人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

タグ:解釈改憲 ( 5 ) タグの人気記事

【緊急声明】集団的自衛権行使容認の閣議決定は事実上のクーデタ
-正当性を失った安倍政権を退陣へ-

2014年7月1日 緑の党グリーンズジャパン運営委員会

 本日夕方、安倍政権は集団的自衛権の行使を容認することを閣議決定し、同午後6時に安倍首相が記者会見を行いました。これを受けて、緑の党グリーンズジャパンはあらためてこの閣議決定を非難し、同政権にもはや正統性がないことを訴えます。

 第一に、権力者(為政者)が、憲法の全部もしくは一部を停止もしくは猶予することは、政治学的には「自主クーデタ」と定義されます。今回の閣議決定は、「解釈改憲」にすら当たらない、事実上のクーデタであり、海外メディアでもそのような論調が既に見られています。安倍政権は立憲主義の法治国家である日本国の内閣を構成する要件を逸脱してしまったと私たちは考えます。

 第二に、前回の声明(※1)で指摘した通り、閣議決定された「集団的自衛権」の論理は完全に破綻しています。安倍首相は記者会見で、米国当局によって「そのようなケースはない」と断言された「米艦による邦人輸送護衛」などが描かれたパネルを再び掲げるなどした挙句、「抑止力」という時代遅れの言葉を使って「より平和になる」などという詭弁を弄するなど、もはや何の論理性も合理性も見当たりません。

 この「集団的自衛権」に基づき日本が武力を行使すれば、直ちに日本は相手にとっての「敵国」となります。武力紛争の現場において、「限定的」などという身勝手な言い分は通用しません。さらには、日本国内への攻撃や戦乱の拡大も覚悟しなければならなくなります。東アジアにおける安全装置となり、世界中で活躍する日本人の安全を保障し、さらには世界各地の紛争地において重要な平和構築の役割を果たしてきた憲法9条の適用を行政権によって停止するというこの暴挙は、日本や東アジアのみならず、世界の平和と安定を大きく根本から揺るがすものとなります。

一方、閣議決定がなされたとはいえ、私たちにはまだ声を発することも、行動することも、そして多くの人びとと手を取り合うこともできます。集団的自衛権を運用していくために、安倍政権は自衛隊法改正をはじめ20近い法律をこれから整備していくことになります。武力行使をさせないために、そしてこの“クーデタ”を無効化するために、国会や司法だけでなく、自治体議会、そして街頭から国際社会まで含めた様々な場での議論と広範な世論形成が、これから為されることでしょう。私たちは、首相官邸前をはじめ全国各地の取り組みに集まった何万もの人々、そしてこれから為されるひとりひとりの市民の声や行動こそが政治や社会を変えることを確信しながら、その実現のために全力を尽くします。膨大な犠牲と幾多の試練の上に確立され、将来世代に引き継いでいくために過去から私たちに託された平和と立憲主義を、守り抜くことが私たちの世代の責務です。

 緑の党グリーンズジャパンの自治体議員も多数参加する超党派の「自治体議員立憲ネットワーク」は、本日付声明で「意見の違いを尊重しつつも、この安倍政治の暴走を止めるよう力を合わせる必要があります。自衛隊派兵・戦争参加、壊憲攻撃に立ち向かう政治の大連合を私たちは強く求めます」と訴えています。
 私たちはこの呼びかけを支持するとともに、平和と立憲主義を守るすべての政治勢力や市民のみなさんと連携し、街頭で、選挙で、議会で、さまざまな現場で、正統性を失った安倍政権と対決し、退陣を迫る動きをつくっていくことを決意します。

※1:「【緊急声明】閣議決定による集団的自衛権行使容認に反対する-安倍内閣の退陣を-」http://greens.gr.jp/seimei/11537/


by hiroseto2004 | 2014-07-02 09:23 | 緑の党・ひろしま | Trackback
e0094315_17184464.jpg

e0094315_17184455.jpg


【前線へは、まず総理(丞相)から】

集団的自衛権で、「時間をかけずに結論を」とせかす安倍総理。

海外で戦争をする国になるかどうかという、きわめて重大なことを「時間をかけずに結論を」、とせかす総理。

戦争をしたくて仕方がないのでしょうか?

