人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

タグ:21世紀の奴隷制度 ( 8 ) タグの人気記事

【中国電力賃金差別訴訟】一、二審の不当判決破棄へ、差別を許さない長迫忍さんの闘いを支援しよう 【談話】

緑の党・ひろしま共同代表 さとうしゅういち
(緑の党労働問題キャンペーン準備会座長)

広島市に本店がある広島最大の企業のひとつ、中国電力の社員の長迫忍さんは女性であることを理由に昇進・昇格で差別を受けているとして、会社側に損害賠償を求めています。

 残念ながら、一審の広島地裁、控訴審の広島高裁とも不当判決でした。

 長迫さんは1981年、中国電力に入社しています。中電にはコース別人事制度がないにもかかわらず、男性に比べて女性の昇進・昇格が圧倒的に遅れています。長迫さんも特許を申請するなど働きぶりは上司から認められていたのにもかかわらず、30年以上も平社員のままです。こうした実態に対し「男女格差は性差以外で説明できない」と是正を求め、2008年5月に広島地裁に提訴。一審では「女性も管理職に昇進している例がある」などとした会社側の主張が全面的に認められ、差別の実態を認めないという、不当判決でした。

 2013年7月18日の控訴審判決では、広島高裁の宇田川基裁判長は、同社でほとんどの女性社員の賃金が男性を下回っていることを認めています。にもかかわらず、「人事評定制度は合理的で、明確な男女差別はない」として原告の訴えを棄却するという、信じられない判決内容でした。同判決は「(長迫さんと同期同学歴の)事務系女性社員の平均年収が男性と比べて85・6%にとどまっており、ほとんどの女性が男性より低額である」と差別の実態を認めています。しかし、一方で、この格差については「女性に管理職就任を敬遠する傾向があったり、自己都合退職も少なくなく、(女性の深夜労働を原則禁止していた)旧女性保護法などの事情もうかがわれる」などとして、「人事制度は合理的」と一審判断を支持
して原告の訴えを退けてしまいました。

 差別の実態を認めない一審。差別の存在は認めたが、差別の理由は合理的などと逃げた控訴審。どちらもにわかには信じがたい判決ですが、これが現実なのです。

 いまや、不当な差別は、男女間だけでなく、正規・非正規の間などにも広がっています。同じような仕事をしていても、不合理な格差が出てしまう実態は、広がるばかりです。そのことにより、多くの職場で分断が起きています。また、非正規雇用者差別の実態をも悪用し、正社員を使い捨てるいわゆる「ブラック企業」も広がるばかりです。

 長迫裁判における不当判決を認めることは、日本全体に広がる差別と分断の構造を認めてしまうことになります。

 最高裁には、原判決、控訴審判決を破棄し、差別の実態を認めたうえで、差別の是正に踏み出すよう強く求めます。そして、すべての労働者の皆様には、長迫さんを、公正な判決を求める署名活動をはじめ、様々な形で支援することを強くおねがいします。
 
署名用紙は以下です。
http://wwn-net.org/wp-content/uploads/2013/11/e4b8ade59bbde99bbbe58a9be4ba8be4bbb6e69c80e9ab98e8a381e381b8e381aee8a681e8ab8be7bdb2e5908d1.pdf



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

下をクリックお願いします!
e0094315_1711491.gif 人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2013-12-13 00:12 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
臨時職員を自治体は募集していますが、それがあまりうまく機能していない状況もあります。

その根本原因のひとつに自治体の遅れたジェンダー意識、社会観があると思います。

 もちろん、自治体だけでなく、中央政府、企業もなのですが・・。そして、運動側(労働組合、市民運動)ももっと奮起が必要です。自治労でも、非常勤職員問題に昨年から本格的に取り組み始めていますが、さらに「システム改革」という意識で、これを広げていく必要がありますね。

