人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:竹下登 ( 8 ) タグの人気記事

バブル時代って、確かにフツーのサラリーマンの給料(30代半ば)※は今の二倍くらいあった。

だけど、首都圏では土地の値段はべらぼうに高く、フツーのサラリーマンは東京近郊では住む場所に困っていたからなあ。それを忘れてはいけません。

リゾート法とやらで、乱開発が進み、環境破壊と自治体の負債だけが残った。

「イッキのみ。」

「過労死。」

今よりひどかった。

日本人観光客はハワイや東南アジアで大暴れ。ひんしゅく買いまくっていました。

竹下蔵相~総理が消費税減税に先行して金持ち減税を進め、今の貧困の背景につながっています。

きちんとあの頃に企業福祉から個人向けの社会福祉に重点を切り替えれば今起きているような問題も少なかったでしょう。

大学の授業料は安かったが、学生運動はバブル期には衰亡しており、学費値上げへの抑止力がなくなっていました。それは、現在の若者の奨学金地獄につながっています。


国鉄分割民営化も、現在の高齢化時代の交通確保の上でも禍根を残しました。


今起きている問題の背景を作ったバブル時代って罪は重い。


但し、その後の1990年代の橋本龍太郎(自社さ政権)や、2000年代の小泉純一郎さんなど、経済的新自由主義を取りつつ、文化的にはリベラルな面を持つ人たちの政治が、人々を疲弊させきってしまった。


民主党政権が期待を集めたものの、失望された。

そして、2010年代後半の今、人々が30年前のバブルが懐かしくなって、「日本を取り戻す」安倍とか、カジノ・万博バブル狙いの松井一郎が一定の支持を受ける、ということになった。

だけど、

「バブルって本当に良かったのか?」

冷静に総括すべきでしょう。

その上で、今後、日本がどう進むべきか?

それを考えるべきです。


(※バブル最盛期からかなり過ぎた1997年の男性平均30代後半=589万円弱。2010年代=平均400万円台だが、ばらつきを考慮すると300万円台でもマシな方で、一部上場でも300万円切る企業もある。非正規雇用も増えていることも考慮すると、バブル最盛期から半減というのは大げさではないと思う。)


by hiroseto2004 | 2017-08-27 19:58 | 歴史 | Trackback
安倍総理のやっていることはよくみると「金丸信・竹下登」そのものです。

金丸信=山梨にリニア試験線
安倍晋三=リニアのために強引な国費貸し付け

金丸信・竹下登=リゾート法で自治体に金を使わせ、地域経済活性化効果は小、自治体の破綻と自治省の新自由主義的介入を招く
安倍晋三=カジノ法案で自治体に夢を抱かせるも世界各地でカジノ誘致は破綻

金丸信=東京佐川急便やゼネコンから巨額の献金(事実上の賄賂)
安倍晋三(配下の議員)=カジノ推進のためギャンブル業者から政治献金

竹下・金丸=ふるさと創生
安倍晋三=地方創生

金丸信=思いやり予算→自公民体制構築によるPKO法成立
安倍晋三=アメリカに追随しての自衛隊の海外派兵

反グローバリズム、反自民党の方でも、清和会=悪、経世会=善と決めつける方が少なくありません。
「経世会は、腐ってはいたが、清和会のような新自由主義ではなかった。」
と。

逆に、1990年代末には、実は、リベラルな方でも、経世会への憎悪の勢い余って小泉純一郎さん(清和会)を持ち上げる方が少なくありませんでした。今でも、大都会を中心に安倍自民党は嫌いだが、小泉さんや小泉さんの愛弟子だった小池さんはいい、という人が多くおられます。

そもそも、どちらも、「自民党」なのです。

本社社主は財政出動は否定しません。不況時の財政出動はこれは、世界的に見てもイデオロギー関係なしに当たり前の政策です。
そして、日本の政府規模は欧州に比べても小さすぎるとも思います。

