エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:麻生太郎 ( 151 ) タグの人気記事

植松聖による相模原大虐殺からもうすぐ2年

植松聖による相模原大虐殺からもうすぐ2年。しかし、植松のような思想の元都知事、元総理(現在も大物閣僚)ら、大物作家らがいる。そして陣笠国会議員クラスにはそれこそゴロゴロいるのが現実。
植松的なものは日本に深く根を下ろしているのだ。その事を今一度確認しておきたい。
「植松はえらい人、そんなの常識~タッタタラリラ」
これが日本の本当の国歌だといってもおかしくはないのだ。
by hiroseto2004 | 2018-07-23 19:25 | 相模原大虐殺 | Trackback
「セクハラ罪はない」を閣議決定した安倍ジャパン。
「虚構新聞」かとおもったら本当の新聞記事でした。
民法上不法行為になるし、刑法でも強制ワイセツや傷害罪になり得るから問題なのです。「セクハラ罪」というそのままの名前の罪があるかどうかは、誰も問題にしていない。そもそもが麻生さんの自己保身のための一人相撲である。安倍晋三さんも麻生太郎さんも、そもそもこんなことを閣議決定していて自分で馬鹿馬鹿しくないのか?そう思います。

by hiroseto2004 | 2018-05-19 10:00 | 安倍ジャパン | Trackback
麻生さんよ、財務省の腐敗の最大の原因はあなたであることだけはよーくわかった

麻生さんがまた斜め上を行く暴言をはいた。
「文書改ざんがどの組織でもあり得る」
「個人の問題」
と言い出した。
これでよくわかった。
「麻生さんよ、あなたのような無責任な人間がトップだからそりゃあ財務省も腐るわな」
ということが。
「魚は頭から腐る」とはよく言ったものである。
そして、そんな麻生さんをクビにしない安倍晋三さんこそが日本の行政全体の腐敗の元であることもよくわかった。


by hiroseto2004 | 2018-05-08 20:49 | 安倍ジャパン | Trackback
麻生太郎副総理自らが否定した「道徳教育」

麻生太郎は「セクハラ罪はない」といったという。
そんな風に開き直ることが許されるなら、刑法さえあればいいことになる。逮捕される可能性のあることだけしなければいいということだ。
道徳なんぞいらない、すさまじい社会になる。
ともかく、副総理が事実上「道徳教育なんぞ一切必要ない。」と言ったのだから、安倍晋三は麻生太郎を罷免するか道徳教育強化を止めるかしないと閣内不一致だろう。
by hiroseto2004 | 2018-05-06 19:21 | 安倍ジャパン | Trackback
今日の一言
戦争は絶対反対だが、特に安倍政権には、絶対させてはいけない。
本日の国会審議での安倍総理や麻生財務大臣を見てそれを痛感した。
部下にばかり責任を取らせ、自分は答弁から逃げ回る男に戦争なんぞさせたら
大変なことになる。だけど、困ったことにそういう人ほど戦争をしたがるのだ。

財務省、森友の決裁文書を読まずにハンコ

立憲・枝野代表ら加計問題を追及

by hiroseto2004 | 2018-04-11 21:24 | 安倍ジャパン | Trackback

白々しい安倍総理陳謝

行政の長として責任を痛感している→総理も含めて辞任すべきですね。
なぜこんなことが起きたのか、全容を解明するため調査を進める。→あなたの配偶者がよくご存じのはずです。
あなたの配偶者に国会でお話しいただきましょう。
麻生財務相にはその責任を果たしてもらいたい→麻生財務大臣は事件当時も財務省のトップで当事者です。言い方は悪いが泥棒に探偵をやらせるような話。第三者に徹底的に調べてもらった方が良いでしょう。



More
by hiroseto2004 | 2018-03-12 23:06 | 安倍ジャパン | Trackback
麻生さんが「政治家の不当な介入ない」と言えば言うほど、怪しくなってきます。
それが安倍総理本人かというとそれは微妙だとも思います。
大阪維新(日本維新)の会は、足立康史議員と籠池理事長の息子さんの関係があります。
説明責任を果たすべき人はたくさんいます。

「異常で奇怪な取り引きだ。国有地という国民の財産を、二束三文の額で事実上、売り渡すことは、政治家の関与なしでは起こりえず、どういう力が働いたのか究明する必要がある。学園の理事長をはじめ、関係者の国会への招致が必要だ」という共産・志位委員長のコメントの方が説得力がありますね。

森友学園 麻生氏「政治家の不当な介入ない」

大阪・豊中市の国有地が、学校法人に鑑定価格より低く売却されたことについて、麻生副総理兼財務大臣は23日の衆議院予算委員会の分科会で、土地の売買をめぐる手続きは、適正だったという認識を示したうえで「政治家が不当な介入をしたことはない」と述べました。

この問題は、大阪・豊中市のおよそ8800平方メートルの国有地めぐって、国は地中深くで新たなごみが見つかったためだとして大阪・淀川区の学校法人「森友学園」に鑑定価格よりも低く売却したものです。

