人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:緑の党・ひろしま ( 20 ) タグの人気記事

広島ブログ
【今後の政治活動方針について】
緑の党・ひろしま 代表 
参議院議員(候補者・広島県選挙区)
さとうしゅういち

1、緑の党・ひろしまは2015年末をめどに発展的に解消します。

 



More
by hiroseto2004 | 2015-12-10 21:49 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback
広島ブログ
2015年4月12日執行の統一地方選挙において、さとうしゅういちと緑の党・ひろしまは、「護憲・脱原発・格差是正」派の最大化と「自民党(特に金権・利権派)」の最小化を図るため、党派を超えた共闘作戦「ヒロシマの心活かす市民発政界再編」を呼びかけ、実行しました。
4月12日、選挙結果が出たことを受け、一定の総括を行います。

広島市長選挙
当選 松井一実   275773 (自民、公明、民主推薦)
   こやのかおる 70116
   河辺たかふみ 17279(日本共産党、緑の党・ひろしま推薦)
   橋本まさとし 16675
   荒木みのる  10750

広島県議選 0勝3敗
推薦候補 1 当選0
支持候補 2 当選0

安佐南区 定数5
当選 河井あんり 自現                 20733
当選 佐々木ひろし 自現                13904
当選 くりはら俊二  公現                13222
当選 石橋林太郎  無新(自民推薦)        10125
当選 たかひろ純   無新(民主、社民、連合推薦) 8047

次点 つくだ守生   共新 (緑の党・ひろしま推薦) 5668
    みずの孝    維新                5009

東区 定数3

当選 緒方直之 自現           17289
当選 畑石けんじ 無新(自民党推薦) 10204
当選 大島昭彦  無新(自民党推薦)  7912
    
次点 白坂リカ 維新(緑の党・ひろしま支持) 4782

佐伯区 定数3

当選 宮崎康則 自現 14768
当選 滝本実   民現 12394
当選 富永健三  自現 12022 
次点 蔵本 健  無元   8397(緑の党・ひろしま支持)

広島市議選 8勝7敗
推薦候補 13人うち女性6人男性7人  当選7人 うち女性5、男性2
支持候補  2人 うち女性1人男性1人 当選1人 うち男性1

広島市議選 中区

  • 定員6人
  • 有権者数106,639人
  • 確定投票率36.49%
4位 当選 近松 里子 共現(緑の党・ひろしま推薦)4319
5位 当選 馬庭 恭子 無現(緑の党・ひろしま推薦)4290


広島市議選 東区

  • 定員6人
  • 有権者数95,469人
  • 確定投票率43.67%

6位当選 村上 厚子 共現 (緑の党・ひろしま推薦)5,171
  次点 大田 智弘 維新 (緑の党・ひろしま推薦)3,094



広島市議選 南区












  • 定員6人
  • 有権者数111,715人
  • 確定投票率41.95%
  • 開票終了



6位当選 中原 洋美 共現(緑の党・ひろしま推薦)4,969
  • 広島市議選 西区
  • 定員9人
  • 有権者数147,481人
  • 確定投票率41.85%
  • 開票終了