「臨時職員募集」を失敗させる自治体の「ジェンダー意識」
さとうしゅういち2009/02/10

http://www.news.janjan.jp/living/0902/0902087031/1.php
 広島県もさいたま市と同じように臨時職員を募集したが、「開いた口が塞がらない」ほどの低賃金のため応募があまりなく、制度として機能していない。両自治体とも「主婦の家計補助
」という認識のまま「女性の低賃金」を持ち込んだのが原因だ。時代は変っている。男女を問わず、1人でも生きていけるシステムつくりが必要ではないか。


男女問わず、生きていけるシステムを!と思ったら記事下部のボタンのクリックをお願いします。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

非常勤は21世紀の奴隷制度!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2009-02-10 12:33 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback(1)
このたび、第20回多田謡子反権力人権賞を首都圏青年ユニオンが受賞しました。

 わたしたちも「首都圏青年ユニオンを支える会」の会員として、首都圏青年ユニオンの運動が社会的に認知され始めたということで、たいへんうれしく思います。

受賞理由などは、下記ホームページからご覧ください。

多田謡子反権力人権基金のホームページ
http://tadayoko.net/index.html



e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

非常勤は21世紀の奴隷制度!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-11-30 23:15 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback
「ワーキング・ウーマン男女差別をなくす愛知連絡会」の岡田夫佐子さんによる、第2回控訴審(6月5日)の傍聴報告ならびに脇田滋、龍谷大学法学部教授の意見書の紹介文が

http://fightback.fem.jp/mini_ww_080906.html

に、アップされました。大変な力作です。是非、ご覧ください。

脇田教授は、特に労働法がご専門です。先生は、ILO条約やEU諸国(ドイツ、イタリヤ、フランス)に共通した考え方をされています。そして、脇田先生と同じ解釈、考え方で、過日大阪高裁にて、有期雇用の雇い止めが、無効とされました。(松下プラズマディスプレイ偽装請負事件判決)

脇田先生の意見書の中で、特に下記の、豊中市の男女共同参画社会推進センター「すてっぷ」は、女性の労働環境改善の必要性を、啓蒙・普及する立場にあり、パートタイム労働法や労働指針について消極的な主張をすることが許される立場にはない」という考え方に、大賛同するものです。女性センターこそ、女性の労働に対して模範的な考え方を取り入れ、率先して実践すべきであり、その手本を示すべき所だと思います。

「被告法人は、男女共同参画事業を率先して推進する団体であり、多くの女性が非正規雇用としてのパートタイムで就労している状況の改善の必要性を社会的に啓蒙・普及する立場にあり、パートタイム労働者の通常の労働者への転換を促進することを事業目的の一つとしている。その点で、パートタイム労働法や労働指針について、消極的な主張をすることが許される立場にはない」

岡田さんたちのすばらしい活動に敬意を表すると共に、今後ますますのご健闘を期待しております。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

非常勤は21世紀の奴隷制度!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-10-05 15:17 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
館長雇止め・バックラッシュ裁判控訴審の口頭弁論開く
さとうしゅういち2008/09/21

http://www.news.janjan.jp/living/0809/0809207698/1.php

館長雇止め・バックラッシュ裁判の控訴審第3回口頭弁論がが大阪高裁で開かれました。控訴人・三井マリ子さん側は早稲田大学院浅倉むつ子教授の意見鑑定書が提出され、「豊中市がバックラッシュに遭った三井さんに何ら対策をとらなかったことは、職場環境保持義務違反」と厳しく指摘しました。