さて、大昔は、総理(=丞相)が前線へ出たものです。

また、どこかを攻撃するなら、攻撃を提案した将軍が先鋒を行くことになります。

それくらい、大事なことだから。

しかるに、今は、総理は安全地帯に身を置きつつ、国民を戦わせようとしておられます。

そんな総理には、「前線へは、まず総理(丞相)から。」

それが嫌ならやめましょう。


by hiroseto2004 | 2014-06-06 17:18 | 憲法 | Trackback
********** 拡散大歓迎! ************

集団的自衛権についての安倍内閣の憲法解釈変更の動きには、各紙の世論
調査を見ても大多数が反対を表明しています。政府・自民党は適用「範囲
を限定する」などの小手先を弄して、なんとか与党内の矛盾や世論を懐柔
しようとしていますが、それによってこの9条破壊の本質が変わるもので
はありません。

この重大な憲法の危機に際して、私たちはいまこそ主権者として、立ち上
がり、大きな声を挙げるときだと思います。下記集会とデモに是非ひとり
でも多くのみなさんがご参加下さいますようお願いします。集会場には、
市民個人の皆さんの参加席や、手話通訳も用意しております。

集会名称:解釈で憲法9条を壊すな!4・8大集会&デモ
     ~『集団的自衛権の行使』は海外で戦争すること

日時:4月8日(火)18:25~19:30まで
         (17:30開場、18:00~プレ企画)

会場:日比谷野外音楽堂、その後、国会請願デモと銀座デモの2コース

集会内容:
実行委員会からの挨拶
スピーチ・大江健三郎さん(作家)
連帯挨拶・「秘密保護法」廃止へ!実行委員会/戦争をさせない1000人委
         員会/日本弁護士連合会憲法委員会
国会議員挨拶(近藤昭一・民主党衆議院議員、志位和夫・共産党委員長、
            吉田忠智・社民党党首、糸数慶子・参議院議員、ほか)
各界の諸団体から2分間スピーチ

プレ企画・松崎菊也(戯作者)、各界の諸団体から2分間スピーチ

主催:4・8集会実行委員会(4月4日現在、120を超える団体が賛同)
連絡先 03-3221-4668(市民連絡会)
    03-3261-9007(憲法会議)
ウェブサイト: http://kyujokowasuna.com/
by hiroseto2004 | 2014-04-06 20:33 | イベント情報 | Trackback
e0094315_12565518.jpg

【反省した上で安倍さんを追及して欲しい方がいる】憲法解釈は閣議で決めるという安倍さん。
このように暴走する安倍さんを追及して欲しい方がいる。ご自分の過去の言動を反省した上で。
その名は菅直人。「民主主義とは期限を切った独裁」と発言されたことがあります。
これはまずかった。
やはり、このご発言を自ら反省された上で、安倍総理に対しても「お互い、公務員である以上、いまある憲法は守っていこうや。」と迫られたらいい。
どの政党が選挙で勝ったとしても、勝手にしてはいけないことがあるのだから。
by hiroseto2004 | 2014-02-21 12:56 | 憲法 | Trackback
【8月15日に当たって】
第二次世界大戦の全ての犠牲者を追悼します。
さて、わたくし、さとうしゅういちが最近力を入れて訴えていることは、『自衛官の命と人権を守りたい』ということです。安倍さんは、ついに、解釈改憲でアメリカ以外についても集団的自衛権の範囲内とすることを検討させるそうです。
今までは、日本国内でアメリカの艦船が攻撃された場合などを検討していました(日本国内ならそもそも個別的自衛権だと思いますが)。だが、際限なく、アメリカが海外で武力行使することに自衛官も参加させられることになります。
かつて、ベトナム戦争に韓国軍が参加したように。チェコスロバキア侵略に、ソビエトの命令で東ドイツ軍やポーランド軍が参加したように。自衛官だってそんなはずではなかった、という方が多いでしょう。そうなれば、自衛官に対しても締め付けが厳しくなる。自衛官も基本的人権は当然ありますが、安倍改憲で『公の秩序』の名の下、人権というものがなくなるかもしれない。
このことはいま訴えなくていつ訴えるのか、です。
世界中で68年前のようなことはあってはならない。そして、愚行のために、日本の若者をアメリカ軍に差し出してはならない。
by hiroseto2004 | 2013-08-15 08:41 | 歳時記 | Trackback