5位当選 中森辰一 共元(緑の党・ひろしま推薦) 5076
14位  沖横田秀雄 無新(緑の党・ひろしま推薦) 1341

広島市議選 安佐南区

  • 定員10人
  • 有権者数180,737人
  • 確定投票率43.41%
  • 開票率99%



7位当選 藤井とし子 共元(緑の党・ひろしま推薦)5606
13位   大瀬敬昭  社新(緑の党・ひろしま推薦)3068

  • 定員7人
  • 有権者数121,587人
  • 確定投票率46.31%
  • 開票終了



4位当選 山内 正晃(緑の党・ひろしま推薦)  5682次点 清水 貞子 共新(緑の党・ひろしま推薦)3568

広島市議選 安芸区

  • 定員4人
  • 有権者数62,803人
  • 確定投票率41.76%
  • 開票終了
  • 次点 中石ひとし 共新(緑の党・ひろしま推薦) 2754



  • 広島市議選 佐伯区

    定員6人
  • 有権者数109,158人
  • 確定投票率44.97%
  • 開票終了

  •  



6位当選 森野 貴雅 維新 4641(さとうしゅういち支援)8位    向井 みか 民新 4030(緑の党・ひろしま支持)9位    藤本 聡志 共新 3352(緑の党・ひろしま推薦)
広島市議選各党議席
自民党 選挙前24 今回27 候補25公明党 選挙前8  今回8  候補8日本共産党 選挙前3 今回5 候補8社民党 選挙前3 今回1 候補2民主党 選挙前2 今回1 候補5維新の党 選挙前0 今回1 候補6次世代 選挙前0 今回0 候補1無所属 選挙前9 今回14 候補 24
民主党は惨敗しました。南区で現職が落選。安佐北区でも森本しんじ参院議員の後継候補の新人が落選。佐伯区では社民党現職の地盤を引き継いだ新人が落選。安佐南区では、橋本博明元衆院議員の後援会長で地元高校の同窓会長の新人も落選。当選は中区の現職だけでした。社民党も、安佐南区で旧日本社会党以来維持してきた議席を失いました。現職の後継の新人が落選。議席を維持したのは安佐北区の現職のみでした。維新の党は6人を擁立し、佐伯区の新人のみが当選しました。無所属では、佐伯区で改革派無所属の女性元議員が返り咲いたのが目立ちます。また、中区でも市政改革ネット所属で緑の党・ひろしまも推薦した女性現職が四選を果たしました。
総じて、共産党が票を伸ばしました。しかし、市長選挙で推薦した河辺たかふみさんは、現職に遠く及びませんでした。維新の党は、候補者が重視される地方選挙の性格上、新人ばかりがゆえの知名度不足に悩まされて国政選挙ほどの票を出せませんでした。民主党、社民党は壊滅状態という形になりました。民主党については松井一実市長に市長選挙で相乗りしたことがわかりにくさを招きました。また、広島の民主党は、原発推進労組の地盤に支えられている面が大きく、このことが、リベラル層の民主党離れを他地域以上に招いています。その上、当時民主党所属だった橋本博明前衆院議員が酒気帯び運転で摘発されるという事件もあり、広島民主党は壊滅状態に陥りました。民主党は、県議選でも、県連幹事長が呉市選挙区で最下位でようやく滑り込み当選する有様で、安芸郡では議席を失いました。
投票率が4割から3割台と低迷したのは由々しきことです。市政への関心が低いというメッセージを市議や市長に市民が送ったことにもなりかねません。市政の生産性を高めるためにも、まずは、市民が選挙に参加するとともにきちんと議員や市長の働き振りをチェックしたり、生産的な提案をしたりすることも大事ではないでしょうか?


More
by hiroseto2004 | 2015-04-13 02:10 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback
広島ブログ

【沖縄、北海道に負けるな 「安倍晋三」という非常事態に「ヒロシマの心活かす市民発政界再編」で対抗しよう 統一地方選挙開始に当たって】
2015年(核時代70年)3月26日
 緑の党・ひろしま代表 さとうしゅういち
 4月12日執行の統一地方選挙前半戦が、3月26日、北海道知事選挙などの知事選挙を皮切りにスタートしました。
 わたくしたち・緑の党・ひろしまは、被爆地・ヒロシマから、また、直近の災害被災地広島から「海外派兵より被災者救援を」「災害大国日本に原発は論外」「庶民増税より格差是正」を掲げ、今回の地方選挙に臨みます。
 また、原発輸出や海外派兵に暴走する安倍総理の腹心で自民党の超大物政治家・岸田文雄外務大臣の地元・広島において、野党を躍進させ、安倍暴走にストップをかけることを呼びかけています。
  広島市長選挙においては、「市民のための市政をつくる会」の河辺たかふみさんを推薦し、奮闘します。
 広島県議会議員選挙においては、安佐南区選挙区で日本共産党公認・つくだ守生さんを公認候補並みの体制で推薦するとともに、「自民党議席最小化」のため、広島市内各選挙区で野党・改革派無所属候補を推薦・応援します。

 広島市議会議員選挙では、日本共産党、社民党、護憲派無所属をはじめとする野党勢力の最大化を図るとともに、自民党の特に金権・利権派議員の最小化を図ります。

 確かに、既成政党に対して、特にいわゆる市民派の皆様の間から不満やときとして嫌悪の声が多く聞かれるのも事実です。

 しかし、今は「安倍晋三という非常事態」なのです。

「選挙に勝ちさえすれば、自分たちは何をしてもいい。」
いや、沖縄県知事選挙で負けても、平気で新基地を強行するところを見ると、それよりもひどい。
「総理大臣である自分は何をしてもよい」
といわんばかりの人間がその地位にあるという非常事態なのです。