しかし、金丸、竹下らのモデルは、とどのつまりは無駄なハコモノをつくって、そのトリクルダウンで人々が儲かるというモデルです。
小泉純一郎さんらが、一見クリーンに見えて、新手の財界の利益を代弁するならば、金丸、竹下らが、大手ゼネコンや財界の古手の利益を代弁していただけです。金丸・竹下らは政治献金の見返りに露骨な利益誘導を行い、小泉さんは、政府の委員に財界人を任命して、政策決定をさせたのです。

金丸・竹下政治の結果は、福祉や教育に回るべきお金が、無駄なハコモノに回っただけです。その結果、重厚長大の大手企業に利益が行っただけです。

安倍総理は、どちらかといえば、「金丸・竹下」政治を軸に「小泉」的な要素(政府の委員に財界人を任命)もハイブリッドして突き進んでいます。

結局は、重厚長大型大手企業と、自分たちに政治献金をくれる企業ばかりを優遇する。そのことに変わりはありません。

広島県でも、金丸的な政治が、当時の県議会議長・檜山俊宏さんによってまかり通ってきました。
借金をして、山を削り、海を埋め立て工業団地を造る。それが結局売れ残り、大きな赤字を広島県は抱えました。
結局、2003年に「檜山政権」はいったん打倒されました。そして、知事も2009年に湯崎英彦さんに替わりました。
ところが、2015年以降、特に不穏な動きが出てきています。たとえば、「地方創生」の名目で、ただでさえ売れ残っている
工業団地をまた造ろうという動きが出てきました。
最終責任は知事にあるとはいえ、安倍総理が「金丸・竹下」的な方向に地方を誘導しているのは間違いないのです。

小泉純一郎さんによる地方交付税カットなどは確かにひどかった。
しかし、小泉的なポストモダニズム政治への反発の勢い余って、「金丸・竹下」的なものへの批判が弱くなっては、本末転倒です。

結局は、「金丸・竹下」が招いたのと同じような新自由主義的な総務省(旧自治省)による、地方自治体への新自由主義的な
介入を招くことになるでしょう。そして、わたしたちの福祉や教育が削られるのです。

逆に特に大都会では、安倍総理の古くさい政治への反発の勢い余って、「小泉・小池・橋下」的なポストモダンな勢力を支持しても、結局はカジノ法案にみられるように、総理の思うつぼになるわけです。

「金丸・竹下」にも「小泉・小池・橋下」にもNO。

庶民の可処分所得を増やし、庶民の暮らしの不安を取り除く。そこを基本にしなければ野党は「金丸・竹下」(古い保守)に「小泉・小池・橋下」(新保守)も一部巧妙にハイブリッドした総理に勝てないでしょう。







More
by hiroseto2004 | 2016-12-08 21:33 | 思想・哲学 | Trackback
 なぜ、安倍総理が一定程度の支持を得ているか?

それは、いまから30年ほど前、1986年頃、経済がまだ右肩上がりだった時代を総理が取り戻してくれる
というイメージが広まっていることがあります。

他方で、1990年代以降に改革を標榜した政治家や政治勢力が期待外れに終わっていることも老舗政党である自民党の
追い風になっています。

今再び、甘利明前大臣がたとえ、露骨なあっせん利得行為を行ってもマスコミなどはとがめないと言うことがまかり通っています。
それは、世論動向が「クリーンさよりも経済をなんとかしてくれる」ことを要求しているからではないかとも思われるのです。

「1980年代、この時代はわけもなく元気だった」という通信会社のCMが人気なこととも連動しているのではないでしょうか?