これについて、麻生副総理兼財務大臣は、23日開かれた衆議院予算委員会の分科会で、ゴミの撤去費用の算定方法について問われ、土地の売買をめぐる手続きは適正だったという認識を示したうえで、「政治家が不当な介入をしたことはない」と述べました。

また、財務省の佐川理財局長は、ゴミの撤去費用として鑑定価格から8億円を差し引いたことについて、「今後の工事でどんなゴミがさらに深いところで出てくるのかわからないので、隠れたものも含めて国の責任をいっさい免除するということを考慮して撤去費用を見積もった」と述べました。

共産 志位委員長「異常で奇怪な取り引き」

共産党の志位委員長は記者会見で、「異常で奇怪な取り引きだ。国有地という国民の財産を、二束三文の額で事実上、売り渡すことは、政治家の関与なしでは起こりえず、どういう力が働いたのか究明する必要がある。学園の理事長をはじめ、関係者の国会への招致が必要だ」と述べました。


by hiroseto2004 | 2017-02-23 15:54 | 安倍晋三 | Trackback

マスコミは、安倍総理が、「現職首相初めて」真珠湾を訪問する、と報道しました。

ところが、真珠湾には、吉田茂総理(当時)が1951年のサンフランシスコ講和会議のための訪米の途中で行っているそうです。


マスコミは雁首揃えて誤報ですね。

安倍晋三さんを持ち上げようとする勢い余っての誤報でしょうか?

少なくともそういう潜在心理がマスコミにあったということでしょうか?

1951年9月12日(現地時間)。真珠湾を訪れていたのは、吉田茂首相。

当時の報道を見てみると、吉田首相はサンフランシスコ講和条約を受諾すべく、9月上旬に渡米。その往路と復路でそれぞれハワイに立ち寄っている。真珠湾を訪れたのは帰り道だ。

9月13日の読売新聞夕刊には、こんな記事が掲載されている。

“吉田さん、眞珠湾訪問 お土産にモロコシ製のステッキ

ロイヤル・ハワイアン・ホテルに一夜をあかした吉田首相は十二日午前五時半起床、まさに明けようとするホテル付近の海岸を散歩した。

お腹の調子もすっかり回復、朝食をとったのち同九時卅(三十)分ホテルを出てロング・ハワイ准州知事、ラドフォード米太平洋艦隊司令官、ハワイ陸軍司令官オーランド中将の順序で公式訪問し、それぞれハワイ滞在中の好意に感謝したが、ラドフォード中将を真珠湾に尋ねた時は感慨深げだった“

ちょうどその10年前、日本軍が奇襲攻撃をかけた米太平洋艦隊。その司令部を訪問するために、吉田首相は真珠湾に足を運んでいた。

つまり、安倍首相が「現職首相として初めて真珠湾を訪問する」ことは間違いになる。

外務省の認識はどうなのか。BuzzFeed Newsは、同省北米局に取材した。

「真珠湾と言うと広い範囲を指すことになりますので、これまで現職の首相が訪問している可能性はあります。より正確に言えば、『真珠湾のアリゾナ記念館を訪問して慰霊をするのが初めて』となります」

アリゾナ記念館とは、日本軍の攻撃により沈没した戦艦アリゾナのうえに作られた追悼施設だ。毎年、100万人以上の人たちが足を運んでいる。




by hiroseto2004 | 2016-12-08 20:38 | 歴史 | Trackback
広島ブログ

先月開催された「国政金融経済分析会合」で麻生太郎・副総理・財務大臣が、クルグマン教授に対して「現代日本と似た1930年代のアメリカが抱えていた状況を第二次世界大戦が解決した」などと叫んでしまったそうです。

恐ろしいですね。

これに対して、ルーズベルト大統領が1937年に(二期目が始まってから)財政均衡を求める声に負けて緊縮財政に転じたために景気後退が生じた、また、問題は戦争で解決してはいけない、などと反論してます。

本当に、麻生さんは恐ろしいことを言います。

戦争で不景気を解決する。そんなことを許してはいけないでしょう。

以下、クルーグマン教授が暴露した議事録より。



More
by hiroseto2004 | 2016-04-02 23:01 | 経済・財政・金融 | Trackback
広島ブログ

麻生総理がナチスに例えて憲法問題を論じたことがありました。
こんなことをすれば、イスラエルあたりが、機嫌を悪くするのは当たり前です。
そして、安倍総理が、今度は、機嫌をなおしてもらおうというのか、イスラエルの国旗の前で記者会見をした。
その結果として、日本人の人質が2名殺害されるという痛ましい事件が起きた。

安倍政権や総理のご友人の橋下知事が従軍慰安婦問題で失言をした。その結果、日本の評判が落ちた。それを取り返そうと、安倍総理は、TPP参加や自衛隊派兵などで過剰にアメリカにすり寄ろうとしているように見えます。

もし、以上の推論が正しければ、日本がこれから打ち出す政策はすべて政治家の失言の埋め合わせで、国民には全く利益がないということになりかねません。

となれば、上記のような政治家を、やめさせるしか、方法はないのですが。


More
by hiroseto2004 | 2015-06-05 14:05 | 新しい政治をめざして | Trackback