 自民党を減らさなければ、庶民からはますます増税、格差は拡大し、働くルールは壊され、過労死や自殺が増えることになりかねない。そうなってからでは遅いのです。

 自民党を減らさなければ、劣化ウラン弾を使うような戦争に自衛隊も参加し、また被曝者を増やすことになる。そうなってからでは遅いのです。

 自民党を減らさなければ、原発は推進どころか輸出され、国内外でまた、ヒロシマ、ナガサキ、ビキニ、チェルノブイリ、フクシマに続く被害を出すことになりかねない。そうなってからでは遅いのです。

 はっきり申し上げます。革新・野党党派間の細かいいきさつなんぞどうでもいい。

「安倍自民党を認めるか否か」あるいは「安倍自民党的なものを認めるか否か」
こそが、重大なのです。

 沖縄では、県知事選挙、衆院選挙で野党協力を進め、成果を挙げてきました。
そして、本日告示の北海道知事選挙では、官僚出身の自公系現職知事に対して、脱原発・地域経済重視の候補を民主、共産、社民、維新、我々緑の党などが統一で応援しています。

 広島でも、2013年11月の県知事選挙で、緑の党・ひろしまは、日本共産党推薦候補を支援。さらに、2014年7月の「つくだ守生」さん立候補表明意向は、つくだ守生を勝手連を立ち上げ、応援してきました。

 一方で、野党全体を伸ばすため、たとえば「維新の党」しか選択肢がない場合は維新の候補にも支援を行うなど、柔軟な対応をとってまいりました。

  既成政党について「**党はだめ」と拒絶するのは簡単です。しかし、端から話し合いの道を閉ざすよりは、一致できる点は大いに一緒に進め、また、政策提言を行うなどの関係を構築したほうが、 得策であると考えています。

  そもそも、安倍暴走を許すか許さないかという瀬戸際にあるとき、
「**党は、駄目だ」
「いや、俺たちこそ真の市民派だ」
などと、斜に構えている余裕があるのでしょうか?

 自民党を減らすことで、自民党内から「安倍では国政選挙は戦えない」の声を起こさせるという可能性も出てきます。

 「より近い政党や政治家を応援し、選挙後は政策提言も含めて支えてしっかり仕事をしてもらう。」
これが、政治家の雇い主としての有権者の責務であると考えます。

そもそも、緑の党グリーンズジャパンは「参加民主主義」をうたっている党です。

そうであるならば、「お住まいの地域で、どの人がより、応援に値するか」をお示しする責任があると考えます。

その本来すべき当たり前のことを、緑の党・ひろしまとしては実行しているまでのことです。

 そして、一方で「より近い人を応援した上で、しっかりとチェックを」ということも伝えていくのも責務であると考えます。

ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


 こうした方針で、これまで、街頭活動を行ってまいりました。
 統一地方選挙期間中も、その後も、こうした方針を堅持し、街頭宣伝やインターネット、紙媒体含め、情報発信を行ってまいる所存です。

 どうぞ、ご指導・ご理解のほどお願い申し上げます。
 
 青空が好きで 花びらが好きで
いつでも笑顔の すてきな人なら
誰でも一緒に 歩いてゆこうよ
きれいな夕日が 輝く小道を
(戦争を知らない子供たち)
2015年統一地方選挙への対応について~「市民発・ヒロシマの心活かす政界再編。」宣言~

 
 

 


More
by hiroseto2004 | 2015-03-26 22:49 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback
広島ブログ
■原爆症認定基準・・・政府は司法判断にこたえ、ヒバク問題に真摯に向き合え(談話)

緑の党・ひろしま 共同代表 さとうしゅういち 2013年(核時代68年)11月  日

がんや心筋梗塞など被爆者の病気を原爆症と認定する基準の見直しに向けた厚生労働省の有識者検討会が11月14日開催され、最終報告書の原案が示されました。
原爆症認定を巡っては、国の審査が厳しすぎるとの司法判断が続いていました。
2008年に新基準を設けましたが、申請却下が5年間で1万件を超えるような実情があり、さらに却下の取り消しを求める訴訟で被爆者が勝訴する例が相次ぎました。
司法判断と行政の溝を埋めるべく、これを受け、2010年に検討会が設置されました。

