
【事務局】  
〒730-0802
広島市中区本川町二丁目6番11号第7ウエノヤビル 5F
広島県生活協同組合連合会内
TEL 082-532-1311(HANWA専用)
fax 082-232-8100
Eメール hanwa@e-hanwa.org
ホームページ http://www.e-hanwa.org/
郵便振替 
「核兵器廃絶をめざすヒロシマの会」
01300-2-50889
年会費 2000円

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この共同声明に関する集約・対応専用電話
090-4740-4608(久野)
kunonaruaki@hotmail.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

参考: 田母神俊雄氏の広島での講演会に関する要請(2009.6.29)

http://www.city.hiroshima.jp/www/contents/0000000000000/1246321492218/index.html

日本会議広島 御中

                       田母神俊雄氏の講演会について

貴団体が、本年8月6日、広島市内において、前航空幕僚長・田母神俊雄氏を講師に迎え「ヒロシマの平和を疑う」と題した講演会を開催するとお聞きしています。

表現の自由という視点で考えれば、何時何処で何を発言するかは自由であり、当然の権利ではありますが、広島市の立場は以下のとおりです。

御承知のとおり、8月6日は、人類史上最初の原子爆弾が広島に投下された日であり、被爆者や原爆死没者の遺族をはじめ世界中の人々にとって、原爆死没者の霊を慰め世界の恒久平和を祈念する掛け替えのない日です。

広島市では、8月6日を条例により「平和記念日」と定めており、「広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式(平和記念式典)」を開催するとともに、市内各地でも慰霊祭や平和の記念行事が行われるなど、一日中、原爆死没者の慰霊と世界恒久平和への祈りで包まれます。
 
そうした日に、広島の地において、マスコミに注目され市民への影響も大きい田母神氏が、「ヒロシマの平和を疑う」という演題で講演されることは、夜明け前から心静かに原爆死没者の慰霊を行う被爆者や肉親を失った遺族の悲しみを、いやが上にも増す結果となりかねません。広島における8月6日の意味は表現の自由と同様に重要なものと考えています。

つきましては、こうした事実に思いを致し、被爆者や原爆死没者の遺族をはじめとした多くの広島市民の心情に御配慮をいただき、講演の日程の変更を御検討いただければ幸いです。


平成21年(2009年)6月29日
広島市長 秋葉 忠利     






田母神 俊雄 様

                       広島での講演会について

日本会議広島の主催により、本年8月6日、広島市内において、貴殿が「ヒロシマの平和を疑う」と題し講演されるとお聞きしています。

表現の自由という視点で考えれば、貴殿が何時何処で何を発言するかは自由であり、当然の権利でありますが、広島市の立場は以下のとおりです。

御承知のとおり、8月6日は、人類史上最初の原子爆弾が広島に投下された日であり、被爆者や原爆死没者の遺族をはじめ世界中の人々にとって、原爆死没者の霊を慰め世界の恒久平和を祈念する掛け替えのない日です。

広島市では、8月6日を条例により「平和記念日」と定めており、「広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式(平和記念式典)」を開催するとともに、市内各地でも慰霊祭や平和の記念行事が行われるなど、一日中、原爆死没者の慰霊と世界恒久平和への祈りで包まれます。

そうした日に、広島の地において、マスコミに注目され市民への影響も大きい貴殿が「ヒロシマの平和を疑う」という演題で講演されることは、夜明け前から心静かに原爆死没者の慰霊を行う被爆者や肉親を失った遺族の悲しみを、いやが上にも増す結果となりかねません。広島における8月6日の意味は表現の自由と同様に重要なものと考えています。

つきましては、こうした事実に思いを致し、被爆者や原爆死没者の遺族をはじめとした多くの広島市民の心情に御配慮をいただき、講演の日程の変更を御検討いただければ幸いです。


平成21年(2009年)6月29日
広島市長 秋葉 忠利 
    




記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!

