人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:防雪・除雪 ( 1 ) タグの人気記事

「コンクリート=悪」の固定観念は「人」も大事にしない

2009年の事業仕分けで、鉄道への防雪・除雪設備への補助金も仕分けされていたそうです。

民主党政権に期待されていた役目は、おそらく、自民党政権時代の縦割りの交通政策を改めることではなかったのか?

道路、鉄道、船、飛行機。これらの役割分担をどうするか?ではなかったのか?

だが、そういう議論よりも優先されたのは細かい補助金のカットでした。

細かいけれど、大事な事業ってたくさんあるんですよ!?

わたくし、さとうしゅういちは、一応、冬には大雪に見舞われる地方(広島県北部)に4年間勤務していました。

広島市出身の知事(当時)が、全く北部の事情を無視した制度を導入しようとして猛反発を食らったのも覚えています。

現地も見ないでバッサリ、東京のエライ人だけで補助金を切ってしまったら、大変なことになりますよ?!

自民党も末期には東京の若殿・姫君ばかりの政治になっていましたが、民主党はもともとは、東京中心の政党。最近では、地方出身の一年生議員も多く誕生しています。ところが、そういう一年生議員は、事業仕分けからは排除されてしまっていた。そのことも微妙に痛いようにおもいます。

民主党は地方出身の一年生議員の力を活用しないことにより、自民党と同じ過ちをおかしつつある。

地方を切り捨てつつ、輸出大手ばかりの支援に力を入れる。

民主党が小泉化すれば、災害に弱い日本になってしまいます。

公共事業は減らすべきではない。

確かに、昔の様に新たな箱物をガンガン作る時代は終わりました。

しかし、メンテナンス需要、また災害対策は必要です。

デフレ解消の意味でも、公共事業総額は減らすべきではない。

民主党政権が「鉄道の防雪・除雪設備への補助金」も“仕分け”していた
☆大雪の影響、山陰本線の特急が立ち往生
(元旦の日本テレビ動画ニュース)
http://www.news24.jp/articles/2011/01/01/07173363.html

大雪の影響で、JR山陰本線の下市~御来屋の線路上で、先月31日夕方から特急「スーパーおき」5号が動けなくなった。1日午前8時現在も立ち往生の状態が続いていて、乗客約130人は車内で一夜を過ごした。



茶請け
http://twitter.com/#!/ttensan/status/21273951250423809
09年の仕分けで鉄道軌道輸送高度化事業費等補助が仕分けされていました。地方路線の整備や防除雪設備への補助金です。道路だけでなく鉄道の方も仕分けの影響を疑わざるをえません。



〔日本政府インターネットテレビのアーカイブより〕

14ch 行政刷新会議事業仕分け

行政刷新会議事業仕分けの模様を紹介

2009/12/21

11月24日/事業番号1-46/鉄道軌道輸送高度化事業費等補助

http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg3005.html

2009年11月に行政刷新会議において実施された「事業仕分け」のワーキンググループの議論をすべて公開しています。



by hiroseto2004 | 2011-01-02 20:19 | 事故・災害・事件 | Trackback