しかし、3年の議論を経て示された「報告書案」は「判決を一般化した基準の設定は困難」
として現行制度は変えず、判断基準をより明確に示すことを求める内容にとどまりました。

2008年制定の現行制度では主に七つの疾病を原爆症としています。
がんは爆心地から三・五キロ以内で直接被爆した場合や原爆投下後100時間以内に、
同2キロ以内に立ち入ったことなどの基準で認定しています。
しかし、ほかの疾病は「放射線が起因していることが明確である」などと条件があり、
認定率が極めて低くなっています。

 さらに、現行制度は、残留放射線の健康影響は「確認されていない」とする立場です。
原爆投下後に広島、長崎市に入ったいわゆる「入市被爆者」への認定率も低くなっています。

 検討会で被爆者側は、被爆者健康手帳を持つ全員に支給する手当の創設を提案。がんなど一定の疾病にかかった場合は、被爆距離や入市の状況など放射線起因性を問わず、障害の程度に応じ加算するしくみを求めていました。

 しかし、報告書は、がん以外の疾病に求める放射線起因性は不明確で分かりづらいと切り捨てました。
代わりに被爆距離などの基準を明確に示すべきだとしたが、「がんと同程度の基準緩和は適当でないとする意見が多数」としてしまいました。

その上で、「他の戦争被害との区別や国民の理解が得られない」と現行制度の維持を正当化しています。

いわば、戦後、ずっと貫かれてきた被爆者に対する行政府の姿勢をそのまま踏襲したものであり、誠実さを欠いたものです。言い換えれば「よく分からないから切り捨てる」という姿勢が見え見えです。

 現在、東電福島第一原発事故による被曝が心配されています。そうした状況で、行政府が原爆被爆者にとって異様に厳しい現状を維持することは、広島・長崎の被爆者だけの問題ではありません。

 結果として、原発事故を巡って、国が責任を逃れるための「布石」となる恐れもあります。

わたしたちは、被爆地の緑の党として、国の被爆者問題に関する責任逃れを許しません。
わたしたちは、政府に対して、原爆被爆者に関する司法判断にまじめに向き合い、法律や仕組みを変えることこそいま必要です。

そして、原発事故とそれに伴う放射能汚染について、真摯に向き合うことを求めます。


More
by hiroseto2004 | 2013-11-27 22:42 | 反核・平和 | Trackback
広島ブログ

緑の党・ひろしまは、広島県知事選挙において、革新無所属・反原発・反安倍改憲、反TPP、反消費税増税の大西オサム候補を自主的に支援しています!

消費税増税NOの一票は大西オサムへ!
瀬戸内海から原発をなくす一票は大西オサムへ!
環境破壊・無駄遣いの高速五号線を止める一票は大西オサムへ!
安倍暴走をヒロシマから止める一票は大西オサムへ!

明日(9日、選挙戦最終日!)の街頭演説の予定です
【事務所スタッフより】

選挙戦最終日の明日は、広島市南区、東区、中区をまわります。

主な演説箇所をお知らせしますので、お近くの方はぜひ足をお運びください。

8:00~ 広島駅北口

8:55~ 段原南第2公園

9:45~ 宇品神田郵便局

10:15~ 皆実平和住宅

11:05~ 本浦宮の脇市営住宅

12:00~ 大洲きむらストア

14:00~ 牛田早稲田第2公園

15:05~ 戸坂百田団地(市営住宅付近)

16:30~ 旧市民球場前

18:10~ 光南スパーク

19:10~ 白島マルナカ

19:40~ 金座街入口
(最後のうったえです。ぜひみなさんお越しください)

 

==================

大西オサムの政策はこちらをご覧ください

●法定1号ビラ
http://kakushinhiroshima.hatenablog.com/entry/2013/10/24/155419
●民主県政の会パンフ(PDF・16ページ)
http://kaeruhiro.web.fc2.com/kensei_pamphlet.pdf
●街頭でのうったえ(動画・告示日第一声)
http://youtu.be/WfxDXgXRmJ4

==================

つづきはこちら
by hiroseto2004 | 2013-11-08 20:52 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
広島ブログ


ラストサンデー、本通り練り歩きやります!
【事務所スタッフより】

広島県知事選挙の山場、ラストサンデーの11月3日、大西オサム候補と会の仲間が一緒になって、広島市中区の本通り商店街を練り歩きます。

革新県政の実現へ、県民、市民の皆さんに大きくアピールしたいと思います。

ぜひ、ご参加ください。

 