森田健作千葉県知事に辞職を求める署名呼びかけ 森田健作氏を告発する会
MIXIコミュニティ・森田健作さんに突っ込み

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






田母神俊雄さん講演会に対する声明 広島市・HANWA_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

田母神俊雄さん講演会に対する声明 広島市・HANWA_e0094315_1847474.jpg



熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)

とくらたかこのブログ
とくらたかこ応援団

田母神俊雄さん講演会に対する声明 広島市・HANWA_e0094315_21534643.jpg
京野公子がんばれ!
by hiroseto2004 | 2009-07-09 19:03 | 反核・平和 | Trackback
田母神氏の8月6日に広島市内で予定されている講演について、秋葉市長が「被爆者や遺族の悲しみを増す結果になりかねない」と日程の変更を日本会議に申し入れました。」

「ヒロシマの平和を疑う!」と題した田母神氏の講演は、6日夜に原爆ドーム近くメルパルクであります。これまでの講演でも核保有に肯定的な見解を示しています。

日本会議は、中止はしないといっています。

今日(29日)の中国新聞に被爆者の方が「なぜ、中止を求める声が上がらないのか」と投稿されていました。

以下朝日新聞と毎日新聞記事ホームページ
http://www.asahi.com/national/update/0629/OSK200906290094.html
田母神氏、原爆の日に広島で講演 市長は変更要望 2009.6.29朝日新聞
http://mainichi.jp/select/today/news/2009063K00000m040099000c.html(毎日新聞)


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!

森田健作千葉県知事に辞職を求める署名呼びかけ 森田健作氏を告発する会
MIXIコミュニティ・森田健作さんに突っ込み

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






田母神さん講演会に日程変更申し入れ 秋葉市長_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

田母神さん講演会に日程変更申し入れ 秋葉市長_e0094315_1847474.jpg



熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)

田母神さん講演会に日程変更申し入れ 秋葉市長_e0094315_2317383.gif


とくらたかこのブログ
とくらたかこ応援団

田母神さん講演会に日程変更申し入れ 秋葉市長_e0094315_21534643.jpg
京野公子がんばれ!
by hiroseto2004 | 2009-06-29 21:07 | 反核・平和 | Trackback(1)
09・5・9 勤労者自主講座「田母神俊雄(当時・航空自衛隊幕僚長)作文」徹底批判
http://unitingforpeace.up.seesaa.net/document/A3B0A3B9A1A6A3B5A1A6A3B9B6D0CFABBCD4BCABBCE7B9D6BAC2A1A6C5C4CAECBFC0C5B0C4ECC8E3C8BD.pdf(右クリックで保存できます)

「田母神俊雄作文」徹底批判 1/9
http://www.youtube.com/watch?v=QPi8HUUtzes
「田母神俊雄作文」徹底批判 2/9
http://www.youtube.com/watch?v=SD61Ae75n4U
「田母神俊雄作文」徹底批判 3/9
http://www.youtube.com/watch?v=YbsHgKHq5AM
「田母神俊雄作文」徹底批判 4/9
http://www.youtube.com/watch?v=LmEzOPtgvxg
「田母神俊雄作文」徹底批判 5/9
http://www.youtube.com/watch?v=_KfNMCPf5IQ
「田母神俊雄作文」徹底批判 6/9
http://www.youtube.com/watch?v=vgufHAUzWx8
「田母神俊雄作文」徹底批判 7/9
http://www.youtube.com/watch?v=JX4GsAJC0kk
「田母神俊雄作文」徹底批判 8/9
http://www.youtube.com/watch?v=OlOFnnq4XlU
「田母神俊雄作文」徹底批判 9/9
http://www.youtube.com/watch?v=KZea5LjMnbo

田母神ストーリーは事実よりも奇なり
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/119249419.html

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






09・5・9 勤労者自主講座「田母神俊雄(当時・航空自衛隊幕僚長)作文」徹底批判_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

09・5・9 勤労者自主講座「田母神俊雄(当時・航空自衛隊幕僚長)作文」徹底批判_e0094315_1847474.jpg




とくらたかこのブログ

09・5・9 勤労者自主講座「田母神俊雄(当時・航空自衛隊幕僚長)作文」徹底批判_e0094315_21534643.jpg
by hiroseto2004 | 2009-05-17 21:24 | 新しい政治をめざして | Trackback
不可能な幻想 田母神氏らの「日本核武装」論
待っているのは経済制裁や大量の餓死者
瀬田隆一郎2009/05/09

http://www.news.janjan.jp/government/0905/0905082952/1.php


瀬田記者の記事です。全くそのとおりです。異論はありません。およそ、田母神さんの言動は国家を指導する人の具体的な施策に反映するべきものではないでしょう。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






