人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:高速5号線 ( 4 ) タグの人気記事

広島高速道路公社(県・市折半出資)も中国新聞による高速5号線問題に関する情報公開請求にたいして、黒塗り(いわゆる「のり弁」)資料。
国から身近な県・市まで腐りきっている日本。



by hiroseto2004 | 2019-01-23 18:24 | 広島市政(広島市議会) | Trackback
by hiroseto2004 | 2018-11-30 20:06 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback
何ということだ!広島市のトンネル工事費がどんどん膨らんでいく!国の五輪予算と一緒だ!
広島高速5号線のシールドトンネル工事の工事費を増額するとの記者会見を受けて、日本共産党市議団はトンネル工事差し止めを求めて裁判をされてきた地域住民の団体の代表者らとともに、事業費を度外視した契約は無効であり、工事を一旦中止すべきであると公社・県・市に申し入れました。
 トンネルの掘削工事に不可欠なRCセグメントが見積段階で除外されていたにもかかわらず、公社は事業者と契約をし、議会にも秘密にしたままトンネル工事を開始しています。
 見積になかったRCセグメントは掘削した箇所にはめていくもので、これがなければトンネルは完成しないのです。
 家で言えば柱がない。車で言えば、エンジンがないと同じです。
 
 総額200億円の予定価格で公募し、予定価格に9200円を残すだけの満額での契約でした。2016年5月の契約以来、業者からは4回にわたり事業費を増額してほしいとの要請がされてきたというのです。
 しかし、議会には200億円では事業費が足りないとの説明は、全くありません。いくらの増額が求められているのかも言えないというのです。
 トンネル掘削工事を着工さえすれば、あとは、いくらでも事業費は増額できるとの認識が「公社と事業者」の双方にあったとのではないでしょうか。
こんなずさんな契約のやり方を認めることは、できません。今後の公共事業の契約の在り方にも影響を及ぼしかねません。
 重要な部分の見積もりがないままになぜ、契約したのか、経緯や責任が明らかになるまでは、トンネル掘削工事はいったん中断すべきと求めましたが、公社は工事を続けるというのです。これほど市民を馬鹿にした話はありません。
by hiroseto2004 | 2018-11-08 19:09 | 広島市政(広島市議会) | Trackback(1)
広島二葉山トンネル(広島高速5号線)差止め裁判は、1月31日(水)、広島地裁で判決が言い渡されました。
事業者(県・市)側の言い分をほぼ丸呑みした不当判決でした。
このままでは、9月にもトンネル着工が強行されてしまいます。

広島二葉山トンネル(高速5号線)差し止め裁判は、残念ながら住民側の敗訴が言い渡されました。
弁護団より行政寄りの判決の問題点が指摘されました。
①現地調査をしない。
②費用対効果を判断しない
③立証責任を原告に求める
住民や原告からも納得できないという声が上がっています。

by hiroseto2004 | 2018-01-31 20:26 | 広島市政(広島市議会) | Trackback