だが、本当に「この時代」=金丸・竹下時代=に戻すだけで良いのか?あるいは「あのころに戻せるのか?」
そのことが問われます。

確かに正規雇用率は高かったが、他方で、あのころから「過労死」は問題になっていました。

あの時代以前は、セクハラも事実上泣き寝入りしかなかったし、雇用機会均等法が施行される前は賃金の男女差別も「公序良俗」として容認された驚くべき時代でした。

そもそも、重厚長大の大手企業を保護すれば、全てよし、などという当時のモデルが今の産業構造で通用するのでしょうか?
疑問は尽きません。

確かに1990年代から2000年代くらいの新自由主義構造改革は格差と貧困を広げた。

それは事実です。

しかし、だからといって、1980年代に戻せば良いというものではない。

時代の変化を織り込んだ、新たな再分配政策。

これが求められる所以ではないでしょうか?特にそれは自民党に対抗する野党・市民連合に求められる所以です。

by hiroseto2004 | 2016-09-09 21:08 | 経済・財政・金融 | Trackback
■「金丸・竹下」焼き直しの「安倍」が地方で苦戦し都会でウケるという「逆転」現象

金丸信・竹下登といえば、1980年代の日本を動かした政治家と言って過言ではないでしょう。

金丸は副総理、竹下は蔵相から幹事長、そして総理、そしてキングメーカーへ。

彼らの政治の特徴は「ふるさと創生」に象徴されるような地方へのバラマキです。そして、借金の面倒を交付税で見るという手法で、地方単独事業(実質的には国べったり依存の事業ですが)をさせてハコモノを乱立させることです。リニアも、金丸信の野望です。

いま、安倍総理も、経済政策面では似たような政策をとっています。リニアなど、金丸信が草葉の陰で喜んでいるのではないでしょうか?





More
by hiroseto2004 | 2016-07-11 20:16 | 参院選2016 | Trackback
広島ブログ

■アベ政治暴走、二つの共犯・・・「金丸・竹下」の味を忘れられぬ「成功体験固執派」と「ポストモダン知識人」の「格差是正」からの「逃亡」

正直に申し上げて、ごくごく最近まで、一定年齢層以上の方には根強く、「金丸信・竹下登」政治への郷愁があり、安倍総理の政治のうち「金丸・竹下」的なものに「一縷の望み」を賭けているような傾向がありました。

それでも、最近、介護保険を納めてもサービスが受けられなくなる介護保険法改悪の動きや、年金の含み損の問題などで、変わってきてはいますが。

一方、1980年代末以降、都市部のインテリ、特に若手・女性ほど、金丸・竹下的なものは嫌いな傾向があった。
それはそれでいいのです。



More
by hiroseto2004 | 2016-03-16 18:46 | 新しい政治をめざして | Trackback
広島ブログ

■「3.11」を悪用して復活した「金丸・竹下の亡霊」とその行き詰まり

安倍晋三政権の政治とは、「軍国化した金丸・竹下の亡霊」※と言えるでしょう。
竹下の「ふるさと創生」ならぬ「地方創生」で、やみくもなバラマキを行い、「アベノミクス」とやらで人口が減るのは明らかなのにがんがんハコモノを作るありさまを、天上の金丸信・竹下登がもし見たならば、泣いて喜ぶのではないでしょうか?


More
by hiroseto2004 | 2016-03-11 22:02 | 反緊縮・格差是正 | Trackback
広島ブログ

1980年代後半から1990年代初めの日本の政治を牛耳っていたのが竹下登ー金丸信一派であることは異論ないでしょう。
そして、格差拡大というと小泉純一郎さんばかりが注目されますが、竹下ー金丸一派の罪も重い。



More
by hiroseto2004 | 2016-03-02 23:07 | 反緊縮・格差是正 | Trackback
広島ブログ
【「竹下・金丸」に30年かけて戻った安倍政治】
安倍晋三総理の政治は、安保法や特定秘密保護法などの「政治右派」的な姿勢が目立ちます。
それはそれで、もちろん、重要な要素であり、批判していかねければなりません。
しかし、これらは、一方で、1990年代以降、アメリカの要求に従って、海外派兵を拡大してきた路線の延長ともいえます。安倍総理はもちろん、批判されるべきだが「安倍総理だけが悪い」わけでもないのです。







More
by hiroseto2004 | 2016-02-04 00:00 | 新しい政治をめざして | Trackback