不可能な幻想 田母神氏らの「日本核武装」論_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

不可能な幻想 田母神氏らの「日本核武装」論_e0094315_1847474.jpg



by hiroseto2004 | 2009-05-09 12:12 | 反核・平和 | Trackback
公務員には「憲法尊重擁護」の義務がある!
―田母神「論文」問題を考察し問題提起する―
  
                                 横原 由紀夫

<はじめに> 
 昨年10月に、現職の航空幕僚長が「アパグループ」主催の懸賞論文に「日本は侵略国家であったのか」の題で応募し、最優秀作として賞金300万円を貰う事が明らかになった。要するに主張の趣旨は、「わが国が侵略国家だったなどというのは濡れ衣であり、悪いのは中国や米国である・・」ということである。
 この問題の結末は、幕僚長の地位は10月31日付けで更迭されたが、懲戒処分もされず11月3日付けで定年退職となり約7000万円の退職金を受け取った。
 この問題を中心にして問題点、背景、運動課題を提起してみたい。

Ⅰ 田母神「論文(主張文)」の問題と背景

 字数の関係で「論文(主張文)」の内容について事細かに反論・検証はできないが、問題点を列挙してみる。(1)わが国は蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者である。ルーズベルト大統領の仕掛けたわなにはまり戦争に突入した。(2)中国大陸や朝鮮半島を侵略したと言われるが、旧日本軍の駐留は条約に基づいたものであり相手国の了承を得ている。(3)わが国が侵略国家だったなどと言うのは、まさにぬれぎぬだ。(4)東京裁判は責任をすべて日本に押し付けようとしたものである。それが日本人を惑わせ、集団的自衛権も行使できない(以下、省略するが、いずれも偏見と都合の良い主観に基づくもので、自分勝手な旧軍正当化論である:内容については11/16付け中国新聞記事を活用)。

 日本外国特派員協会でも講演し、自説を繰り返したが、そこから表れる主要な考え方を挙げると・・。(1)核武装に言及し、(質問に答える形ではあるが)核による「報復」にまで言及。(2)植民地支配に関する歴史認識の否定(政府見解の否定)。(3)集団的自衛権の行使容認、憲法改正を求める持論の展開。(4)自衛隊は「言論弾圧社会」と断定し、言論の自由を主張する。ここから伺えることは「文民統制の否定」である。

 200人以上のジャーナリストが出席したと報道されているが、外国人特派員や日本人記者の多くに共通する感想は、「このような人が自衛隊のトップにいたこと自体が驚きである。日本で本当にシビリアンコントロールが機能しているのか疑問だ」、「論文も引用が多く素人の文章で懸賞でなぜ高く評価されたのか分からない。自衛隊員の多くがこうした考え方を持っているなら驚きだ。日中の信頼醸成に悪影響を及ぼす」、「(賛成できる部分もあるが)戦前の日本の行動がすべて正当だったかのように述べる彼の議論は、あまりに一面的。米国人は相手にしていないだろう(米国人ジャーナリスト))」等など、あまりに一面的な見解に驚き、あきれる声が上がった、と報道されている(12/2付け中国新聞)。

 問題を考える上で重要な事は、(1)田母神論文(主張文)を支持する勢力が自民党など政界に存在すること。(2)制服組の発言力が増してきたこと。2003年、石破茂防衛相(当時)が、自衛隊の高級幹部に対して“政治に意見を述べることは権利であり、義務だ”と訓示したことが影響を与えていること。(3)新しい歴史教科書をつくる会などの活動に自衛隊制服組の中に共鳴者が存在すること。懸賞論文を主催した“アパグループ元谷代表”の人脈には自民党だけでなく民主党などの政治家も存在すること。(4)麻生首相も浜田防衛相も、「立場上問題である」として立場性のみ挙げていること。とすると両者とも自らの歴史観は田母神と同じである、ということにならないか。本来であれば、首相・政府は歴史観・認識について「公式見解」を明らかにしなければならないが・・。

 これらの流れを作り出した大きな背景は、この十数年間の政治にある。橋本内閣の「日米安保再定義」にはじまる日米軍事同盟強化路線と米国追従路線強化、それを加速・拡大させた小泉内閣による「有事法制」、イラクとインド洋への自衛隊派遣、自衛隊法改正により「自衛隊の海外派遣が主要な任務」とされたことなどなどである(今、大問題となっている「格差拡大(新たな貧困層の増大)」も橋本内閣からはじまり、小泉内閣で加速された。米国からの強い規制緩和要求などに応える形で事態が進んだ)。