上記記事にシカゴ大学教授・山口一男さんから、以下のメッセージをいただきました。


JANJAN書き込みは止めていたのですが、この記事は以前の記事への書き込みで遠山さんとの議論の経緯もあるので、例外的に書き込みます。
  一審で三井さんに心情的には支持できても具体的訴訟理由は説得力に欠けると私は議論しましたが、今回の控訴審の「人格権」や「職場環境保持義務違反」はより本質的な問題に迫ったと感じます。控訴審は「進化」したと思います。豊中市の三井さんへの対応に関し倫理的非は一審でも明確でしたので、今回の人格権の問題にまさに抵触すると思うからです。このような権利の侵害の認定は技術的問題が難しいでしょうが、今回の裁判に限らず、このような人格権が広く保証される社会を望みます。その意味でも、三井裁判がようやく、バックラッシュ裁判ではなく、非正規雇用の人権のための裁判の天王山となり、今回は負けられない裁判になったと感じます。判事がそれを理解し、今後の日本社会のあり方を見据えて、結審することを祈ります。朝倉意見書を読んでみたいと思います。シカゴにて。


山口記者

ありがとうございます。

浅倉意見書ですが、以下へ申し込んでください。

bekokuma(a)hotmail.com

aを@に変えてください。

よろしくいお願いします。



e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

非常勤は21世紀の奴隷制度!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-09-29 12:42 | ジェンダー(すてっぷ裁判) | Trackback
勝訴を胸に傍聴席へ!

第3回口頭弁論 2008年9月18日(木) 午前11時


大阪高等裁判所 74号法廷


 9月18日は、大阪高等裁判所に移って3回目の法廷です。原告側から、豊中市とすてっぷ財団の書面に対して反論が出されます。同時に、待ちに待った浅倉むつ子教授(早稲田大学大学院法務研究科)の鑑定書が提出されます。浅倉教授はジェンダー法の専門家。「日本中を覆ったバックラッシュ攻撃の中、豊中市は、ゆるぎない抵抗を示した原告をうとましいと考え、原告排除を貫徹するため、情報の秘匿・操作を続けた」という趣旨の、目の覚めるような論旨の意見書が出される予定です。裁判も山場を迎えます。法廷の傍聴と、交流会の参加をぜひぜひお願いします。

 その新たな法理論は、控訴人・三井さんのためだけでなく、日本の非正規雇用問題にとって、現時点における最善のものとなります。傍聴のあとの「弁護士解説つき交流会」に参加し、非正規職員の未来展望をいち早く身につけよう。



チラシはこちら

2008年チラシ展

法廷後は弁護士解説付交流会 11時30分 弁護士会館へ

豊中市らは、控訴した原告に「三井は非常勤なのだから雇止めされて当然」などと相変わらず強い語調で繰り返すだけです。それに対してわが弁護団の反論は? 浅倉むつ子教授はこの裁判をどう考え、どう鑑定したのか? 弁護団がわかりやすく解説してくださいます。バックラッシュに腰が引けている行政に苦しめられている人たち、不安定雇用に泣く多くの人たちが見守る重要な裁判です。皆さま、ふるってご参加ください。ただし支援者のみとさせていただきます。


問合せ 〒530-0047 大阪市北区西天満2-3-16 絹笠ビル1F
            大野協同法律事務所内
            Tel 06-6365-5215  Fax 06-6365-5550
            Email:fightback@hh.fem.jp

「非常勤は21世紀の奴隷制度」――祇園祭の京都で「2人のマリコ」裁判報告会
http://www.janjan.jp/area/0807/0807262913/1.php


労働者の解雇、必要性の立証責任は被告側にある 館長雇止め・バックラッシュ裁判控訴審・第2回口頭弁論(下)
http://www.janjan.jp/area/0806/0806070971/1.php


豊中市と財団の行為は「人格権侵害」 館長雇止め・バックラッシュ裁判控訴審・第2回口頭弁論(上)
http://www.janjan.jp/area/0806/0806068870/1.php


