エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
[転送・転載歓迎/重複失礼]

来週後半に京都と神戸で武器輸出問題(イスラエルとの軍用ドローン共同
研究を中心に)について講演します。最新情報に基づいて、現状と課題を
しっかりとお伝えしたいと思います。関西方面の方はぜひご参加ください。
お知り合いにもご紹介ください。

また、12月1日に関西ローカルの読売テレビの夕方のニュースで、武器輸
出と軍学共同についての特集が放映されました。私も短くコメントしてい
ます。約10分とコンパクトながら、問題のありかをよく伝えています。
動画が番組ホームページで公開されていますので、ぜひご覧ください。

◆かんさい情報ネットTen.
 12月1日(木)放送(約10分)

「裾野広がる防衛産業 期待と困惑」

おととし、武器の輸出が一部で認められ、裾野を広げている防衛産業。
しかし、現場からは困惑の声も聞こえてきます。一筋縄ではいかない、
安全保障の複雑な実態をモクゲキしました。

http://www.ytv.co.jp/ten/sp/?dateList=201612

※12月1日分の画像部分をクリックすると動画が見られます。

-------------------------------

【京都】

講演会
「イスラエルとの軍用ドローン共同研究問題を考える」

私たちの「知」は、「学問」は、「研究」は、
破壊と殺戮、人間の悲劇の生産に
資するものであってよいのか?

日時:2016年12月9日(金) 18時30分~21時
会場:京都大学吉田南キャンパス 吉田南総合館 南棟地下共南01教室
   →JR・近鉄 京都駅 市バス京都駅前バス乗り場
    206系統「東山通・北大路バスターミナル」行「京大正門前」下車
アクセス https://www.h.kyoto-u.ac.jp/access/#02
※グランドの下(南側)にある西門を入って、グランドを左手に見ながら
直進すると、正面に、総合館の西棟玄関の階段があります。この玄関を入
って右手に、地下に下りる階段があります。これを下りて、南棟にまわっ
てください。南棟の最初の教室が会場です。

講演:杉原浩司さん(武器輸出反対ネットワーク[NAJAT]代表)
発言:「ドローン監視下のガザで パレスチナ人の立場から」
    ガザ出身の日本在住パレスチナ人の方から

参加費:無料

主催:京都大学大学院人間・環境学研究科 岡真理研究室
協力:市民社会フォーラム
問合せ: PJ21kyoto@gmail.com

-------------------------------

【神戸】

<市民社会フォーラム 第191回学習会>
朗読劇「ガザ 希望のメッセージ」プレ企画(1)

イスラエルとの軍用ドローン共同研究に異議あり!
~武器輸出大国ニッポンでいいのか~
http://shiminshakai.net/post/1951

日時:2016年12月10日(土) 13:30~16:30
会場:新長田勤労市民センター別館 会議室A(JR・市営地下鉄新長田駅南側)
http://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/pfle/index.html

講師:武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)
   杉原浩司さん
進行:岡真理さん(京都大学教授)

共催:つばめクラブ
参加費:1,000円
※お申込みなしでどなたでもご参加できますが、人数把握のためご連絡
くださればありがたいです。
メール: civilesocietyforum@gmail.com まで。

 「日本がイスラエルと軍用ドローン(無人偵察機)を共同研究する準備
を進めている」。6月30日、衝撃的なスクープを共同通信が配信しました。

 10月15日まで東京で開かれた「国際航空宇宙展」には、共同研究を打診
されているとされるイスラエルの軍需企業「エルビット・システムズ」も
出展しました。イスラエルは、パレスチナを占領し、ガザ地区の封鎖を続
け、ヨルダン川西岸地区では「入植地」という名の植民地を拡大していま
す。ガザへの空爆や地上戦を繰り返し、多くの市民を殺傷してきました。
 戦争犯罪を続ける国と武器を共同研究するという信じられない話が、今
なぜ浮上しているのでしょうか。

 2014年4月1日の安倍政権による武器輸出禁止三原則の撤廃以降、日本は
急速に「死の商人国家」「戦争を欲する国」へと変わりつつあります。
 武器輸出を止め、日本版「軍産複合体」を作らせないために市民にでき
ることは何か。東京で武器輸出反対に取り組む杉原浩司さんとともに考え
たいと思います。

<平和をめざす朗読集団 国境なき朗読者たちが贈る朗読劇> 
 【 The Message from Gaza ガザ 希望のメッセージ 】
日時 (1)2月18日(土)18:30開演(17:30受付開始 18:00開場 20:30終演)
   (2)2月19日(日)14:00開演(13:00受付開始 13:30開場 15:45終演)
会場 神戸市勤労会館2階多目的ホール
詳細 http://shiminshakai.net/post/1905
by hiroseto2004 | 2016-12-05 09:08 | 反核・平和 | Trackback
[転送・転載歓迎/重複失礼]

毎度直前のご案内となり恐縮です。9月28日のクローズアップ現代の特集
「"軍事"と大学」をご覧になった方もあるかと思いますが、防衛省が来
年度の概算要求で軍事研究への助成金を、今年度の6億円から一挙に18倍
の110億円に増大させる中、本日9月30日に市民と研究者による「軍学共
同反対」の幅広いネットワークが立ち上げられます。NAJATも参加団体と
なる予定です。

平日昼間ですが、ご関心をお持ちの方はどなたでもご参加できます。
なお、記者会見はIWJでもUstream中継されます。

<参考>
【ツイートまとめ】
2016年9月28日放送 NHKクローズアップ現代
「“軍事”と大学~岐路に立つ日本の科学者たち~」
http://togetter.com/li/1030655

----------------------------------

◆「軍学共同反対連絡会」結成記者会見
http://no-military-research.a.la9.jp/archives/368

市民と科学者の協同で大学での軍事研究を阻止するため、結成の記者会見
をします! ご注目ください!

日時:9月30日(金)14時~15時30分
会場:衆議院第2議員会館第1会議室(国会議事堂前駅、永田町駅)
<内容>
・日本学術会議「安全保障と学術に関する検討委員会」の議論について
・軍学共同反対連絡会結成の趣旨と今後の取り組みについて 
発言:池内了(名古屋大学名誉教授)、野田隆三郎(岡山大学名誉教授)、
   西山勝夫、赤井純治(新潟大学名誉教授) 
参加者より 各大学・分野での動きとそれに対する取り組み、軍学共同に
対する意見など
※詳細 http://no-military-research.a.la9.jp/documents/oshirase20160910.pdf

<IWJチャンネル4でUstream中継されます>
http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=4

----------------------------------

◆「軍学共同反対連絡会」結成会のご案内
http://no-military-research.a.la9.jp/archives/366

日時:9月30日(金)10時30分~12時30分
会場:衆議院第2議員会館第1会議室(地下1階)
〒100-0014 東京都千代田区永田町一丁目7番1号
最寄り駅 国会議事堂前駅(東京メトロ丸ノ内線、千代田線)
永田町駅(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線)
<内容> 
・軍学共同反対連絡会結成の趣旨と今後の取り組みについて
・2016年度安全保障技術研究推進制度の応募・採択状況について
・日本学術会議「安全保障と学術に関する検討委員会」の議論について
・参加者自己紹介、意見交流 

※なお、午後4時~5時30分には「軍学共同反対市民の会」呼びかけによる
「学術会議は戦争目的の研究反対の決議を守れ!スタンディング要請行動」
(日本学術会議前)も行われます。
by hiroseto2004 | 2016-09-30 06:11 | 反核・平和 | Trackback