Ⅱ 田母神「論文」批判と考え方―運動の課題

1 侵略国家は濡れ衣か

 従来、政府は、侵略戦争の反省に立って「植民地支配と侵略でアジア諸国に損害と苦痛を与えた、という事実を謙虚に受け止める」とする村山談話を歴代政権が踏襲してきた(筆者は、談話ではなく戦後50年国会決議とすべきであった―との批判を持つが)。これが日本政府の公式見解であり、「公務員」はこれを否定することはできない。

 日本が中国、朝鮮をはじめアジア諸国の人々と和解し共存・共栄するためには「歴史教育」を教育現場のみならず社会の場でも徹底させねばならない政府の責任がある。歴史認識を共通のものとするためには、(左派・右派を問わず)客観的事実に基づいて真実を見出すものでなければならず、一面的、主観的、情緒的な見方は誤りであることは論を待たない。また、そのためには、「戦争加害の責任をとるための戦後補償問題解決に政治が動かなければならない」のである(政治家の任務)。良いことも悪いことも歴史を正面から受け止め自省することが求められている。
 戦後補償問題解決を「国会決議」すべき課題が運動にとっても重要かつ急がれる。

2 自衛官にも言論の自由を

 政府見解による言論統制はおかしい―ということについて

 言論の自由は民主国家における基本的人権の一つである。だが、よく考えて欲しい。“自由”という概念はもともと「権力からの自由を保障」するということから始まって法的に確立された「権利」である(近代法治社会の原理)。従って、本来、権力を持たない市民(弱者)の言論を守るためのものである(自由勝手に振る舞い、他者を傷つけることは許されていないが)。田母神氏のように高い地位にあり権力を持っている者が使う論理ではなく次元が異なる問題である。もし仮に麻生首相が、「俺は金も使い努力(?)して今の地位についた。俺の言うことを国民は聞くのが当然だ。嫌なら日本から出て行けばよい。格差がつくのは競争社会であれば当然だ。努力しない一部の者に税金を使うのは不公平だ。自己責任だから自助努力すべきだ・・」と発言することが、言論の自由として許されるのか?このような社会は独裁権力社会であり、ファッショであり、民主国家ではない。

3 公務員の憲法遵守義務(第99条を守れ)―運動の課題

 憲法第99条は「憲法尊重擁護の義務」を以下の人々に課している。[天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。]と明記している。公務員は憲法を尊重せよ!と迫る運動を強めなければならない。
 田母神問題に象徴されるように、この間、公務員の憲法を無視・軽視・違反する言動が余りに多すぎる。「行政・立法・司法」という国家機関は憲法に縛られていることを自覚すべきである(法治社会の原則)。

 マスコミも市民も運動団体も“公務員の憲法無視、軽視、違反の言動”に対して厳しくその責任を追及しなければならない(現状、追及が弱い)。憲法違反行為に対する追及力の弱さが「無責任社会」、格差拡大社会の日本を作った原因だと、私は考える。

 戦前の日本が、天皇主権を原理とする帝国憲法の下で、天皇・憲法すら無視する軍部の暴走がはじまり、軍部独裁・ファッショと化し軍国主義による戦争へと突っ走ったことを反省しなければならない。武力を持つ軍部の強権を許したが故に、武力の怖さに従わざるを得なかった、歴史である。その反省と教訓から「現憲法が生まれ、第99条が規定」され、「文民統制」が制度化されている。文民統制の責任者は内閣総理大臣であるが、本質的には「国民」に最終権力がある。

 田母神氏のこの間の発言と行為は、憲法第99条に違反し、憲法第15条(公務員は国民全体に奉仕する義務)にも違反している(字数の関係で略)。
 憲法違反を社会的に許さない運動を強めよう。
(2009年1月9日記 第9条の会ヒロシマ世話人)


公務員には「憲法尊重擁護」の義務がある!―田母神「論文」問題を考察し問題提起する―横原 由紀夫_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







公務員には「憲法尊重擁護」の義務がある!―田母神「論文」問題を考察し問題提起する―横原 由紀夫_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-01-28 22:38 | 読者投稿 | Trackback