12:00 金座街入口で宣伝行動

12:20 練り歩きスタート

12:40 本通り電停前で宣伝行動

 

==================

大西オサムの政策はこちらをご覧ください

●法定1号ビラ
http://kakushinhiroshima.hatenablog.com/entry/2013/10/24/155419
●民主県政の会パンフ(PDF・16ページ)
http://kaeruhiro.web.fc2.com/kensei_pamphlet.pdf
●街頭でのうったえ(動画・告示日第一声)
http://youtu.be/WfxDXgXRmJ4

==================

つづきはこちら
by hiroseto2004 | 2013-11-02 20:27 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
広島ブログ


【大西オサム候補ブログより】

大西オサム候補の明日(31日)の街頭演説の予定です 。
※緑の党・ひろしまは、広島県知事選挙において、革新無所属・反原発・反TPP・反消費増税の大西オサム候補を自主的に支援しています。

知事には大西オサム。
「ヒロシマの心活かす県政」で持続可能な社会、誰もが置きざりにされない社会をつくる立場から大西候補を応援します。

【事務所スタッフより】

明日は、北広島町、安芸高田市をまわります。

主な演説箇所をお知らせします。

お近くの方は、ぜひ足をお運びください。



8:55~ 農協前

11:50~ 大朝支所

14:30~ 高宮支所

15:30~ 甲田支所

16:30~ 向原駅

17:20~ ゆめタウン



==================

大西オサムの政策はこちらをご覧ください

●法定1号ビラ
http://kakushinhiroshima.hatenablog.com/entry/2013/10/24/155419
●民主県政の会パンフ(PDF・16ページ)
http://kaeruhiro.web.fc2.com/kensei_pamphlet.pdf

つづきはこちら
by hiroseto2004 | 2013-10-30 20:35 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
『秘密保護法』より『情報隠しで国民に被害なら厳罰』法こそ必要

特定秘密保護法より情報公開の充実を!【談話】

政府は10月25日にも、特定秘密保護法案を閣議決定し、今国会に提出しようとしています。
この「特定秘密保護法」は、
1、「特定秘密」が、行政機関の長、すなわち官僚が勝手に決められる
2、何が秘密かさえ、公開されない。
3、ジャーナリストなどによる通常の取材活動が秘密漏洩の教唆や扇動として処罰される恐れがある。
4、逮捕容疑も公開されないので、裁判所のチェック機能も働かない。
という問題だらけの法案で、憲法そのものを否定するものです。
そして、特にジャーナリストの権力へのチェック機能を弱体化するものです。

秘密主義の悪しき先例としては、アメリカの愛国者法があります。アメリカでは、いわゆる愛国者法を背景に、情報統制が強まっています。
たとえば、アフガニスタンをはじめ、中東での無人攻撃機による戦闘行為については情報が公開されていません。民間人が「誤爆」で多く犠牲になっていることも国連機関の調査で明らかになるまでは闇に葬られ、被害者は泣き寝入りを余儀なくされています。

今回の特定秘密保護法案は、アメリカの戦争に日本の自衛隊も前線で一緒に参加することの下準備の面もあります。
アメリカの場合はそうはいっても、まだ、30年、50年なりすれば、自動的に機密が解除され、政策の妥当性も検証される仕組みが整っていますが、日本ではそれがありません。そのような状況のまま、今回のような法律が成立してしまえば、情報は出てこず、国民や国会議員は是非の判断もできなくなってしまいます。
いま、日本に必要なことは、むしろ情報の公開です。そして、官僚たちによる政策判断
の妥当性をあとからでも検証できるような仕組み作りです。
そもそも、国レベルでは東電福島第一原発事故での情報隠しは記憶に新しいところです。政府首脳は、堂々と「汚染水はコントロールされている」と発言するありさまです。
 民間企業でも、情報を隠したり嘘をついたりすれば、証券取引法違反などで処罰されることがあります。しかし、官僚たちは原発事故では誰一人、罰せられていません。
 今、この日本に必要なことは、官僚などが嘘をついたり情報を隠したりすることで、国民に損害を与えた場合にこそ、厳罰を科することではないでしょうか?