不信の声相次ぐ 「すてっぷ」への国際交流センター移転問題説明会
http://www.janjan.jp/area/0804/0804265749/1.php


館長雇止め・バックラッシュ裁判、控訴審始まる
http://www.janjan.jp/living/0802/0802261577/1.php


「館長雇い止め・バックラッシュ裁判」広島でも報告会
http://www.janjan.jp/area/0710/0710214332/1.php


「館長雇い止め・バックラッシュ裁判」は原告敗訴
http://www.janjan.jp/living/0709/0709132238/1.php


館長雇止め・バックラッシュ裁判結審~判決は9月12日
http://www.janjan.jp/area/0706/0706076850/1.php


そのほか非常勤職員・公務職場外部委託労働問題関連記事

ワーカーズコープ所長独裁で暴走続く、なごやボランティア・NPOセンター
http://www.janjan.jp/living/0809/0808295827/1.php


労働者の味方の筈のワーカーズコープが組合つぶし? なごやボランティア・NPOセンター
http://www.janjan.jp/living/0808/0808275639/1.php

女性同席の労使交渉現場で、男女共同参画の重要性を再確認
http://www.janjan.jp/living/0807/0807021036/1.php


G8洞爺湖サミットに対抗しP8宣言 大阪に全国独立系メーデーが一堂に
http://www.janjan.jp/area/0805/0805187351/1.php



e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

非常勤は21世紀の奴隷制度!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-09-14 13:01 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback
勝訴を胸に傍聴席へ!

館長雇止め・バックラッシュ裁判 第3回口頭弁論 2008年9月18日(木) 午前11時


大阪高等裁判所 74号法廷


 9月18日は、大阪高等裁判所に移って3回目の法廷です。原告側から、豊中市とすてっぷ財団の書面に対して反論が出されます。同時に、待ちに待った浅倉むつ子教授(早稲田大学大学院法務研究科)の鑑定書が提出されます。浅倉教授はジェンダー法の専門家。「日本中を覆ったバックラッシュ攻撃の中、豊中市は、ゆるぎない抵抗を示した原告をうとましいと考え、原告排除を貫徹するため、情報の秘匿・操作を続けた」という趣旨の、目の覚めるような論旨の意見書が出される予定です。裁判も山場を迎えます。法廷の傍聴と、交流会の参加をぜひぜひお願いします。

 その新たな法理論は、控訴人・三井さんのためだけでなく、日本の非正規雇用問題にとって、現時点における最善のものとなります。傍聴のあとの「弁護士解説つき交流会」に参加し、非正規職員の未来展望をいち早く身につけよう。



チラシはこちら


法廷後は弁護士解説付交流会 11時30分 弁護士会館へ

豊中市らは、控訴した原告に「三井は非常勤なのだから雇止めされて当然」などと相変わらず強い語調で繰り返すだけです。それに対してわが弁護団の反論は? 浅倉むつ子教授はこの裁判をどう考え、どう鑑定したのか? 弁護団がわかりやすく解説してくださいます。バックラッシュに腰が引けている行政に苦しめられている人たち、不安定雇用に泣く多くの人たちが見守る重要な裁判です。皆さま、ふるってご参加ください。ただし支援者のみとさせていただきます。




問合せ 〒530-0047 大阪市北区西天満2-3-16 絹笠ビル1F
            大野協同法律事務所内
            Tel 06-6365-5215  Fax 06-6365-5550
            Email:fightback@hh.fem.jp

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

非常勤は21世紀の奴隷制度!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-09-02 19:21 | ジェンダー(すてっぷ裁判) | Trackback
「非常勤は21世紀の奴隷制度」――祇園祭の京都で「2人のマリコ」裁判報告会
さとうしゅういち2008/07/29
http://www.news.janjan.jp/area/0807/0807262913/1.php
祇園祭も終盤となった24日、京都市内で女性センターに非常勤で勤務していた「2人のマリコ」さんの裁判報告会がありました。ひとりは、京都市女性協会に勤務していた伊藤真理子さん。もうひとりは豊中市の「とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ」の非常勤館長の座を追われた三井マリ子さんです。


非常勤は21世紀の奴隷制度!と思ったら、記事下部のボタンをクリックしてください!

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

非常勤は21世紀の奴隷制度!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-07-29 12:39 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback(1)