人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:行政委員会 ( 2 ) タグの人気記事

2021広島県知事選挙を前にさとうしゅういちは提言します③

各種行政委員会の民主化・実質化を進めます。

教育委員会は準公選制ないし公募制とし、第二次世界大戦後すぐのように公選制に戻すことを目指します。

その際、過去に準公選制を導入していた中野区の皆様から積極的に意見を聴取し制度設計の参考にします。

公安委員会も戦後すぐのような公選制に戻すことを視野に準公選制ないし住民からの公募ないし推薦制を導入します。

労働委員会は最大労組以外の労働組合や非正規労働者の代表も労働者委員に任命します。

戦後すぐは、各種行政委員会が民主的で実質的な権限を行使しうる仕組みでした。
しかし、東西冷戦激化をバックにいわゆる「逆コース」で民主化は後退。行政委員会の有名無実化が進みました。しかし、今後は朝鮮半島でも東西冷戦も終了し、「逆コース」の理由となった事実が消滅しつつあります。
こうした中で、最初の戦争被爆県・広島の知事として、冷戦で一旦後退した民主化の成果を回復します。

by hiroseto2004 | 2018-05-06 18:40 | 広島県政(広島県議会) | Trackback
本来的にいえば、教育委員会は「市民が市民を教育する」のが建て前です。

公安委員は「市民が自主的に治安を守る」のが建て前です。 戦前に、与党側が露骨な選挙介入を行ったことへの反省がこめられています。

そもそも、知事や市長候補が教育の中身をマニフェストに掲げるのは大原則からすれば、おかしい。

移動交番をつくる、とか某知事いうのも厳密にいえばおかしい。

だが、現実には、教育委員も公安委員も、知事が議会の同意を得て選任する仕組みです。

国政レベルでも、漆間副長官に象徴されるような、司法と行政、与党の癒着は甚だしい。

しかし、戦後すぐは、教育委員は公選でした。 ならば、その時代へもどせばいいのではないでしょうか?

今の状態は、ある意味、自民党独裁とセットの、「開発独裁」です。 民主主義を押さえ込む代わりに、経済発展に馬力をかける事を優先させたのです。いわゆる「逆コース」がそれに拍車をかけたのです。「逆コース」時代に、23区の区長が任命制になったり、教育委員の公選制も廃止、警察の労組も禁止されるなどしたのは皆さんもご存知でしょう。

しかし、日本はとうに先進国段階にならないといけない段階です。教育委員も、公安委員も、選挙で選ぶようにすべきでしょう。

 さらにいえば、公正取引委員会なども機能していない。大蔵省の天下り先となっています。

 正確に言えば、大きな会社の不公正な行為には甘く、中小企業の談合には厳しいのではないか?

 。戦後、ずっと、中小・小規模企業の労働条件が押さえ込まれてきたのも、結局はこのような公取の問題があります。 製造業から出版、運輸などにいたるまで、中小・小規模事業者・労働者は、工賃・賃金を抑え込まれてきました。協同組合も作られてはいますが、余り機能していない例もあります。

 派遣切りの問題はもちろん深刻です。しかしもっと前から、構造的な問題があったのです。

 民主的であるべきはずのシステムが、民主的に機能するようにする。そのことをを最低限、今、求めたいのです。

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!






e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

e0094315_1847474.jpg



by hiroseto2004 | 2009-05-08 20:40 | 新しい政治をめざして | Trackback