わたしたちは、国会議員のみなさまに対して呼びかけます。みなさまの国政調査権も、「特定秘密保護法」の名のもとに制限を受けるのです。国会議員がこの法案に賛成することは自殺行為です。自民党では村上誠一郎議員が唯一、反対の意向を示しているそうです。心から村上議員の勇気に敬意を表します。

そして、広島市民の皆様には11月2日15時45分、広島市中区平和記念公園南側タクシー乗り場付近を出発する特定秘密保護法に反対するパレードへのご参加をこころから
呼びかけます。

 まだ、あきらめてはいけません。後々に禍根を残さぬよう、この特定秘密保護法案を止めましょう。

2013年(核時代68年)10月24日 緑の党・ひろしま 共同代表 さとうしゅういち(佐藤周一)
by hiroseto2004 | 2013-10-24 21:23 | 緑の党・ひろしま | Trackback
広島ブログ

【10月14日 緑の党・ひろしま例会】

10月14日(月)15時半より、緑の党・ひろしま 例会を開催します。

9月の東京での緑の党グリーンズジャパン総会後、初めてのひろしまの例会となります。

広島地域の緑の党関係者の方は、重要な会議になりますので、ぜひ、ご参加ください。

また、下記に目を通してからご参加いただければ幸いです。

10月度 緑の党・ひろしま 例会 
2013年10月14日(月)15時半~ 広島市中区袋町 市民交流プラザ

ルール:発言に際しては、他人の批判ではなく、「自分はこう思う、こうしたい」という「I メッセージ」でお願いします。

1) 活動報告
2) 総会の報告(さとう共同代表)+質疑応答、意見交換
3) 参院選会計報告(事務局長)+質疑応答、意見交換
4) 今後の活動について(活動方針+ローカルマニフェスト作成)+意見交換

参加資格 緑の党・グリーンズジャパンに興味がある方ならどなたでも

つづきはこちら
by hiroseto2004 | 2013-10-05 18:30 | 緑の党・ひろしま | Trackback
米英仏のシリア攻撃に反対し、事態収拾へ各国・各派の努力を求める(緑の党・ひろしま)


http://greens.gr.jp/seimei/8698/

【声明】シリア問題-緊急に必要なのは全ての軍事行動の停止と一般市民の保護
2013/09/06
【声明】
シリア問題-緊急に必要なのは全ての軍事行動の停止と一般市民の保護

2013年9月6日 緑の党・運営委員会



  8月21日、化学兵器によって多くのシリア市民の命が奪われ、アメリカなどがこれを政権側の使用であると断定し、シリアへの軍事攻撃を準備しています。

 一方で、英国はシリアへの軍事介入を断念しました。EU(欧州連合)も軍事介入に反対し、政治解決を求める立場を明らかにしています。国連の検証や合意に基づかないままの、そして事態の解決にはつながらない軍事攻撃に、私たち緑の党も強く反対します。

 また、自国民に対して国際人道法違反の戦争犯罪を続けてきたシリアのアサド政権、残虐行為を重ねた反政府武装勢力、そしてそれぞれの勢力を支援して来たロシアと欧米各国の責任も重いものがあります。全ての当事者と各国がそれぞれの思惑や利害ではなく、内戦の停止に向けて努力し、ICC(国際刑事裁判所)への付託や国連安保理および加盟国が真摯に議論、行動することが重要です。こうした問題の解決に向けた国際的な枠組みの強化も必要です。

 同時に私たちは、シリアの人々が置かれた深刻な状況に目を向けなければなりません。
 これまでの内戦によって、すでに600万人以上(人口約2100万人強)のシリアの市民が住む場所を離れ、国内外で難民化しています。しかし、紛争に関わる国々は、互いに非難の応酬を重ねる一方で、こうした一般市民の保護には関心が低く、その結果、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)などの国際機関や国際人道団体は十分な財政的基盤がないまま、困難な活動を余儀なくされています。

今回、アメリカの軍事攻撃の意思に一定の理解を示した安倍政権の対応は、思慮の浅いものだと言わなければなりません。日本を含む国際社会にとって今緊急に必要なのは、紛争停止への努力と同時に、UNHCRや国際人道団体への支援、シリアと国境を接する国々の難民受入への支援、紛争により危険・困窮状態に陥った地域の市民への支援など、「シリアの一般市民の保護」という観点からあらゆる方策を追求することだと、私たちは強く訴えます。
by hiroseto2004 | 2013-09-06 20:08 | 緑の党・ひろしま | Trackback